不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫でお悩みの方に役立つかもしれないリンク

不倫でお悩みの方の参考になればと思います。

全ての方に当てはまる訳でもないとは思いますが、耳を傾ける姿勢はあったほうがいいと思います。

残念ですが、不倫継続に関して有効なのはありません。


不倫の抜け出し方は?


付き合ってる彼に妻子がいた時に知っておきたい心構え&対処法

「その言葉はよく愛人等に使う常套句なので、真に受けないようにしましょう」ということです。不仲アピールを真に受けていてはどうにもなりませんからね。


「こりゃ不倫だな」と分かる不自然なカップルの特徴

不倫はバレてますからね。バレてないというのは当事者の思い上がりであって根拠がありません。社内とかだと周りが気を使って言わないだけです。でも言っちゃう場合もあるみたいですけど(こわいです)


深田恭子の不倫観を学べ!本当にあった怖ろしい不倫の話

Aさんの将来や、いかに。女子トイレの出来事が怖っ!


前回とダブりがありますけども、お時間のある方はどうかご一読を。他の人の意見を素直に聞き入れることが出来る人は、解決も早いように感じています。例えば周りの人。お友達のおかげとか、あるいはお母さんのおかげで抜け出せた人もいます。

関連記事

| 役立ちそうなリンク | 00:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

不倫してる方に読んで欲しい

onimaruさんの紹介してくれたきじのなかにあった「夜明けの街で」。

私は東野圭吾さんの書く小説が大好きで、ちょうど不倫に陥る時に、この本を読んでいました。
相手にも、良くないことだよ。と、いうつもりで貸して読ませました。

本の内容は、とても丁寧に描かれており、東野圭吾の代名詞、ミステリーも加わって、どんどん読めます。

不倫は、本当に良くないことです。
でも、どうしようもない時がある…
本の中にある言葉です。
今では痛感する重い言葉です。

是非、女性も男性も読んでみてください。

| Y子 | 2013/01/11 18:54 |

Y子さん

こんにちわ

本の紹介ありがとうございました。

せっかくですから私からは
(と言うか、コメントで教えていただいたんですが)

「ひとりを愛し続ける本」 遠藤周作 講談社文庫

不倫をやめることが出来た方から教えていただきました。
不倫専門について書かれた本ではありませんので、おすすめです。

私は不倫について専門的に書かれた本っておすすめしていないんです。
ま、読んでないってのもありますけどね。
不倫に陥ったらもっと他のことに目を向けた方がいいって思うんです。

禁断の恋であれば、既婚者と独身なんてスケールの小さい事を言わないで
「吸血鬼」と「人間」とか。
そこまで行けば楽しめます。アンダーワールドでの
ケイトベッキンセールの美しさとかっこ良さには、本当に参りました。

コメントありがとうございました。



| onimaru | 2013/01/11 23:03 |

初めまして。
         
いつも読んで、
頭では分かっていても、好きになる気持ちは止められないんですよね。
「不倫はいやだ」って思っていても。

苦しんでいます。
「彼の家庭を壊すことは考えてないけど、彼のことは好き。結婚はしなくていいから、このままの関係でいたい」
って。
     
そして、
「誰かを好きになりそうになっても、彼と比べちゃうんです。やっぱり彼が自分には1番合っていたのが分かってしまう」
って。
  
私と別れたあと、離婚していた彼。
悲しい。悲しすぎです。
2年も彼を忘れられないで過ごしている日々です。

何が最善なのかわからないまま
時間だけが過ぎてしまいました。

| saya | 2013/01/11 23:28 | ≫ EDIT

sayaさん

初めまして。よろしくお願いします。

>「誰かを好きになりそうになっても、彼と比べちゃうんです。やっぱり彼が自分には1番合っていたのが分かってしまう」

寂しさを他の男性で埋めようとしても、残念ながら結果は見えています。
ご本人にはそういったつもりはなくても、結果としてそうなってしまいます。
「やっぱり彼の方が良かった」ということですね。

寂しさを埋めるのは、他人ではなくてあくまでも
本人の気持ちだという気がしますがいかがですか。
現状ではどんな人があらわれたとしても、比較になってしまうし、
終わったことは、時として(必要以上に)美しく見えるものです。

>何が最善なのかわからないまま

コレが最善というのは、ナイです。何がいいのかを
決めるのはsayaさんです。
が、今のままでは前に進めませんね。

誰かを好きになる事ではなくて
ご自身の生活の見直しというか、充実を図るのが
結局は早道だと思います。
それはお友達との関係だったり、ご両親との関係だったり
仕事だったりします。




| onimaru | 2013/01/12 01:43 |

コメントに対する
お返事ありがとうございます。

onimaruさまの言う通り
自分でも頑張ってみました。
気を紛らわしながら日々過ごし感情は穏やかになりました。

やっぱり
彼を好きなうちは恋に落ちないですね…

早めに
結婚して子供もほしいのですが

子供と家庭が欲しいから…で
好きの感情がない人と結婚して幸せになれるかもわからないし。
本当に
愛する人じゃなきゃ、やっぱりダメだ。
とか

焦ったり考えたりの2年でした。


途は自分で選ぶしかないですよね…
去年離婚している彼に勇気だして連絡してみようともおもってます。
今のままでは
どっちにしてもダメなんですよね。

勇気でました。
ありがとうございました。


| saya | 2013/01/12 18:09 | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/01/12 20:18 |

sayaさんへ

こんにちは。私は普段はロム専なのですが、sayaさんのことがほっておけなくてコメントしました。不倫の彼さんと別れから2年経っても好きな人が忘れられないのは、かなりお辛いですよね。
結婚は、私もsayaさんと同じように考え失敗しました。私(29歳でした)子供が欲しいと言う思いに駆られ、好きかどうか分からない人と結婚しました。大好きだった人と別れた後だったのと、相手がとても好意を寄せてくれていたので、『女は愛されて結婚した方がいい』なんて勝手に考えてしまいました。そのうちきっと好きになれると思って。
とても優しく情は芽生えましたが、『好きでもない人の子供を愛情を持って育てる自信があるか』と自問自答しました。結果、無理だと悟り1年待たずに離婚しました。
夫婦としては申し訳ないほどに私は相手への愛情が無かったと思います。好きでもないのに、相手にも失礼ですよね。SEXが苦痛でしたくないですもの。
人生は何が起こるか分かりませんが、好きな人だと自分が好きなんだものと諦めがつきます。でも好きでなかったら諦めもつきません。結婚したら予想外や想定外の事が沢山起こります。

こういう結婚からも不倫は起こると思います。もし、別れた彼氏さんが離婚しているなら、私は後悔ないように気持ちを伝えてほしいと思いました。もう不倫ではないし、伝えて敗れても今より進めるかなと思います。
私のように失敗してほしくなくて…偉そうにすみません。

| 佳菜 | 2013/01/13 11:40 | ≫ EDIT

「こりゃ不倫だな」・・・を

以前、夫婦でたまたまネットで目にしまして
ウチの夫婦は当然不倫カップルじゃないけど
3と4は当てはまるよねと夫婦で意見が一致。
街中で手をつないでお互いニコニコして歩いている
アラフォー夫婦もいたりするんですよ。
さらに、こんなことしていたら不倫カップルに
間違われちゃうかも、とバカな会話をしたりして。

・・・アホな夫婦でごめんなさい。
でも、うちの夫婦では当たり前のこともいい意味で
そうではないことが多いらしく、周りから
すごく仲がいいよねと言われたり
未だに新婚に間違われたり(結婚して10年以上
経っているんですが・・・)します。

それでも、お互いW不倫を経験しちゃったりするんです。
人生って何があるか本当にわからないですね。
ダンナはともかく、私は経験しなくても
よかったんだろうなと思うので、以前のコメント
みたいに落ち込んだりするんですけどね。

だからこそ、余計に、周りを気にしないで
笑顔で好きな人の隣にいられることって
とてもありがたくて幸せなんだなと。

えーと、ダンナをKOするかどうかは別にして
(下着はともかく、私の体型が・・・(泣))
下着はくたびれたのがいくつか出てきたので
新調するつもりで、ネットで見ながら迷っています。
そして、ショートカット&メガネは全く変える
つもりありません(笑)

| ゆうき | 2013/01/14 00:15 |

ゆうきさん

こんにちわ

>さらに、こんなことしていたら不倫カップルに
>間違われちゃうかも、とバカな会話をしたりして。

大丈夫です。リンク先には重要な項目が抜けているんです。
それは「二人の間を流れる空気」
これがすごく大切です。
どうしても不倫カップルの空気というのは微妙なものがあって
それは明らかに夫婦とは違うものです。
よっぽど鈍い人でなければなんとなくわかってしまうものですよ。
なのでゆうきさんご夫婦は大丈夫です。

>下着はくたびれたのがいくつか出てきたので

体型は存じ上げませんが、
ヨレた下着というのは早急な改善が必要と思われます。
と、申しますのも確か去年のワコールの調査で
女性の下着姿にドン引きする理由のひとつに「ヨレた下着」
というのが結構上位に入っていたんですね。

高価なランジェリーが必要ということではなく、
やはり定期的な入れ替えはあったほうがいいかもしれません。

とは言っても家計を預かる身としては自分の為だけに
そこそこの出費をしてしまうというのは抵抗感があるかもしれません。
しかし、ランジェリーに気を遣うということは
ゆうきさんご自身のお話だけには済まないわけでして
下着を新しくすれば、きっと気持ちも上がるはずです。
下着はそういうものですから。
そうすると、あがった気持ちというものは
ゆうきさんの外面にもいい影響を与えます。
結果としてご主人もうれしいわけです。
というように、人妻さんが下着にちょっと気を遣ってみるというのは
家庭にいい影響があるものです。

以前に人妻さまからリクエストを頂きまして
書いたものがあります。参考にしていただければと思います。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-919.html
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-653.html

バレンタインデーまでまだ時間がもあることですし、
仲のいいご夫婦であれば万全の体制で臨んでみてください。

コメントありがとうございます。




| onimaru | 2013/01/14 01:25 |

佳菜さんへ

経験談ありがとうございます。
すごく納得しました。

私も
『結婚の苦労は尊敬や理解、情で乗り越えられるものでもない。一番必要なのは、恋をして好きになって結婚したくて結婚して、この人となら一緒に苦労が出来ると思えることです。』
って、
バツイチ男性の言葉を思いだしました。


また
私の友人が結婚を決めた理由は、「自分らしく素でいられるから」だそうです。
それを聞いて、
自分の幸せを中心に考えて良いんだと思いました。


焦ったり打算の結婚では、
それこそ不倫や離婚のもとかもしれませんね。
SEXも苦痛なんていやですよね!

佳菜さんのコメントを読み
好きでない男性と結婚すると遠回りしそうな気がしました。

彼がどう思っいるか
会ってくれるか…わかりませんが
自分の素直な気持ちを伝えてみます!

頑張ってみます。
ありがとうございました。

| saya | 2013/01/14 12:26 | ≫ EDIT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/932-d87e30f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT