不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の自己陶酔から醒めてみれば

不倫をやめた方から頂いたコメントです。ありがとうございます!

自己陶酔という状況があります。怖いですね。不倫は自己陶酔の最たるものかもしれません。

ここから醒めるには、自分で気がつくしかないんです。難しいけど。

でも醒めないと出来ないことがあります。


不倫はお互いに、好きになった相手に不貞行為をさせているんですよね。
彼の背後にいる家族を裏切り、時間もお金も無駄にして…。
結果的に、ただの他人な私が彼の家庭を壊す行為に他ならない。

「禁じられた恋」の状況に酔って、好きになった男に不倫をさせ、彼を最低の男にしていました。

彼と会っている最中、奥さんから電話が何度かありました。
奥さんはおっとりした穏やかな人なのですが、いくら何でも夜中の2時3時を過ぎても、旦那から何の連絡もなければ不審に思うもんです。
むしろ旦那の不倫に気付いている。確実に。
そしてその横で、彼が奥さんにつく嘘に心を痛める自分。

その状況にすら酔っていたんだと思います。
一番傷ついているのは奥さんで、
そして傷つけているのは自分だと気づかないまま。
バカ女にも程がありますね。

いまでは、少しでも、チクリとでも、心に痛みを感じたならば、
それが別れ時だったなと思います。
(最初っから不倫に走らないに越したことはありませんが…)

その痛みを無視して突っ走っても、自分自身はもちろん、相手の家族にまでも致命傷を与えるだけです。

相手を本当に愛しているのなら、苦しめたりしない。

被害が目に見える形で現れないと、
痛い目を見ないとそれを実感できない人もいるかもしれませんが、
皆が苦しむばっかりの恋愛なんか、あっていいはずがない!

…と、バイト中に、クリスマスの買い物に訪れた家族連れやご夫婦、カップルを沢山見て、ぼんやり考えてました。

あんな風に堂々と歩けて、一緒に笑いあう関係になれる人が自分にも出来るのかなあ、とも。

こればっかりはサンタさん頼みじゃなくて、自分で見つけられるように頑張らないといけませんね

ありがとうございます!
「禁じられた恋」という酔いは怖いものです。最近は別ですけども昔はどう見ても「あの・・酔ってらっしゃいますよね?」としか思えないコメントも頂きました。

これは本人に言っても気がつかないんです。自分で気がつかない限りは。

不倫という状況はまたこれが「自己陶酔」のお見事な舞台になりやすいです。禁じられた恋。悲しい恋。実にいいお膳立てです。

そういう「禁断」に引き込まれやすい面はあるのかもしれませんが、決して引き込まれてもいいことはないと思います。


関連リンク
自分のナルシストぶりに気づいた時
不倫の酔いとか陶酔とか

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 21:12 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/01/05 22:47 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2013/01/06 17:16 |

不倫から目覚めて

最近、仕事で知り合った同い年の彼に惹かれるようになってから、不倫の彼との関係も潮時なのかなぁと思うようになってきました。
不倫の彼に夢中だったんだと思います。
今まで淡白なセックスしか経験のなかった私には、一回り以上年上の不倫の彼とのセックスが楽しくて仕方なくて、、依存していたのだと思います。
同い年の彼と知り合ってから、彼のことばかり考えるようになり、不倫の彼とはケンカが絶えなくなりました。セックスも、全く濡れなくなってしまいました。依存って本当に周りが見えなくなるんだということを初めて身を持って知りました。奥さんからメールや電話がきても、彼しか居ないと思い込んでいました。週末連絡があまりとれなくても、彼は私だけなんだと、言い聞かせていました。
一年一緒に居ただけなのに、思い出が重くのし掛かってきて…
でも家庭では良い夫、父親を演じ続ける彼に、先は何も望めないのは分かっているんです。彼がいくら私だけだと言っても。離婚するつもりなんてこれっぽっちもないし、私も心の奥底ではそんなの望んでいないのだと。
この出会いは神様がくれたチャンスだと思って、
一歩踏み出してみようと思います。

| しおん | 2013/01/06 21:50 | ≫ EDIT

しおんさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>最近、仕事で知り合った同い年の彼に惹かれるようになってから、不倫の彼との関係も潮時なのかなぁと思うようになってきました。

そうですね。潮時です。
今の「惹かれるようになった彼」のため、ご自身のためです。

両立っていうのはあり得ないですから。
いつかしおんさんがダメになってしまうと思います。

>今まで淡白なセックスしか経験のなかった私には、一回り以上年上の不倫の彼とのセックスが楽しくて仕方なくて、、依存していたのだと思います。

おじさんの取り柄はそこだけかもしれません。
それに一番いいのは愛情ある行為ですから。

>一年一緒に居ただけなのに、思い出が重くのし掛かってきて…

短い方だと1ヵ月とか2ヵ月とかですが、
1年だと短い方だと思います。不倫は短期間で終わらせることが可能であれば
それに越した事はありません。1年で終わらせることが出来たのであれば
言い方は悪いですが、不幸中の幸いです。

>この出会いは神様がくれたチャンスだと思って、
>一歩踏み出してみようと思います。

そうです。どうかこの機会を逃さないでほしいと思います。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2013/01/06 22:40 |

onimaruさん、お久し振りです。

家族で穏やかなお正月を過ごしました…と報告したいところですが、この時期は1年を振り返るという恐ろしい特集が溢れています。

あの頃、彼と何をしたな…
この頃、彼と何をしたな…

結局走馬灯状態で、安定剤漬けの一週間でした。

でも、彼は家族で実家に帰り、子供さんにお年玉をあげ、奥さんのお節料理に舌鼓をうち…

そんな幸せな年越しをしていたことでしょう。

彼がよき父、よき夫であることが私の願いです。
そうでないと、別れた意味がありません。
別れたのだから、彼はもう不倫に溺れる最低の男じゃない。

彼の幸せは私の幸せです。

私もまた、幸せにならなければなりません。
せっかく彼が私を手放してくれたのだから。
私の幸せは、彼の幸せです。きっと。

私の中で、彼はまだまだ清算も昇華もされていないと思い知らされました。

今年はまず、仕事。
夫も忙しくしているし、私にも大きな仕事が舞い込んできました。
本業に邁進します。

それから、安定剤からの離脱。
これはあせらずに、マイペースで。

自分を、家庭を大切にしていきます。

これが私の今年の目標です。

頑張れるよう、背中をドンと叩いて下さい!
ではまた。

| のり | 2013/01/07 00:18 | ≫ EDIT

しおんさん

初めまして、はると申します。
今はきっとお辛いでしょうね。
でもonimaruさんのおっしゃる通り、潮時です。
1年で終われてよかったと思います。
長くなれば思い出も多くなり、辛さは想像を絶するものになります。
私は正確にいうと11年8ヶ月オヤジ(オヤジといっても、40歳で私と4つしか変わらないのですが。)と不倫しておりました。
ハンパない年数で、気がついたら感覚が家族になってきて。
でも、家族にはなれない。
ただの家族ごっこ。
そんな葛藤を3~4年程感じていました。
でも結婚って、早い者勝ちのような気がします。

失ったものは若さです。
得たものは…まだわかりません。
気になる人に出会えたのは、願ってもないチャンスです。
制約のない恋愛を、お日様の下で堂々と手をつなげることの幸せを、かみしめてくださいね。

| はる | 2013/01/07 01:54 |

のりさん

こんにちわ。しばらくでしたね。

>彼がよき父、よき夫であることが私の願いです。
>そうでないと、別れた意味がありません。

相手もきっとそう願っているはずです。
もう自分のことで思い出すことはあってほしくなくて
本来あるべきところに、全ての愛情を注いでほしい。

そんな感じでしょうかね。
ですから、引きずられることは相手も望まないはずです。

優しいご主人と可愛い子供。
これ以上を望んではいかんというものだという気がします。

>頑張れるよう、背中をドンと叩いて下さい!
ではまた。

いやいや。叩くまでもありません。もう大丈夫だと思いますよ。
終わらせた後、仕事がうまくいくのも巡り合わせです。
続けていれば、今の幸運はきっとなかったはずです。

今の幸せを大切になさってください。

| onimaru | 2013/01/07 02:07 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/927-9f1a536d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT