不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

略奪婚の行方

不倫をされた奥様から頂いたコメントです。

コメントを頂けたことに心から感謝致します。不倫略奪婚の末路について。


元旦那と奪略婚した愛人夫婦は
まだ新婚5ヶ月そこそこで離婚の危機らしく
『子供もいないし、あたしたち離婚しようかぁ』と
今嫁さんに言われてるそうです。

復縁男の元旦那が愛人を六年間も引き止め婚期を奪い
その責任をとらせるために奪略婚に踏み切った愛人さん。

色々な人たちの涙の上に成り立ってるのが不倫です。

復縁で何年も粘ってるから愛されてるんじゃないし
ちゃんと離婚してくれたからといって
必ずしも愛されてる訳でもないです。

不倫→離婚→奪略婚ではなくて
不倫→別れ→出会い→結婚
そんな結婚が一番、幸せだと思います。

どうぞ不倫から縁が切れますように
心から願ってます。

ありがとうございました。

奥様の立場から、皆様に対し不倫から縁が切れますようにと、コメントを頂けたことは大変に意義のあることだと思います。

私も、いわゆる「略奪婚」に対して明るい将来をイメージできないのは、どうも愛情というよりも執着を感じてしまうからかもしれません。ま、なかにはそうじゃないって方もいらっしゃるでしょうから。あくまでも私の受ける印象ですが。

依存と言ってもいいかもしれませんね。そんな不倫に何年もかけてしまうんならその間に出会いの可能性だってあっただろうし。

それが出来なかったのは、不倫してたから。という単純なことに気がつけないのはやっぱり不倫してたから、なんでしょう。

長く続いているからと言って決して大事にされているわけではないというのは、まさにその通りでして、大事に思えばこそ、不倫というおかしな縛りから解放する方向に行くはずなんですけどね。もしかしたら、うすうすは感じてはいても、あえて見ないようにしているのかもしれません。

奥様とお子さんに明るい将来が訪れることを願ってやみません。


関連リンク
不倫略奪婚女の劣化がひどすぎた件
不倫略奪婚女がヒドすぎた
暴走不倫女がガチで怖い
不倫略奪婚狙いの女子が怖過ぎる

関連記事

| 不倫された方から | 02:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分たちは、絶対にそんな事は無い!
その一言につきるのが倒錯した不倫の純愛なのかも、です。

もしかしたら、こも記事を読んで『そうか粘れば奪略婚は出来るんだわ!』と
ヘンな自信をつけた方もいらっしゃるかもしれません(/_;)
何故なら『私たちは違うから』そんな結末にはならず
晴れて一緒になり奪略婚で勝ち取れるのなら
彼を悪妻から救い出して、新たな未来を自分たちで作り上げることが
最高の愛で幸せなのだから…とか
チラッとでも感じる渦中の方もおられるのでしたら…心底悲しいです。

多分、奪略してみてからしか解らないかもしれませんが…
元旦那は、莫大な慰謝料を元家族に支払うことに対して放棄していないです。
離婚する前、再婚直後、再婚後に
何度も、私達元家族に戻りたい戻りたいと
言い続けていることなども含めて
奪略婚を果たした今嫁さんは理解していないようです。
多分、家族や夫婦の絆が解らずに
ほぼ同居人として暮らすことが愛の結果と感じているのかな…

愛人さんが奪略した今夫は、家族の為に慰謝料を払い続けてますし
子供たちと映画にも食事にも、親として養育者として面会し
今後成人するまで十年以上は関わらざるを得ません。
それは『養育費を支払っているから』今後一切
自分たちには関わらない、などという決まりも法律もなく
むしろ離婚後に発生する
子供たちに対する『福祉的な精神面的な面会義務』が法的に生ずるんです。
だから『養育費を支払っているのに
あなたは甘いんじゃないんですか?』と言われても
『子供たちに養育費を支払う義務に
甘いも何も無いんですよ』としか言いようがありません。
子供が居なくとも、不倫が原因で離婚の慰謝料も然りです。

不倫で奪略婚して、ようやく晴れて夫婦になっても
法的には、色々な意味合いで元家族とは切れないのです。

認めてくれないなら別に両親や彼の両親とも会わない、その方が楽だし清々するとか。
そんな結婚が幸せなのかどうか…
(ましてや元旦那を奪略していった彼女は42歳の初婚でした)
今まで親子の仲がうまくいってなかったとか
意地の張り合いなどで縁を切るとかなんだと…

どうか目を覚まして、周りを観て下さいね!!
人生は長くないです。出産する幸せ、子育てする幸せ。
それは老後まで、とってはおけません。
子供がいなくとも、誰からも祝福されて結婚する幸せもあります。

不倫でなく、直球で幸せになって下さい!

| 雨蛙 | 2013/04/01 19:52 |

雨蛙さん

こんにちわ
今回はありがとうございました。感謝しています。

>最高の愛で幸せなのだから…とか
>チラッとでも感じる渦中の方もおられるのでしたら…心底悲しいです。

ここを見て頂ける方では多分いないと思います。
と思ったのでご紹介させていただきました。
将来を、なんて考えている人はいなくて、
どうやって踏ん切りをつけるか、とかそんな感じだと思います。

略奪婚を考えている人は、あまり疑問を感じたり
悩むようなこともないでしょうから、ここを見るようなことも
ないと思います。

目を覚ませる方と覚ませない方がいます。
覚ませない方は、多分こういったブログを見るようなこともないでしょう。

ですから、ご心配いただくようなことはないです。

今回の件で気分を悪くされてしまったのであれば
大変に申し訳なく思います。
またそうであれば、遠慮なくおっしゃってください。

しかしながら、雨蛙さんのようなお立場の方から
コメントを頂けることは大変に光栄なことであり
また頂いた内容も、きっと皆さんの心に届くはず、
との思いから、ご紹介させていただきました。





| onimaru | 2013/04/02 01:55 |

スミマセン(>_<)
気分を悪くするなんて、とんでも無いです。

本当に、よくよく考えてみれば
こちらのブログでは不倫から抜け出したくて
頑張っておられる方ばかりが訪ねてきてるんですよね…

奪略婚していった彼女も、一時は
不倫を止めようとしていたようでしたが
長期に渡る復縁プレーと甘い嘘に勝てなかったように思います。
だから瞑想やヨガなどにのめり込んでいたのかな、とも。

それだけ不倫から抜け出すことが難しいって事なんですよね…
私は、こちらのブログで不倫から抜け出すことが
こんなにも大変な事だったんだと初めて知りました(/_;)

彼女も彼女なりに深く傷ついているはずですよね。
踏み込んでしまって引き返せないまま
自分の未来を見失ってしまって…
奪略婚できた今も、思い描いていたような幸せはなくて…


つい自分の愚痴を連ねてしまってスミマセン(>_<)
まだ不倫中の元旦那たちの事を思い出してしまうんです…
子供たちの面会もあるので、なかなか忘れられないのかな。
単なる離婚じゃなくて奪略婚に踏み切った元旦那と
子供たちを会わせに行くのは、やはりツラいですね(/_;)
周りは、そんな父親に会わせる必要はない!って怒りますが
子供たちの父親には変わりないので
『お父さんとは会いたくない』って言える年齢になるまでは
面会させてあげたいです。

もしかしたら、養育費を支払っているのに『甘い』と彼女に言われたのは
子供たちとの面会が続くので、鬱陶しい、もう関わらないで
と言う意味だったのかもしれませんね…

| 雨蛙 | 2013/04/02 09:36 |

雨蛙さん

こんにちわ

>それだけ不倫から抜け出すことが難しいって事なんですよね…

長くなればなるほど、難しいように思います。
コメントを頂いた方の中で最短は1ヶ月ですが、
不倫をやめるのであれば、早ければ早いほどいいです。
時間を重ねたところで、それが何か実を結ぶかと言えば
そうではないですから。

>彼女も彼女なりに深く傷ついているはずですよね。

どうでしょうね。略奪婚に走るぐらいですから
そういったお気遣いは不要です。
そういうことを感じないからこそ、そっちに走ったんでしょうから。
彼女の敗因は、外に目を向けなかったってことでしょうね。
あるのは執着で、愛情ではないと思います。

>もしかしたら、養育費を支払っているのに『甘い』と彼女に言われたのは

私としては、気にする必要はないと思います。
当然のことなんだし、だいたいが、その女性が払っているわけでもないのに
何を余計なことを、と思います。
どうか、そんなのに振り回されないでくださいね、と願っています。





| onimaru | 2013/04/02 22:29 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/996-6d7140c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT