不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あのお父さんは今

以前に書いたこちらの記事をマネして書きました。

あのコは今。2012秋版

男性からもコメントを頂くことがあります。ありがとうございます!


そうなると当然のように、「そういえばあの時、コメントを頂いたおとうさん達ってどうしてるんだろう?」なんてことを、秋の夜長に思う事もあります。

コメントを頂いたほとんどの方が、「女性に黙って切られる事を選んだ」男性で、他の選択肢はなかったんです。

ここにコメントを頂くような、普段はズボラなのにいざ女性が別れを切り出すと、ごちゃごちゃ、あーでもないこーでもない。ヒドいのになると脅迫じみたり、泣き落としてみたり。

そういうのとは、180度違うお父さんたちですから、私としてもムシのいい話ではありますが、「どうか家庭にきちんと戻っていて欲しい」と願うばかりです。

時として、女性よりも悲痛なのでは?と思う事もありますが、そこは既婚者。無理矢理にでも押し込めて、少なくとも相手の前では笑ってみせなきゃいけない。


やっぱり、お父さん達のやるべきことって、失ったことを嘆くことじゃあなくて、大切なご家族の為に、そして自分自身のために、仕事に邁進することだと思います。

関連記事

| 思うこと | 01:46 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

その後

こんばんは。りこです。お父さん達のその後って気になりますよね。切られて捨てられたお父さん達ばかりではないかもしれませんね…私のようにきっと精一杯の嘘ついて離れた女性達も多いと思います。だからこそ今度こそは殿方にはご家族の為に生きて欲しいと思います。彼の最後の彼女でいれたらいいなと思っています。幸せになってほしいです。ご家族みんな。

| りこ | 2012/11/05 21:43 | ≫ EDIT

りこさん

こんばんわ。

>お父さん達のその後って気になりますよね。

気になりますね。でもきっと元気で暮らしていると思いますよ
根拠って別にないんですけども、そう思えるんです。

>今度こそは殿方にはご家族の為に生きて欲しいと思います。

こればっかりは本人が気がつかないと難しいですけども
こちらもきっと大丈夫ですよ。


| onimaru | 2012/11/05 22:31 |

そうでした
彼は私には彼でも世の中では父親であり、旦那さんなんですよね
私は今日別れて来ました
一番の理由は家庭の都合で会ったり会わなかったりの生活に疲れたんですが(笑)
でもそれだと毎回時間を作ってたくさん会えるようにされてしまうので
今回は好きな人ができたと告げました
アナタを見ていて私も家庭が欲しくなった だからずっと私がそう思える家庭で幸せで居てほしい と。。。
今回は納得してくれました。
実際好きな人なんていませんし、まだ彼が好きです・・・でもこんな生活続けていても誰も幸せにはならないのですから
知られて彼の家庭がゴチャゴチャになる前に退散します(笑)
ずっとステキな旦那さんで良いパパで居て欲しいと願っています。

もちろん私もがんばります♪
失礼しました(^_^)

| J | 2012/11/06 05:10 |

同じことを繰り返すのか、それとも前を向けるのかはそれぞれの考え方次第でしょうね。
不倫が終わってそこから何か感じられたかどうか。
大事なことに気付けたかどうかだと思います。

私は家族と出かけたり、食事に行ったり、当たり前のことが以前よりもとても幸せに感じています。
罪悪感に悩んだこともありましたが、今出来ることを一つ一つ積み重ねていくしかないと考えられるようになりました。

誰かが必ず傷つくしかない不倫には絶対に戻りたくないし、あの痛みは二度と誰かに与えたくありません。

家族を守り幸せになること。
相手の幸せを願い続けること。

詭弁かもしれませんが不倫で経験したことには意味があるのだと…経験したからこそ大事なものを学べたのだと信じて。





| shu | 2012/11/06 13:50 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/11/06 14:53 |

Jさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>アナタを見ていて私も家庭が欲しくなった だからずっと私がそう思える家庭で幸せで居てほしい と。。。

いや、本当にも言葉もございません。
相手を大切に思えばこその言葉ですね。
おつきあいの継続がイコール相手を思っての事かというと
決してそうではない場合も多いように思います。

>実際好きな人なんていませんし、まだ彼が好きです・・・でもこんな生活続けていても誰も幸せにはならないのですから

不倫を続ける限りは、現実として「好きな人」は出来ないと思います。
一概には言えませんが。

やめた途端に、なんて話もよく聞きます(コメントでご連絡いただきます)
もちろん、そこにこだわる必要もないです。
きっとJさんを大切にしてくれるお相手との出会いはあるはずですから
今は男女関係はちょっとお休みして、少しゆっくりされるのがいいかもしれませんね

コメントありがとうございました。


| onimaru | 2012/11/06 23:30 |

shuさん

こんにちわ

>同じことを繰り返すのか、それとも前を向けるのかはそれぞれの考え方次第でしょうね。

コメントを頂ける男性の場合は、「同じ過ちは二度と繰り返さず、相手の幸せを願う」方ですが、
実はそーでもないおっさんというのもいるんですね。
終わったらもう次を探してたとか、いますよ。しかもそれが一つ前の不倫相手にバレてるんです。

不倫できりゃあ、誰でもいいおやじってのはいるものです。
誰でもいいわけですから、そこには「あやまち」とか「反省」という概念がなさそうですね。

>罪悪感に悩んだこともありましたが、今出来ることを一つ一つ積み重ねていくしかないと考えられるようになりました。

実は私もそうですよ。悩んでいたところで、状況が良くなるわけでもなくて。
反省は必要ですし、「した」という事実は一生消えることはありませんが、
おっしゃるように、出来ることの積み重ねですね。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/11/06 23:46 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/879-ccdac511

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT