不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いただくコメントについて

こんにちわ。私のブログにコメントをいただき、いつも感謝しています。

今日はその頂くコメントについて思う事もあり、書いてみます。


ネットでの出会いっていうのはちょっと「奇跡的」なところがあると思ってまして、不倫に関するサイト、ブログなんていっぱいあるわけです。

検索なのか、ポータルからなのか、リンクからなのか。ま、ともかく経緯はともかくとして数ある不倫に関するブログの中からこのブログを選んでいただいたというのは、「奇跡」というのが決して大げさでもないと思うんです。


コメントも縁のひとつ

これも「縁」の一つだと思ってます。なので大切にしたいです。

その縁を大切にするために、何が出来るかというと、やっぱり頂いたコメントに対して「誠実でありたい」というのがあるので、てきとーな事は言いたくないです。

例えば、「不倫の彼が、奥さんと離婚するからって言ってます」なんて言われれば、「そうですか。彼を信じて頑張ってくださいね!」というお返事はできないんですね。私。そんなテキトーで気持ち悪いお返事はできません。

ですからどうしても「もうちょっと現実を見て頂いて・・・」というようなお話になってしまいます。
不倫の原因を他者に求めるようなものであれば「ズレてます」と言わざるをえません。


その辺に目をつぶってしまって、テキトーなことを書いていれば、もしかしたらもっと楽しくなるのかもしれませんが、それもちょっと、というのもあって。
それにそれなら不倫おやじと同じじゃんか!とも思います。

また、コメントは、ブログを構成する重要なコンテンツの一つと考えています。


不倫相手よりも愛情ある言葉

若いコの自嘲気味のコメントに対して、他のコが「その場にいたら、はったおしてますよ」というコメントが入ったことがありました。
無意識に出た言葉だと思いますが、不倫おやじよりは、ずっと愛情ある言葉なんです。読んでいる私も不愉快じゃない。むしろ歓迎したい。あれが不愉快に感じないのは、やっぱり相手に対する思いやりが感じられるからだと思います。

不倫をやめられない女性に対し、「あなたには、その下半身だけのだらしないダメ男がお似合い」とコメントが入ったこともあります。
もしかしたら私のヌルい対応にいらついたのかもしれませんが、これも不愉快ではありません。コメントを入れた方はおつきあいの長かった方で、単に正論ふりかざして罵倒するような方でない事は私はよく知っているし、裏側には「なんとか縁を切ってほしい、きっと出来るはず」というような思いやりとか愛情を感じました。

いただいたコメントに対する考え方は変わりませんが、そのような事情であることをお察しいただければと思います。
コメントでも頂いていますけども、文字だけのやりとりは本当に難しいものですね。

関連記事

| お知らせ | 20:01 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も以前、もう不倫彼氏のことは吹っ切れたというつもりで書き込みをしたら
「でも一緒にお風呂に入ったんでしょ」と横レスされたことがあって
文字で伝えるって難しいと思いました。

お風呂は入ったことないけどそれをいちいち説明するとムキになってるみたいだし。。難しいですね。

私は不倫彼氏をあんな奴!と思うことが忘れる作業のひとつになっているので
「彼は本当はいい人」なんて浸りたくないんです。

でも、ここには彼を悪く言いたくないという人も来てるでしょうし。

それを考えるといつも書き込みを躊躇してしまいます。


| こいと | 2012/11/17 23:56 | ≫ EDIT

こいとさん

こんにちわ

>「でも一緒にお風呂に入ったんでしょ」と横レスされたことがあって

大きなお世話ですよね。入ったとか入ってないとか、本質とはかけ離れた突っ込みに
相手をする必要はありません。大事なのはやめることが出来た事ですから。

>お風呂は入ったことないけどそれをいちいち説明するとムキになってるみたいだし。。難しいですね。

確かに難しいですけども、先ほど申し上げたように、お風呂なんて枝葉末節です。
まあ、スルーでいいと思います。相手をしているとキリがないですから。

>「彼は本当はいい人」なんて浸りたくないんです。

美化する必要はナイですね。どうしても美化しがちですけども、
美化することは、自分のやっていることから目を背ける言い訳にしかなりません。

いい人だろうが悪い人だろうが、あまり関係ないような気もするんですね。
大事なのは不倫と縁を切れたってことですから。
仮に「いい人」だとすると、じゃあいい人だから永遠に不倫するんですか?ってことになります。
いい人だと思いたい人はそこを言い訳にして、決別できません。

いい人が不倫するんすか?って突っ込みたくなりますけどもね。
あまりその辺を言うと自分自身もそうなので(反省)

コメントありがとうございました。


| onimaru | 2012/11/18 01:19 |

onimaruさん

onimaruさん
何度もコメント書いてしまってすみません。
この前のことから、余計にこのブログが気になって、
しょっちゅうチェックしちゃってます。

onimaruさんが、このブログに真摯に向き合っていることが
分かって嬉しいというか、前は、新参者の私がコメントなんて
書いちゃってよいのだろうか?と思っていましたが、
今は、書くなら私も真剣に書こうと思っています。

フィクションなし、見栄もなしで、でも、ちゃんと自分の立場を客観的にみながら。。 と、そう思いました。

不倫は本当によくありません。
私は 不倫彼とつきあっているとき、最高の幸せを感じていると
思っていました。
でも、別れて4カ月たった今、思うのは「あれは本当に”幸せ”だったんだろうか?」と不思議に思います。
いつも、神経はピリピリし、四六時中彼のことを考え、
罪悪感で押しつぶされそうで、ケータイを手放せず、メールに一基気の休まる時がありませんでした。

だから、私も 前の彼のことを嫌いになったわけではありませんが、不倫なんてしなければよかったと思います。
良い時間もあったはずなのに、今残っているのはお互いに後悔だけだと思います。

だから、onimaruさんが、不倫に酔っぱらってしまって
現実を見ようとしない人に檄を飛ばすのは当然のことだと思います。

私も 大切なお友達がこれから不倫をしようとしていたら、
絶対に絶対にやめて。最後はbad endなのは決まっているから!
と言いたいです。
どんな幸せなプロセスをたどろうと、99%はbad endなのは約束されています。

長くなりそうなのでまた書きますね(^^)

| ゆみな | 2012/11/18 11:51 | ≫ EDIT

コメントの難しさ

お世話になっています。 オニマルさんの過去の体験を知ってから今されているコメントを見るとやはり不倫で良い思いも辛い思いもしたからこそ不倫で苦しむ女性にズバリと助言が出来るのかなとも思います。女性の友人は同性の思いとしてアドバイスしてくれますがやはり男性は違います。ズバリ痛い所をついてくれます。
でもネットでのやりとりは難しいですね…顔が見えない分言いやすいけれど思いのまま伝えたら傷付けてしまうこともあると忘れてはいけないなって思います。思いやりと相手がいることを忘れずにコメントしなければいけないなと改めて思いました。

| りこ | 2012/11/18 17:51 | ≫ EDIT

ゆみなさん

こんにちわ

>私は 不倫彼とつきあっているとき、最高の幸せを感じていると
>思っていました。

全部を否定するつもりもないんですが、やっぱり「不倫という特殊な関係だから」
っていうのはあると思うんです。お互いにフリーな立場で会っていたら
そこまで盛り上がるのだろうか?っていうのもあるし、
もっと根本的に「そういう関係になっただろうか」というのもあります。

壁があるほど「必要以上に」盛り上がってしまうものですよね。
不倫はそれを悪い例で示していると思います。

>いつも、神経はピリピリし、四六時中彼のことを考え、
罪悪感で押しつぶされそうで、

人を好きになっているのに、絶対におかしいですよね。やっぱり最初っから無理な関係なんです。

コメントありがとうございました。


| onimaru | 2012/11/18 18:51 |

りこさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>顔が見えない分言いやすいけれど思いのまま伝えたら傷付けてしまうこともあると忘れてはいけないなって思います。

おっしゃる通りですよ。本当に怖いです。顔を見て話しているつもりで
書いてしまうと、ひどく傷つけてしまう事もあり得ます。
なので最新の注意を払いたいものです。でもそれで中身が「あたりさわりのないもの」になってしまっては
それもまたあまり意味がないですから、その辺のバランスを考えなきゃいけませんね。

やっぱり大切なのは、おっしゃるように「思いやり」だと思います。


| onimaru | 2012/11/18 18:54 |

難しいですよね。

いろんな意見があるな、とうなづく時もあり複雑なきもちになることもありました。
私の場合、だまされてはいませんね。だから、ここで議論されているずるい親父には当てはまらないのかもしれませんね。
彼は最初から遊びだと言ってますから。
不倫って検索かけると反対意見の方が多くて納得できる理由が正直言ってあまり見つけられませんでした。でも、このオニマルさんの記事やコメントをされる方の意見を聞いて考えさせられることが多くこれもまたいいきっかけだな、と思っています。
無理に相手側を恨んだりしなくてもいいのではないかな。せっかく自分が好きになった人ですからね。

| DUO | 2012/11/19 14:10 | ≫ EDIT

DUOさん

こんにちわ

>彼は最初から遊びだと言ってますから。

私はそのほうがずっといいと思いますよ。はっきりしてるから。
(だからと言って不倫するならそういう人、という訳ではありませんが)

将来的なことをほのめかしたり、ヨメとの不仲をアピールしたり、
(たいていは全部うそです)
ひどいのになると「結婚してる事を隠してた」おやじもいました。
あと、しつこい復縁願望おやじ。まれですがひっかかってしまうこともあります。
もっと悲しい結末が待ってるだけなのに。

そういうのが多いだけにどうしてもおやじの悪口満載ブログになってます。

>無理に相手側を恨んだりしなくてもいいのではないかな。

それでいいんじゃないですか。好きな人を嫌いになる必要はありません。
というか無理です。

私がイヤなのは、「嫌いになれたらいいのに」ってやつですね。
ようは嫌いになんかなれないから、そこを現状維持の言い訳に使ってしまっているような感じです。
「嫌いになれたら」っていう人は多分、相手が何をやっても嫌いになんかなれないです。

コメントありがとうございました。
自分の意思で決別できたんですから、強い心をお持ちなんですよ。大丈夫です。

| onimaru | 2012/11/19 19:05 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/890-ccd536bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT