不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫には絶対に戻らない!

復縁プレイにひっかかったこともあったけど、不倫おやじを振り切った方からのコメントです。

自分の気持ちを具体的な形に表すのはいいことです。是非とも振り切ったら、そのままどこまでも振り抜いてください。


何度か復縁プレイの罠に引っ掛かりましたが、今は気持ちもすっきりさっぱり吹っ切れています。

吹っ切れるきっかけのひとつは、職場で目上の方に自分の仕事を認めてもらえたことでした。

「自分のことを認めてくれる人が居る」ってことが、すごく嬉しくて・・・
“おやじさま”は認めてくれるどころか、都合よく振り回してくれるだけだったので、そのことが自信に繋がったんだと思います。

最後は、ほかの男の人の存在を匂わせて(本当は居ませんが)、全部を話さずに秘密な部分を作ったら、プライドが許さなかったのか向こうから終わりを切り出してくれました。


大きな荷物を降ろしたら、毎日が、特に休みの日がとても楽しいです。


が!今日、彼から着信がありまして・・・
もちろん出ていないし、掛け直してもないです。

履歴を削除して、着信拒否に登録して、
そして「絶対に戻らない!!」の決意を込めてココに書き込まさせていただきました。

何度目かの復縁プレイのときに、久しぶりに顔を合わせたときに言われたことがあります 「俺が居ないほうが良いのかな?顔が生き生きしてる。俺って下げちん?」って(笑)

次、もしバッタリ会うことがあったら、もっと下げチン度を思い知らせてあげれられるようにイイ女になっていたいなぁ~

ありがとうございました!
このおぢさんは不倫相手の気持ちはわからないのに、自分の事は下げちんってよくわかっているんですね。

ま、私も不倫相手がいない方がいいのか?って聞かれれば、出来ればすっこんでてくれる?とお答えします。

それにしても、おじさんはしつこいもんですね。おのれの下げちんが、将来のある女子に悪影響を与えるということを考え、余計な復縁ぷれいは慎んでほしいものです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 15:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あれだけダメとわかっていたのに、、、
復縁プレイにひっかかりました。
今日。
いままでの頑張りはなんだったのでしょうか。自分の意思の弱さが嫌になります。
あってしまったあとのあの後悔と脱力感…
そしてまたやってくる戦い…


しかってください。
でも見捨てないて下さい。

絶対にやめます。

| チェリー | 2012/11/23 23:15 |

きっと大丈夫ですよ

オニマルさんお世話になっています。チェリーさんご自身を責めないで下さい。きっとチェリーさんの中で前とは何かが変わったハズです。今までの温もりや習慣を手離した寂しさで戻ってしまったのかもしれません…でも悩んで決別を決意した気持ちはきっとチェリーさんの糧になって相手に対する思いの何かを変えたと思います。復縁をしてしまったからには冷静に、もう辛い思いをしない為に心の持って行き方を考えなければまた苦しむ事になるかもしれません。ここからは個人的意見ですので気を悪くされたら申し訳ありません…相手を利用し踏み台にして欲求を満たす玩具として考えてみてはどうでしょうか?彼と同じように…彼に心酔せずにチェリーさん自身見失わないで…きっと前に動き出せる日が来ると思います。
大変下品な内容失礼しました。私自身、復縁メールをのらりくらりとかわしていますが 以前とは彼に対する気持ちが大きく変わりました。人は変われます。

| りこ | 2012/11/24 00:22 | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

あらま。気持ち悪いとおっしゃっていたのに。

私には単なる勘違いにしか思えませんが、
チェリーさんには愛情だと映っているようですから
離婚してもらえばいいんじゃないですか?

>そしてまたやってくる戦い…

何と戦うんでしょう。意味がわかりません。
戦うだなんて言うのであれば、戻らなければいいのにって思います。

それと、コメントは前回の続きで頂くか、エントリーと関連のないコメントであれば
こちらにお願いします。
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-553.html

これだと、ここでご紹介したコメントの方が「絶対に戻らない!」
と決意しているのに、その方が戻ってしまったかのような印象を与えかねません。

| onimaru | 2012/11/24 00:59 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/896-57636567

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT