不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫負け組グランプリ

不倫既婚者はいくつかのパターンに分けられると思います。その中から代表的なものを選出し、どのパターンが一番イカンのか、ということを検証します(思いつきで)。

栄光の不倫負け組グランプリに輝くのは一体どのパターンの不倫おやじなのか。

まずご登場いただくのは、もしかしたら身に覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんが、思考が小学校以下で止まっちゃった。的なあの男


恐怖の不倫捨て台詞男です。

お別れに際して、ひどい捨て台詞を残して去って行く不倫男(たいていは女子に別れを切り出されて、逆上しちゃうんですが)。あくまでも去る男です。

わかりやすいっちゃあ、わかりやすいですよね。なんだか精神年齢が小学校以下で止まっているようにも思いますが、単純です。

「不倫手のひら返し男」も散見しますが、こちらも行動と言動に多少の違いがあるだけで、ほぼ同類と考えていいと思います。


一度は好きになった相手。捨て台詞を吐かれる女性としてはたまったもんじゃないと思います。悲しいでしょうし、悔しいでしょうし、虚しいと思います。決して一時しのぎのお遊びではないはずだったのに(むこうがどう思っているかは別にして)


だけど考えようによっては、不倫との決別を決めた女子には好材料なのかもしれません。頼んでもいないのに、自らの本性を暴露し、ていねいに墓穴まで掘って。
まるで不倫との決別を決断した女子を後押しするような。
背中を「ぽんっ」と押すような。


これは、ブログに頂く痛々しいコメントを多く拝見した私の、無理矢理な考えでしょうか。わかりません。

極めて稀な例だとは思いますが、一見不倫手のひら返し的な行動をする男性もいます。

私の場合は確信犯での演技でしたけど。別れは綺麗なものを選びませんでした。相手が私の酷い態度や言葉で嫌いになり早く忘れられるなら一番良いと思えました。


真意なんてわからないでしょうし、探る必要もないかもしれません。相手の態度がどうのこうのというよりも、不倫との決別を決めることができた自分が一番重要ですから。

実際に不倫捨て台詞男に遭遇してしまった方もいます。大変に辛かったでしょうし、また残念でもあったと思います。「最後ぐらいかっこいい男でいてほしかった」というコメントも複数の方から頂いています。晩節を汚したがる心理はわかりませんが、予想外の出来事にきっと対応できなかったんでしょうね。

(重要)不倫捨て台詞男とは、捨て台詞があったにせよそこで相手の前から去り、以降は接点がなくなり不倫が終了する既婚男のことを言います。

関連記事

| 思うこと | 23:21 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/03/11 17:57 |

鍵コメントさま

非公開コメントに関してはこのようになっています
大変申し訳ありませんがご理解ください。
よろしくお願いします。
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-553.html

| onimaru | 2013/03/11 22:16 |

捨てゼリフ

非公開コメントのルールを知らずごめんなさい。自分の体験を初めて公にします。ずっと胸にしまって苦しんできました。怖くて非公開にしてしまいました。勇気を出してもう一度書きます。
50代後半の既婚者と二年ほど付き合っていました。気持ちが追い詰められて、相手に対する疑問、消えない不信、相手にとって自分がなんなのかわからないことなどをぶつけました。
すると「自分が結婚詐欺のようで不愉快だ。自分は快楽主義者だ。つまらなくなったからやめる」と言ってのけました。
私の気持ちが一途になっていることをとっくに知っての上です。
私は何がなんだかわからず、私が気持ちをぶつけたことが悪かったような気持ちになってしまいました。
そして謝ってしまい、関係を終わらせるのは辛いからと言いました。
答えは「君がそう思うなら好きにすれば」でした。心がボロボロになりました。
今、思い出しても、自分は相手に何と答えて欲しかったのか、わかりません。
ただ、捨てゼリフ男の存在を知り、あのやり取りがなんだったか、やっとわかりました。
ただ、何でそんなことが言えてしまうのか、理解できません。だってたとえ友達、知人に対してでも、そんなひどいこと言わないですよね。

| 三毛猫 | 2013/03/11 23:26 | ≫ EDIT

三毛猫さん

お手数おかけしました。申し訳ございませんでした。

関係はもう終わったと、考えてよろしいですね。

>私は何がなんだかわからず、私が気持ちをぶつけたことが悪かったような気持ちになってしまいました。

三毛猫さんが悪い。ということはありませんから。ご安心ください。
理不尽過ぎる我慢というか、我慢のための我慢というか、
そんなことが多かったこととお察しします。
でもこういう関係だからこそ、口に出して相手に聞いてみることも必要だと思うんです。

おっしゃるように、辛い状況になってしまいましたが、
では黙っていて、何かいいことがあるかというと、そんなことはないですよね。
口に出してはっきりさせることが出来ただけ、(申し訳ありませんが)
相手の本性を見抜けたという点で良かったのではないかと思います。

仮に我慢していたところで、状況は良くなるはずもなく、
またそういったストレスを抱え続けることで、自分自分もどんどん悪い方向に行ってしまいます。

>ただ、何でそんなことが言えてしまうのか、理解できません。だってたとえ友達、知人に対してでも、そんなひどいこと言わないですよね。

その通りです。では何故不倫相手にひどい事を言えてしまうかというと
「下に見ているから」だと思います。対等な関係とは言えないんですね。
だから、ヒドい言葉が出て来てしまうんだと思います。
相手を本当に大切に思うのであれば、不倫という中途半端で日が当たらない我慢だけの関係に
止めておかないはずです。

今は辛いでしょうが、私としては三毛猫さんの「気持ちをぶつけた」ことが間違っているとは
思えないですし、悪いとも思いません。相手の器が小さかったのです。

関係を終わらせることでしか、見えてこないものもあるはず。
何よりも幸せとか、心からの笑顔とか、本来の自分とか。
関係を終わらせることで、取り戻せるはずです。

| onimaru | 2013/03/11 23:50 |

脱却したい

オニマル様
お返事ありがとうございます。お話して良かった。積もった気持ちをぶつけて良かったのだ、そしてぶつけなくても精神状態は悪くなるだけだったと冷静に思うことができました。
彼とはその後、恋人ではなくなりました。でもたまに私がメールをしたり、彼に誘われ一緒に共通の趣味である音楽会に行ったり感想を寄せ合ったりを続けてしまいました。私が続けている理由は寂しいからです。
だから私の痛みは消えません。何度でも痛みが蘇ります。
彼が私を下に見ていること。本当によくわかりました。思い当たるエピソードがたくさんあります。そして好意や親切を高く売りつけられてきました。その度に私の自尊心は低下しました。
10月に職場の異動があり成果も出て順調です。私は9年前に離婚し11歳の一人息子を両親と育てていますが、学校や受験勉強の話を嬉しそうに話し笑いが絶えません。
人生の充実する時間がやってきたと思います。なのに憂鬱で人生の喜びが遠く感じます。
終わって見えるものがある、というお言葉。身に染みます。どうやって終わればいいのか、元気になれるのか、不安です。


| 三毛猫 | 2013/03/12 18:35 | ≫ EDIT

三毛猫さん

こんにちわ

>そして好意や親切を高く売りつけられてきました。その度に私の自尊心は低下しました。

低下は止まりません。いわゆる下げ止まり感。ナイです。
そのような男との関係を継続する限りは
いくらでも下がってしまうと思います。どう考えも良くないですよね。

>どうやって終わればいいのか、元気になれるのか、不安です。

さて、もう元気になれる要素は十分だという気がしますが、お気づきになりませんか。

>10月に職場の異動があり成果も出て順調です。私は9年前に離婚し11歳の一人息子を両親と育てていますが、学校や受験勉強の話を嬉しそうに話し笑いが絶えません。

幸せなことだと思います。お仕事も順調。家庭も笑いが絶えない。
これ以上の幸せはないと思いますが、いかがでしょう。
そこに不倫おやじなど入る余地はないのです。

私は、人生で得られる最高のものが明るい家庭だと思います。
特に子供の笑顔。これ以上はないと言ってもいいぐらい。
これ以上を望めばバチがあたるとさえ思います。

自分の考えを人に押し付けるつもりもございませんが、
誰もが望むことであり、でも誰でもが手に入れることができるわけでもない
ものをもうすでにお持ちなんです。
今の幸せを大切になさってください。

不倫相手、もういらないですよ。
一時的には必要としていた時期もあったのかもしれませんが、
おっしゃるような相手です。もう不必要だという気もします。
不倫との決別を決めてそうしたからこそ、お仕事も、家庭もいい方向に進んでいるんです。

決して忘れないでくださいね。


| onimaru | 2013/03/12 22:07 |

逆に男ですが

初めてコメントいたします。
ご感想お願いします。
私は逆で、男ですが、既婚の元女にやられました。

私は嘘偽りなく本気でしたし、互いに好きなどうし。それが辛く、2人で話しあい別れました。
「全てなかったことに。消えて」と言われました。

更に別れたあと、職場の女性と話しをしただけで浮気。
「好きになる価値すらなかった人」「悪意を平気に晒す人間」「彼はSEX依存」と同僚に完全にデタラメを言いふらされました。

別れた原因も、別に浮気してただなんて、完全な嘘、嫌みです。
これには温厚な私も怒ります。本気で好きな人でしたから。

別れたあと、私が常に彼女の幸せを願ってるのは彼女も知っていますし、友達と勝手に思っていました。

結局、見下されました。
別れたあと何ヶ月も経つのに、私も正直、彼女はどういう人なのかと疑ってしまいました。

オニマルさん、私は彼女と人としては仲良くありたいのに、これはどういう心理なのでしょうか?
別れたあとに傷つきました。
今もなんで…って思いなんです。

| 昇太 | 2013/03/16 11:47 | ≫ EDIT

昇太さん

はじめまして。よろしくお願いします。

>オニマルさん、私は彼女と人としては仲良くありたいのに、これはどういう心理なのでしょうか?

それはそういう人だったと、思うしかないのではないでしょうか。
ここでも多くの女子からコメントを頂いているんですが、
お別れの時にこそ、その人の本性が出てしまうものです。

大変に残念ですが、思いが通じない相手はいるものです。

>「好きになる価値すらなかった人」「悪意を平気に晒す人間」「彼はSEX依存」と同僚に完全にデタラメを言いふらされました。

そういった言葉というのは、いずれ吐いた自分にも帰って来るものです。

振り回されないでください。

| onimaru | 2013/03/16 22:22 |

投影

昇太様のコメントを読み、お辛さが伝わってまいりました。
僭越ながら、感想を書かせていただきます。
女性の立場から。
彼女が昇太様に対してひどい噂をしている内容、残念ながらそれは彼女自身の姿です。ご自分の姿を昇太様に投影している幼稚なやり口だと思います。自分が言われたらどおしようと思っていることを「あなたはこうだ」と言うことで自分を守ろうというのでしょう。
そして、ひどい別れ方。下に見ているから、対等に話し合ったりつきあったりなんてあり得ないと思うのでしょうね。飼い犬に手を噛まれたと思っているとお察します。
昇太様の状況をうかがい、本当は昇太様のほうが「上」だと感じました。
そうだから、彼女は躍起になって自分が「上」だと主張しています。死に物狂いで。

昇太様のコメントを読ませていただき、自分のおかれていた状況が少し客観視できました。
ありがとうございます。

| 三毛猫 | 2013/03/18 15:25 | ≫ EDIT

自分への嘘

オニマル様
明るい家庭、今の幸せに気づかせてくださってありがとうございます。
息子の将来を考えた時、「豊かな人間関係を築いて欲しい」と1番に願います。
その時、思ったのです。
私のこの不倫という人間関係は豊かな人間関係だろうか、私の人間関係を広げ深めるものだろうか、と。答えはノーです。
そして、結局、それを認められず「同じ趣味を持ち、感性を磨きあっている。ライフワークを高め合っている」などの意味を付け加えていました。私なりに。どこかで嘘っぽさを感じながら。
一生懸命、意味を付け加える虚しい作業です。
私は彼によって成長するのだと、頑張っていました。ヘトヘトにつかれました。
でも、いつも、「何かがおかしい」と思っている状態で学ぶことなど、何もないのです。
人はまっすぐ向き合えなければ、学び合うことはできません。
よこしまな関係で得られるのは、場違いな知識だけではないでしょうか。
不倫によって心が豊かになった独身女性がいたら、すごいです。
私はピアノを弾きますが、不倫は芸の肥やしにはなりませんでした。むしろ、一年も弾く気力さえ奪われました。
独身女性から、いろんなものを吸収して肥えて行くのはオヤジだけですね。



| 三毛猫 | 2013/03/18 23:05 | ≫ EDIT

三毛猫さん

こんにちわ

>一生懸命、意味を付け加える虚しい作業です。

なんとなくわかりますよ。やっぱり後ろめたいものがあるので
そこにもっともらしい意義をくっつけて自分を納得させてしまおうといったところですね。
言い換えれば「くさいものにフタをする」的な発想かもしれませんね。

>よこしまな関係で得られるのは、場違いな知識だけではないでしょうか。

そう思いますよ。申し訳ありませんが、相手は倫理観というよりも
何と言いますか、一般常識というか、相手の立場を思いやることが出来ない人間です。
と、随分ひどいことを書いてしまいましたが。

自分も家庭があるんですから、家庭における母親の重要性って認識しているはずなんですね。
特に三毛猫さんのような立場だと、なお一層です。
「オレのために時間を使うぐらいなら、子供と一緒に過ごしてほしい」
ぐらい言えそうなものなんですけどねえ。言えないんでしょうね。
想像力も、思いやりも、何もないんでしょうから。

と、失礼なことばかり書いてしまいましたが、ようは
そういう男からは何も学べない、ということなんです。

>不倫によって心が豊かになった独身女性がいたら、すごいです。

いましたよ。自称ですけど。
いっぱい学んだそうです。立派で、素敵で、仕事もできる彼から(笑)
立派な人は不倫なんかしないんじゃないんすかって
私がちょっと言うと、逆ギレしちゃいましたけどね。
ま、あのう、申し上げにくいんですが、かなりヒドい結末が待っていたようです。
残念ですけどね。最初っからわかっているのに。

>独身女性から、いろんなものを吸収して肥えて行くのはオヤジだけですね。

そう思いますよ。まあ若い元気をもらって、無駄に肥えそうですよね。
残念ながら、肥える男がいる反面、大事なものを失って行くのは女性なんです。

早く気がついてくれるといいんですけどね。
コメントありがとうございました。


| onimaru | 2013/03/18 23:32 |

三毛猫さんへ

オニマルさん、三毛猫さん、
ありがとうございます。

私は、不倫でもそうじゃなかったとしても気持ちは本気で一途だったと自信もっていえます。
彼女は既婚でも、ずっと支えてあげたい、守りたい、頼られたいと、何でも許せるとはじめて思えた女性でした。

彼女は可愛い女性でしたから、フラストレーションから勘違いや妄想に走ってしまったんだと思ってます。

やっぱり、互いにどうにもならない気持ちがすれ違いや歪みを作ってしまったんでしょうね。
男の私でも辛かったので、彼女は繊細な女性でしたから、もっと辛かったのでしょうね。

幸せを願うしかない自分も、本音では、とてももどかしいのです。
同時に、また笑顔で話せる日が、いつかこないかなあ…と思うばかりです。

| 昇太 | 2013/03/19 21:43 | ≫ EDIT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/980-016f7cd9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT