不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日別れて来ました

たまに、女性の言う事を尊重する既婚おやじがいます。

うまくいっている時っていうのは誰でもなんでもうまくやれるものです。問題は何かあった時、ですね。特にお別れの時に本性がわかります。


彼は私には彼でも世の中では父親であり、旦那さんなんですよね

私は今日別れて来ました

一番の理由は家庭の都合で会ったり会わなかったりの生活に疲れたんですが
でもそれだと毎回時間を作ってたくさん会えるようにされてしまうので
今回は好きな人ができたと告げました

アナタを見ていて私も家庭が欲しくなった だからずっと私がそう思える家庭で幸せで居てほしい と。。。

今回は納得してくれました。

実際好きな人なんていませんし、まだ彼が好きです・・・でもこんな生活続けていても誰も幸せにはならないのですから 知られて彼の家庭がゴチャゴチャになる前に退散します

ずっとステキな旦那さんで良いパパで居て欲しいと願っています。

もちろん私もがんばります♪
失礼しました

ありがとうございます。
稀に、女性の別れ話を黙って受け入れる既婚おやじがいます。珍しいですけどね。

対照的にお別れに際して、泣いたり怒ったり、脅迫じみたことを言ったり。こいつら全部自分が可愛いだけですからね。

引き止め工作を「大事されている」と勘違いなさらないよう、特に将来のある方には十分に注意していただきたいと思います。


嘘をついてでも、相手の家庭を思って身を引く。もちろん葛藤もあったでしょうけども、相手のことを大切に思えばこそできることだと思います。

関連記事

| 思うこと | 23:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同じですね…

お世話になります。自分の事かと思うほど境遇が同じ方のコメントに驚きました。私は結婚すると嘘をついて別れました。『可愛いお前が幸せになるのなら俺は身を引く』と言ってくれました。私と彼の幸せを思い決断したことでした…。
別れてから早くも2週間以上たちましたが1ヶ月にも半年にも感じられます。
相手を思うがゆえのこの決断がコメントの女性にも私にもきっと、最良の幸せを運んで来てくれると信じています。

| りこ | 2012/11/12 04:06 | ≫ EDIT

りこさん

こんにちわ

>相手を思うがゆえのこの決断がコメントの女性にも私にもきっと、最良の幸せを運んで来てくれると信じています。

私もそう思いますよ。そこはやっぱり人とのつきあいだし、
相手の事を思う人というのは、きっと幸せを引き寄せることができると思います。
ましてや辛い思いをしてまで、ですから。

あと少しなのかもしれませんね。見失っていたこととか、きっと見えるようになってくると思います。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/11/12 19:43 |

みなさんステキです♪

初めてコメントさせていただきます、ありと申します。これまでずっとonimaruさんのお言葉、コメントされる皆さんのお言葉を読んでいました。3ヶ月満たないくらいでしたが、私も一度不倫してたことがあります。ご自分から別れを告げる勇気を持たれて実行された皆さんとてもステキです!私にはできなかった…
そういう関係になってから、私は彼にとっては少なくとも三人目の不倫相手だということを彼から告げられて、でももうそのときには好きになってました。3ヶ月ほどして彼から「未来がない、俺には前の不倫相手と別れた古傷があるから…また傷つきたくない、勝手だけどごめん」と言われて後は嫌われていったように思います。私はご飯が食べられなくなり、初めて円形脱毛ができました。心配した母親が本当のことを言ってくれとしつこくいうので母親には事実を話しました体きつくて横になってばかりなので心療内科に連れていかれて抗うつ剤も飲みました。何もかもが初めての苦しい毎日。なにも悪くない母親を傷つけたこともいやでした。職場が一緒だったので別れを告げられ、辛くあたられ始めてからは本当にきつかったです。でも一度好きになったら、ひどい対応をされてもなんでもどうしても好きでした。今年4月に私の転勤でようやく離れて顔を見なくなって、どんどん元気になってきました。それでも彼のことはなかなか忘れられないですけど。
今日コメントする気になったのは、彼が言う「古傷」となった以前の女性が踏ん切りをつける意味で別の方と結婚したというふうに聞かされていたのですが、その方が最近出産されたことをひょんなことから今日知ったからです。お会いしたこともないんですが、過去と決別して結婚してお母さんになって幸せを掴まれたんだなと陰ながら嬉しく思ったんです。いつか、私もそうなりたい。自分からお別れできず、ぐずぐずといつまでも忘れられなかったですけど、前を向きたいです。
乱筆にて申し訳ございません。

| あり | 2012/11/12 23:42 |

ありさん

はじめまして、よろしくお願いします。

>俺には前の不倫相手と別れた古傷があるから…また傷つきたくない

自分で言うなよって(笑)
というか、まともな男のセリフではないですよ。
本当に傷ついた人はそんなこと言いませんから。
ま、不倫おやじの典型的な「相手より自分が大好きナルシスト」だと思います。
なんか別の世界に入っちゃってるような印象でもあります。

>今年4月に私の転勤でようやく離れて顔を見なくなって、どんどん元気になってきました。それでも彼のことはなかなか忘れられないですけど。

どうしても時間が必要です。すぐにすべて忘れてスッキリ!という訳にはいきませんが
徐々に傷はいえていくものですよ。
形はどうあれ、終わった事ですからいつまでも引っ張られることはないんです。

お母さんは大変だったと思いますが、いつまでたっても愛する娘なんですね。
今回は心配かけてしまいましたが、これからは安心させてあげてくださいね。
たまにお母さんを連れて外食とか、いいと思いますよ。

コメント頂きありがとうございました。


| onimaru | 2012/11/13 08:10 |

onimaruさん ありがとうございます

onimaruさん、ありがとうございました。

顔を見なくなっても、なかなか忘れられずどうやったら 忘れられるのかな? 時間が薬と言うけれど、いつになったら?と前向きになれない自分をもどかしく思ってきました。
そして先月転勤以来どうしても彼と顔を合わせなければならない機会があって、その後また精神的にちょっときつくなりました。
でも先日久しぶりに会った友達に 「去年のことを思えばこうして元気でいてくれるだけいいよー。お母さんもきっとそう思ってるよ!」と言われて、ちゃんと進んではいるんだなと思いました。具合を悪くしながら好きでいるってやっぱり違うと思います。なかなか出会いがないですが、母を安心させるためにも、またいい恋をしたいです♪
あたたかいお言葉、本当にありがとうございました。

| あり | 2012/11/15 18:32 |

ありさん

こんにちわ

>具合を悪くしながら好きでいるってやっぱり違うと思います。

違いますね。相手が体調不良を運んで来るだなんて避けたいです。
なので今度は幸せを連れてくる相手との出会いがあればいいなって思います。

お母さんを安心させるのは出会いだけじゃないです。
日常のささいなこと。よく会話したり、お手伝いをしてみたりというようなことでも
十分だと思います。お誕生日とか、母の日とか。ああ、クリスマスがあるので
そこで可能であれば、ちょっと豪勢にとか。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/11/15 23:37 |

アドバイスありがとうございました。
クリスマス、何か考えてみます \(^.^)/
そういえば去年クリスマスは号泣してました。
転勤前は 離島にいたので 自分の状態を母にはずっと隠していたんですけど 電話でなにかを察したのかいきなり船でやって来て ご飯を食べられなくなっている私にスープを作ってくれました。転勤後の今も離れて暮らしているんですが 心配なのかこまめに連絡してきます。30を過ぎるとなかなか実家にも帰りにくくなってしまったのですが、そう思っているのは私の取り越し苦労なのかもですね。時間を作って両親に顔を見せにいこうと思います。ありがとうございました。

| あり | 2012/11/16 10:10 |

ありさん

こんにちわ

>そういえば去年クリスマスは号泣してました。

不倫だとありがちかもしれません。でもおかしいですよね?絶対に。号泣クリスマスだなんて。
本来は楽しいものですから。

>飯を食べられなくなっている私にスープを作ってくれました。

私はおっさんですから、こういう話に弱いです。よかったですね、本当に。

>そう思っているのは私の取り越し苦労なのかもですね。

そうです。取り越し苦労です。もしかしたら不倫があったので、それで何となく
帰りにくいというのもあるかもしれません。
歳は関係ないんです。いくつになっても歓迎してくれるはずなので
年末年始は、実家でゆっくりすごしてくださいね。
それがいい親孝行になります。



| onimaru | 2012/11/16 18:56 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/884-07fdaff5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT