不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫をやめた方200名様の補足

先日書いた、不倫をやめた方、200名様について、少しご説明致します。

コメントを頂いたので、私もちょっと不安になったんですが、確かに200名様です。カテゴリごとに記事数が確認できるので、間違いないです。


正確には、同じ方のコメントを複数回ご紹介したりもありますが、私がボケ倒してご紹介できていない方も少なくはないはずなので、トータルで200名様は確実なところです。

内訳ですが、多くは独身の女性から頂いています。次にいわゆるW不倫な奥様。でもずっとずっと少ないです。また少ないながらも男性からもコメントを頂いています。


ここから始まりました。

辛い不倫のお別れから回復するために

まさかここまで来るとは思っては見ませんでした。というよりも、あまり深く考えていませんでした。なにしろ克服した方の言葉ですから、私のようなおっさんが何かごちゃごちゃ言うよりも、きっと参考になるはず、というのがありましたね。


長い間音信不通だった方からコメントを頂けるのは嬉しいです。しかも内容がコレですから、不倫中から別れまで。そして入籍までおつきあい頂けたことに、心から感謝する次第です。

入籍のご連絡をいただきました


不倫おやじはナルシストだと思いますが、実は女性にもそういった面があることは否定できません。大事な事は、どこで気がつけて、認める事が出来るかってことですね。

自分のナルシストぶりに気づいた時


人生において、誰が一番大切なのかってことですね。不倫は当事者だけの問題ではありません。むしろ当事者以外に与える影響が大きすぎると思います。

人の涙の上に幸せは成立しない


カッコいいです。おやじよりもずっとずっと男前です。

豪腕アリス様、降臨。I'll not be back !


ありがとうございます!心から感謝する次第です。

どうも私のボケ倒しで忘れていたほうが、お一人で複数回の方を上回っているようにも思います。ま、その辺はおいおいとやっていきます。

さらにカテゴリを細分化してみようかとか、なんとなく考えてみますね。

関連記事

| 思うこと | 01:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは

記事についていたリンク、どれも素晴らしかったです。
blog内、一通り目を通したつもりでいましたが、初めて見たときと今では心境も変わってるからか、また違う気持ちで拝見させていただきました。

「人の涙の上に幸せは成立しない」についていた、「男よりオトコマエなコメント」には、カッコよすぎて笑ってしまいました。
吹っ切るときの女子は強いですね!気持ちがいいです。
そして、そのコメントにあった、「ブックマークは恋に効くランジェリーで」いただきました(笑)
私のブックマークは「不倫日記」そのままでしたが、なんか違和感を感じていました。
これでスッキリです!!

最近、体型が変わったのに合わせて 下着を数セット買い直しました。
身に付けると、買う前に子供たちが一緒にカタログを見ながら、「これカワイーんじゃない?」「おれは水色が好きだなぁ」と、おいおい、9歳6歳がなにを言ってるんだ(笑)って感じですが、にぎやかに選んだことを思いだし、笑顔になれます。
年頃になったら無理だと思うので、今限定のいい思い出になりそうです。

次は目指せ300人ですね!
これからもたくさんの人が吹っ切って、幸せな恋に効くランジェリー探ししてくれることを楽しみにしています。

| 水無月 | 2013/01/25 22:46 | ≫ EDIT

水無月さん

こんにちわ

>吹っ切るときの女子は強いですね!気持ちがいいです。

カッコいいですよね。本来女性ってそういうものだと思うんです。
不倫の毒にやられてしまって、ちょっと弱っているだけ。
悪縁を断ち切れば、きっと別の世界が広がるはずです。

>「おれは水色が好きだなぁ」と、おいおい、9歳6歳がなにを言ってるんだ(笑)って感じですが、

やりますね。お子さん。素質があります(笑)
女性にとってランジェリーの新調はすごくいいことだそうです。
私もそう思います。
やっぱり単純な「機能としてだけの下着」以上のものがあると思ってるんです。
誰も知らない私だけのおしゃれでもあるんですが、
本来は基本的に人に見せるものではないわけでして、
そこに気を使うということは「見えないところに気を遣うことができる女性」
ということになります。それはすごくいい女性の証でもあります。

コメントありがとうございました。バレンタインデーも近いことですし
また1回ぐらいは選んでみたいと思っています。



| onimaru | 2013/01/26 02:12 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/945-a778658d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT