不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夫の不倫発覚から2年後

不倫をされてしまった方からコメントを頂くことがあります。

今回ご紹介するのは、一時は離婚届まで用意された奥さんからのコメントなんですが、ご主人の不倫発覚をどう乗り越えていったか。同じような問題でお悩みの方の力になれば、と思います。


その後の私たちについて、ご報告と思いコメントします。

先日、発覚から丸二年の日を迎えました。
その1ヶ月前、大げんかをしました。
私はかなり冷静で、私の思いの丈を吐き出しました。

発覚からこの間、二人とも頑張ってきたのですが、どこか本音は言えないところがあり、我慢や理性で乗り越えようとしていたようです。 初めて本音でけんかしました。

---(中略)---

とまぁ、結婚してこのかた言ったことのない台詞の連発です。
頭の片隅で、こんな本音をぶつけ合ったら、明日からもう、(夫は)かえってこないんだろうなって妙にさめていました。
ここまで本音をぶちまけてしまったら、男のプライドを傷つけてしまうだろうと怖かったのです。

ところが、その日を境に憑き物が墜ちたみたいに、こだわりがどんどん消えていきました。夫婦は、男性は、妻は、こうあるべき。みたいなこだわりデス。

夫の本音を聞いて、やっと、本当にやっと、彼の出せなかった弱さを理解したのかもしれません。

女性にはわからない、社会的な責任感の強さや、自分を受け止めてくれる存在を女性以上に必要としているんだってことをわかったような気がします。

建前では夫に愛しているのになぜ?みたいなことをぶつけ続けてきましたが、
私に足りなかったのは、夫がくれる愛を受け止めていなかったことだったとわかりました。


私も妻としてやり直しです。
頭ではなく、心がちゃんと理解したら楽しくなってきて。
夫のどや顔も(笑)愛おしくて。
夫のくれる愛を上手に受け取れるようになって、私自身が愛に溢れています。
すごいでしょ!
こんな心境になれる日が来るなんて、2年前の私には想像もつかなかったです。


彼のことを赦すとか許せないとか、そんなことじゃなくて、
いろんなことがあって私たちにすれ違いの時期があって、
夫は彼女に恋していて、
でも私や家族は不要だったのではなく、彼女に時間を費やしていてもちゃんと家には帰ってきていて、父親としても夫としても責任を果たしていて、真面目にこなしていて、
彼は私たちを必要としていて、
決して傲慢ではなく、誠実だったからこそ、彼女の手を離すことができなくて、
そして、間違っていたことに気づき、彼自身も自分も見つめ直した日々があったこと。


そうした日々は、一日一日、過去のものになっていき、
よく考えたら、ここにあるのは今だけで、
過去は変えられない、未来のことはわからないそれが現実なんです。
だとしたら、今をどうやって過ごしたいか。


やっぱり、笑っている時間がたくさんあった方がいいし。
愛に満ちてシアワセな気持ちに浸っている方がいい。
未来は何があるかわからないけれど、試練を乗り越えることができた私を きっとまた乗り越えることができると信頼できるから、
私もきっとこの先も大丈夫です。
そして、自己嫌悪に悩んだ夫もきっと大丈夫。


だから、ここにきている女性もきっときっと大丈夫です。
悩んで、自信をなくして、自己嫌悪に陥っても、
そうやって苦しんでいる自分を抱きしめてあげてくださいね。
そうして、立ち直った自分を信頼してあげてね。

皆さんがおつきあいしていた彼(彼女)の家庭は、言ってみれば相手の問題で、相手が自分でしか解決できないことです。
不倫の相手をしてしまったのは事実かもしれないけれど、
結婚生活ってそれだけで成り立っているものでもないし、
ほかにも、第三者にはわからない現実は必ずあって立ち入れない領域かと思うんです。
だから不倫相手の家庭のことを心配しても仕方ないことです。


今の私が不倫について思うことは、
不倫って、狭い空間で燃え上がる火事みたいなものだから、勢いよく燃え上がるものだと思います。
やっぱり、誰もシアワセにならない。不毛な恋です。

この人しかいないかも、独りになるのが寂しくて、みたいな理由があるかもしれないと、自分を見つめてあげてください。 自分を大切にするってそういうことですねきっと。

みんな立ち直る力と、女性って言うだけでもつ美しさを持っています。
自信を持って、自分を見失わないでくださいね。

ありがとうございました。最高ですね。

私もそうですが「不倫をした側」には想像もつかないような苦しみがあったと思います。そこを乗り越えてって、書いてしまえば簡単なんですけども、本当にそう出来るってすごく困難でもあると思うんですね。誰もが出来るわけではないと思います。

そういった方からコメントを頂けたことは、大変に光栄なことです。ありがとうございました。


不倫経験者よりも的確な不倫に関する言葉がありましたね。

不倫って、狭い空間で燃え上がる火事みたいなものだから、勢いよく燃え上がるものだと思います。

周りが見えなくなってしまっている方には是非是非、よく考えてみて頂きたい言葉です。

やっぱり閉鎖的で特殊な関係だからこそ必要以上に盛り上がっちゃうんですよね。言葉を借りれば空間が広ければ、燃え上がるどころか、くすぶったりして、もしかしたら発火してないかもしれません。

関連記事

| 不倫された方から | 01:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。その後のご報告です。
私は前を向いています。もはや彼は過去の人です。
この間レストランの店員さんに連絡先を渡し、今のところ軽いやりとりをしています。そんな新しい出逢いも自ら掴みました♩どうなるかはわかりませんが、きっと不倫を続けていたら間違いなく連絡先を渡そうとすら思わなかったです。

私にそんな出逢いがあった少し前。彼から連絡がきたときに聞いたのですが、私と別れた後、どーにもこーにもならず離婚を切り出し別居中とのこと。これはどうやらホントみたいです。
そこで私はイロイロ考えました。もちろん離婚は不倫当初から望んではいませんし、それを言われたところで、仮に離婚したとしても付き合う気は全くありません。家庭をぶっ壊しといて一緒になって幸せなんてあり得ないと思いますし、我慢することが多すぎる。祝福されないし周りに幸せですなんて言えないし式もあげれない。私が望むものを何一つ叶えてくれない男には用はないのです。
しかしながら〝そんなこと言われても私は離婚をせがんだことなんて一度もないし望んでもいない、別れた後勝手に別居したんだし関係ない〟とも思っていません。あ、いや正確にいうなら、そう思っていたんですが、それは違うかなと。
別れた後、不倫とゆうものを冷静に客観視し考えた結果、それは余りにも勝手だなと思うようになりました。
夫婦には夫婦にしかわからないアレコレがあると思うので私が100%原因ではないにしろ引き金を引いたのは100%私。我慢出来ていたことも私を失うことで奥さんに対して我慢できなくなった、その結果別居という現実。不倫はバレてはいないせよ、奥さんが現在傷き暴言を吐かれてるのは容易に想像でき、それは私が100%責任があるのではないか、と。
だからといって何が出来るとゆうわけではないのですが、そのことを深く反省し彼と奥さんが再び夫婦として暮らすのを毎晩真剣に祈ってます。
不倫男の行動はどの不倫カップルも同じです。付き合っているときの発言、別れを切り出した時の発言、そして奥さんへの発言、だいたいどれも同じです。
きっと彼は、今まで一度も離婚や結婚について文句も言わず、彼好みの容姿、快適な時間とセックスを提供する私をいきなり突然失って狂ったのです。そんな時に奥さんはどんな正論を言っても話合いをしても逆効果かなと思います。奥さんは被害者でしかないのですが、狂った彼と同じ目線にならず、一歩ひいて落ち着くのを待ってほしいです。彼の気持ちを取り戻すにはそれがベストなハズ。
なので今別居してるのは彼の頭を冷やすのにはいいのかな?とも思っています。一緒にいたら奥さんは暴言を吐かれ続けそれに耐えられず、それこそ離婚になりかねない。
ひとまづ放っておけば、冷静になった彼は普通の感覚を取り戻し仲直りをすると思っています。再構築には今まさに!ここが奥さんの辛抱どころだ!と心の中で必死に応援しています。

散々家庭を壊しておいて、奥さんを傷つけておいて、すごい上から目線で何を言うか!って感じですが。奥さんからしたらアンタにだけは言われたくない!って話でしょうが。読んでいる方を不快にさせてしまったら本当ごめんなさい。

そこで仲直りに成功したら彼ら夫婦の絆は深まる気がします。その時にふと、私が常に冷静で離婚に力を貸すような発言をしなかったことを彼は感謝すらする時がくるかもしれません。それぐらい離婚しないで良かった、と彼が思う日がくると思っています。夫婦ってそうゆうものな気がします。

彼と奥さんの幸せと再構築を強く願い、私自身きちんと反省し、二度と不倫はしないと誓うことで、自らの過去の罪深い行為から心の負担を減らしているのかもしれません。

不倫は幻想、勘違いです。この愚かな行為が懐かしい痛みへと変わり、本当の意味でミンナが幸せになりますように。。

| みさき | 2012/09/04 02:56 | ≫ EDIT

みさきさん

こんにちわ

>我慢出来ていたことも私を失うことで奥さんに対して我慢できなくなった、

家庭に対する不満を不倫で埋め合わせるからそうなります。
でもそれは本人の弁でしょうかね?

事実がわかったところで出来ることはないですから、
あとは連絡先を残さないことです。

ご連絡ありがとうございました。

| onimaru | 2012/09/04 18:47 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/843-7c997600

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT