不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫が粗末だった

いつもたくさんのコメントを頂きます。ありがとうございます。

少し気になった言葉があります。


不倫の粗末な扱い


では丁寧な不倫が成り立つかと言えば、「あんまナイ」とも思います。
不倫なんですから。

不倫って成り立ちがもうすでに女性を粗末に扱うものではないかと思うんですね。

そんなことはない、私の不倫彼は私を大切にしてくれるって向きもあるのかもしれないですけどね。ま、別にそんなの聞きたくはないですけど。だったら迎えに来てもらえばってことになりますから。


以前は、大切にされているとか、気を遣ってくれているとか、たくさんコメントを頂きましたけども、どうもその頃から違和感を感じていたんですね。「いや、でも」って。

だったら家族団らんの時間に携帯鳴らしてみれば?って。当時の私には言えるわけもなく(笑)。今なら平気で言いますけど。

そんなに好きだって言ってくれるんなら離婚してもらえばいいんじゃないスか。とも言えず(笑)。これも今なら聞かれなくても平気で言いますけどもね。


おやじの楽勝、女性のぼろ負けパターン

粗末に扱われるってことは、だんだんとそれに慣らされていってしまうんですね。ハタで見ていると痛々しいまでに粗末に扱われていても、本人は変だとは思うのかもしれないけども、「私が我慢すれば」で胸にしまいこみます。

それが普通になってしまう。そこでちょっとでも「必要とされている」という勘違いでも入っちゃうと、ますます抜けきれなくなります。


復縁プレイなんて粗末の最たるもの

おやじなんて何年たとうがおやじで居続けることができますから。でも女子はそうはいかない。不倫で疲れ果てて、年だけが無駄に過ぎて、当然、いい時間を重ねているわけではないので、「劣化」していき、
不倫を切れさえしていれば、別の道もあったでしょうけども、残ったのは、言いにくいですけども年老いた自分。


復縁に持ち込んだおやじは、当たり前のように、責任をとれるわけでもなく、というかその頃には介護認定なんてことだって十分あり得るわけです。まあラクかもしれない。知らんぷりしてりゃあいいんだから。あとは家族が面倒を見てくれる訳だし。


休みの日でもメールをくれるとか、旅行に連れて行ってくれるとか。そんなのはせめてもの罪滅ぼし。おやじの自己満足にしか過ぎません。枝葉末節。大したことじゃあない。ありがたがるものじゃないです。

不倫を継続することが、もう粗末に扱われているってことですから。

関連記事

| 思うこと | 22:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分を大事に…

確かに振り返ると、粗末にされてました。
彼らの言う「愛してる」は「おはよう」みたいなもんですもんね。
以前、まだ帰ってないだろうと思って電話かけた時に、今家だから無理と切られたりしました。
今思うと、彼は私を飼い慣らそうとしてたんでしょう。
昨日、非通知で留守電が入ってました、ずっと着信拒否してるね、外して下さいと。
引き続き、無視してます。いいですよね、それで。
忘れられるなあと落ち着きそうな時に連絡残そうとするので本当、迷惑です。こっちはこれ以上ない縁にすがりたくないのに。

| ひさみ | 2013/03/01 22:30 |

ひさみさん

こんにちわ

>彼らの言う「愛してる」は「おはよう」みたいなもんですもんね。

ピンポン!です。大当たり。
でも女子はこれにひっかかります。相手に対し責任がないからこそ、
どんな歯の浮くようなセリフでも平気なのに。

不倫おやじの言った言葉を書き出してみればいいんですよ。
少し頭を冷やして見てみると、結構笑えます。というか薄っぺらいです。

>今思うと、彼は私を飼い慣らそうとしてたんでしょう。

そうでしょうね。ま、アンタにゃ無理!って言ってやりたいですけどね。

>昨日、非通知で留守電が入ってました、ずっと着信拒否してるね、外して下さいと。

うざいですね。携帯を変えちゃえばいいんじゃないですか。
あとは番号を変えるとか。番号を変えるのは割と簡単のようです。
同じようなことでお悩みの方からコメントで教えていただきました。

>引き続き、無視してます。いいですよね、それで。

いいです。それで。こちら参考にしてください。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-711.html

せっかくいいスタートを切れたんです。負けないでくださいね。

| onimaru | 2013/03/01 23:05 |

粗末な自分

こんばんは。
久々のコメントとなります。

耳が痛い痛い痛い。
粗末な扱いのなれの果てが、私。
年老いた自分です。
当時の私は惨めを通り越して痛々しかったと思います。
よくまぁ、友人たちが離れていかなかったものだと…。
まさに泊まりにきてくれる、旅行できる、毎日連絡くれる(休み以外←ココ重要)、そんなことが喜びで。
相手が既婚者じゃなきゃそこまでありがたがることじゃないんですよね。
だって普通ですもの、つき合ってたら本当に普通のこと。
もちろん、してくれて当たり前ってあぐらかいてるわけじゃないんですけど、伝わるかな。
不倫だけど楽しむ方法なんてサイトとかブログとかあるけど、なんでそこまで我慢して努力してつき合わなきゃいけないの?恋愛って楽しいからするんだよね?って、今なら言えます。
必死になってた自分は、やっぱり脳内お花畑だったんですね。
私が脱却できたきっかけは、自立でした。
読んで字のごとく、自ら立つこと。
それを目指した時から不倫からの脱却が始まっていたんだと思います。
本来、自立してこそ結婚が出来るのかもと思ったりもしています。
私の場合は、長く時間がかかってしまったけど。

少なくともonimaruさんのブログを読んでいる方は、今の関係に迷っているはず。
迷うことはしない方がいいです。
潮時です。
一刻も早く離れてください。
ひとりも悪くないですよ。
私は少し疎遠になっていた先輩方とまた会うようになりました。
年下クンとの発展はなくて、やっぱり姉と弟でしたが、楽しいボード旅行となりました。
二人で笑いのツボにハマって、涙流して笑い転げました。
恋愛感情ではなかったけど、いい男友達ができました。
ボード旅行はおやじとも散々行きました。
性格的には合う人だったみたいで、いろんなことがバチッとはまりました。
その違いに少し凹んだりしたけど。
でも、おやじとの旅行は、終盤になると気持ちが落ち込んできてつらかった。
今回はそんなこともなく、穏やかな気持ちで帰ってきました。
やっぱり私、間違ってなかったです。
恋愛は少しお休みして、今の自由な時間を楽しみます。

あ、コットンブラ、買いました!
可愛いです♪
またランジェリー記事、楽しみにしています。

| はる | 2013/03/01 23:06 |

はるさん

こんにちわ。しばらくです。

>粗末な扱いのなれの果てが、私。
>年老いた自分です。

うーん、はるさんにはそういう印象がまったくないんです。
例外中の例外と言ったらおおげさかもしれませんが、
コメントでも頂いているように
「自立」できていたからこそ、期間が長かったにもかかわらず
不倫依存に陥っていないと私は勝手に判断しています。

相手がやったことは、具体的な行動が伴わないのに
無駄にひっぱり、結果として本来は自立を促すべきなのに
はるさんの自立を邪魔したんです。
不倫から脱却出来たのは「自立」に、はるさんが目覚めたから。

だから既婚男っていうのは、自立なんかしてほしくないんですね。
自立したら、去られてしまうことは明らかです。

>ボード旅行はおやじとも散々行きました。
>性格的には合う人だったみたいで、いろんなことがバチッとはまりました。

もう過去の話です。いずれ「はるか遠い昔」のことのように感じられるはずです。
それにまあ、言ってしまえば(失礼を承知で)
ゲレンデよりもそろそろゲートボール場の方が似合ってしまうようになりますからね。
だいたいゲレンデで事故なんかあったら、ほんとうにもうシャレにもならんですよ。

>あ、コットンブラ、買いました!
可愛いです♪

最近はアモスタイルが好調ですね。最近のピンクの中でも一番可愛いと思います。

それと勘違いなさっているようなので、一言。

>年老いた自分です。

ワコールで言えば「サルート」
トリンプでいえば「エッセンス」とか「ヴァリゼール」
といったメーカーのラインナップの中でも「高級ブランド」が
一番似合うお年頃ですよ。
それに女性の魅力が本当に開花するのもお年の頃です。

コメントから受ける印象は若々しいですよ。
実はけっこう大事なことです。




| onimaru | 2013/03/02 09:25 |

ありがとうございます

最初の5、6年くらいは、依存してました、完全に。
おやじ以上の人はいないって思ってました。
転機はやっぱり資格取得の為に専門学校に入ったことですかね、今思えば。
おやじと一緒にいるために起こした行動が、おやじと離れるきっかけになった。
前にもコメントしましたね(笑)
だから、ずっと自立してたわけではないんです。
ラッキーだったと思います。
私の幸いは家族と友人がずっと味方でいてくれたこと。
何度も何度もしつこいくらい言います(笑)
宝物です。
私の変化や決断を、一番喜んでくれてるのも家族と友人だから。
そして、onimaruさんのブログに出会えたことです。

| はる | 2013/03/02 21:55 |

はるさん

こんにちわ

>私の幸いは家族と友人がずっと味方でいてくれたこと。

なによりです。一番重要な部分かもしれません。
おやじがいなくなっても実は全然ひとりぼっちじゃないってことを
実感できるのはすごく大きなことです。

>そして、onimaruさんのブログに出会えたことです。

ありがとうございます!でもまあ、あんまりお役にも立ててないような(笑)
やめることが出来るのは、あくまでもご本人の気持ち次第ですからね。
ランジェリーはちょっとお役に立てたかもしれません。

| onimaru | 2013/03/03 01:51 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/976-c3ac4511

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT