不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫おやじは、あなたが思うほどはあなたのことを大切に思っている訳ではないかも

タイトル通りです。

当事者同士でしかわからないこともあるんでしょうけども、コメントを拝見していると、どうにもやりきれない気持ちになることもしばしば。

とは言っても、相手が思ってくれていればそれですべてが丸く収まるってわけでもないんですけどもね。



不倫おやじは、あなたが思うほどはあなたのことを大切に思っている訳ではないかも


と言うのが率直な感想です。だからどうしたと言われればそれまでなんですけど。

自分を一番大切にしてください。

もし相手が本当に大切に思っているのであれば、かえってそのほうが不倫からの決別も割とスムーズに行くような気もします。中途半端な執着があるからこそ、女性の決断を受け入れることができない。

中途半端な執着というよりも、己(不倫おやじ)の感情が優先。ま、わかりやすく言えば「ここでこのおねーちゃんに逃げられてなるものかい!」ってなところですね。

ところがこういった行動を「大切にされている」と勘違いしてしまうケースがあるように思います。

奥さんがいても大事に思ってくれる

重大な時にこそ、人の本性は出てしまうものです。どうか十分ご注意を。特にお若い女子の方には「これからの可能性」がありますから。

関連記事

| 思うこと | 22:55 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。

忘れかけていたのにまた彼が会いに来ました。
夏休みに入り、奥さんとお子さんが奥さんの実家に
帰ったため、早速誘いに来たというわけです。

しかも友達にも見られて「あんなに冷たくしたら
かわいそう。」と私の方が悪いみたいに言われました。。。

きっと疑うことを知らない女性は
奥さんがいても時間を作って会いに来てくれるのは
好きだからなんだって思うんでしょうね。

「あの人はいい人だよ。信じてあげようよ。」と
友達は盛り上がってましたが、信じたところで
いいことなんてひとつもないのは分かっているので
これからも彼のことは無視するつもりです。


| こいと | 2012/07/26 17:54 | ≫ EDIT

こいとさん

こんにちわ。しばらくでしたね。

>「あの人はいい人だよ。信じてあげようよ。」と友達は盛り上がってましたが、

家族が不在の時に、こそこそと元不倫相手に会いに来る人のどこがいい人なんだか、
さっぱりわかりませんです。

だいたいが、人に見られる可能性を考慮しないってのも
まるでこいとさんの立場を尊重できないんでしょうね。

>奥さんがいても時間を作って会いに来てくれるのは
>好きだからなんだって思うんでしょうね。

奥さん不在の時限定ですけどね。こいとさんのことよりも
自分が好きなんだと思いますよ。

>いいことなんてひとつもないのは分かっているので

ひとつもないどころか悪いことならありそうですね。
悪縁を断ち切れて本当によかったと思います。

| onimaru | 2012/07/26 21:22 |

はじめまして

はじめて、コメントさせて頂きます。

最近、不倫関連のブログを読むようになって感じたこと。
不倫から脱出したからこそ見えてくる思いがあります。
私は不倫から奪略愛し結婚いたしました。
そこには夢描いた人生とかけ離れた現実が待っていました。
夫も不倫を繰返し、恥をさらすようですが、そこから逃げ出したくて、共に歩いてくれる方だろうと、出会った方に私はこれからの人生を託して離婚しました。が、私のお相手は妻子もち。相手も離婚をするからと、その言葉を信じて、待ちました。結果はただ利用されただけでした。
このまま私の人生を終らせてはいけないと、口先だけの相手と別れ、再出発をいたしました。
そんなときに出逢ったのが、今の彼。お互い、フリーなので、堂々と付き合える。
お天道様の下で楽しくデートができる。こんなに素敵なことがあったのだと、人生の半分を過ぎて気付きました。
早くに決断をしていれば、不倫なんかしなければ、ここまで苦しい思いをしなくてすんだのにと思います。
不倫から一緒になっても背負うものが多すぎる。その重圧に耐えることがお互いできるのか?
また、待ち続けて貴重な時間を無駄にしていいのか?
今、渦中にいらっしゃる方々に、是非とも踏みとどまって頂きたい。
愛していると思っている愛は「不倫相手に尽くす自分を愛してるだけ。それに酔ってるだけ」なんだと知人から言われました。
幸せは、その手に握っている不必要な執着を手放さなければ掴めない。

正しくそうであります。

今は、過去に歩んできた自分の人生を悔い改め、傷付けてしまった方々へ懺悔しています。

どうか、一人でも多くの未来ある人達が、不倫から脱出し本当の幸せを掴んで頂きたくてコメントさせて頂きました。

相手が大事であれば手放すことが本当の愛。

それが出来ない人はエゴの塊だと思います。

長々と失礼しました。

| とまと | 2012/07/27 07:52 |

W不倫を手放したい

初めてコメントします
同じ職場の同い年(40代前半)の彼と付き合って半年です。
お互いに配偶者と小学生の子供 が1人います。
二ヶ月前から体の関係を持つようになりました。
会えば必ずというわけではなく食事だけのこともよくありますが、
それ以降、私が家族への罪悪感と彼を失うかもしれないという恐れでどんどん今の関係に疲れを感じるようになりました。
彼はonimaruさんが信用できない男の筆頭にあげるいわゆるすぐ離婚を口にする男です。
私も既婚ですから本気でそれを求めたことはありません。
お互いに戯れごととして口にするだけです。
ただ最近、ふとした会話の端々に現れる彼の奥さんにとても嫉妬してしまう自分が
います。
楽しいことより我慢や悲しみの感情が増えてきました。
こうなったら潮時ですよね。
でも仕事上尊敬しており、別れても顔を合わせることを思うと思い切れません。
一度、別れを切り出したことがありましたが彼に受け入れてもらえず
私の決意も甘くて結局無理でした。
平気で妻を欺く彼よりも家族を大切に出来る夫の方が人間として尊敬に値するとは頭ではわかっていても、
彼と付き合ってから夫に男性としての魅力を感じられません。
こんな私に現実を客観的に見られるご意見をください。
こんな生活に本当の幸せがないのはわかっているのに情けないです。

| 若菊 | 2012/07/27 17:14 |

とまとさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>「不倫相手に尽くす自分を愛してるだけ。それに酔ってるだけ」なんだと知人から言われました。

大変に残念ですけども、そうだと思います。
相手が本当に大切に想うのであれば、不倫解消の道に向かうはずだと思うんです。
それはお別れという選択を選ばざるを得ないことにもなるんですが、
無駄に引っ張ったり、相手が望んでいないのに関係の継続を求めたりと
いうのは、愛情とは全く別のものだと、私も気がついてほしいと願っています。

コメントいただきありがとうございました。
ご紹介させていただくかもしれませんが、よろしくお願いします。


| onimaru | 2012/07/28 01:00 |

若菊さん

はじめまして。よろしくお願いします。

>楽しいことより我慢や悲しみの感情が増えてきました。
>こうなったら潮時ですよね。

そうですねえ。そういう感情が芽生えて来ると、あとはもう
苦しくなる一方で、そこから楽になる方法っていうのはナイと思います。
奥さんに嫉妬したところで、何も生み出さないばかりか、気持ちがどんどん
悪い方向に向かっていってしまいます。嫉妬の感情が人をキレイにするってことは
あり得ないでしょうから。

>一度、別れを切り出したことがありましたが彼に受け入れてもらえず

ああ、それは大した男じゃあないですね。
もしかしたら若菊さんは相手に対して愛情を感じているのかもしれませんが
相手のおやじは、若菊さんに対して愛情があるかと言えば、多分ないです。
(申し訳ありません)

相手のおやじが、別れを受け入れられない理由ってなんでしょうね。
自分の奥さんが不倫してないって根拠なんてどこにもないのに。

ご主人も、お子さんもこれっぽっちも若菊さんのことを疑っていないでしょう。
私は、いわゆるWな関係って実はよくわかんないんですよ。
相手の背景が見えちゃうし、それでもなおかつ関係を継続しようってのは
やっぱり相手の女性を尊重していないってことになると思うんですけど、いかがでしょう。

>平気で妻を欺く彼よりも家族を大切に出来る夫の方が人間として尊敬に値するとは頭ではわかっていても

そうですね、同列で考えちゃあ失礼です、ご主人に。
家庭を大切にできる男って、なかなか得難いものだと思うんですけど
それを当たり前だと思い込んでいませんか。
ご主人の資質ってのもあるでしょうけども、若菊さん、お子さんという存在があって
そうなっているんです。

そんな得難い、大切なものをたかが不倫男のせいで壊してしまう必要はどこにもないんです。

まあ、言ってしまえばつまんない男です。
仕事上は尊敬できるのかもしれませんが、人としては尊敬できませんね。男としても。

黙って女性の別れを受け入れた男性からコメントを頂くことが何回かあります。
私はそういった行為こそが、相手に対する思いやりだと思うんです。

不倫で傷つくのは周りの大切な人たちです。
全部失ってからでは遅いですよ。




| onimaru | 2012/07/28 01:29 |

onimaru様

お返事ありがとうございます。

>相手のおやじは、若菊さんに対して愛情があるかと言えば、多分ないです。

そこまで言い切っていただかないとダメですね。
彼の言動の愛情のようにみえる欠片を拾い集めてしまってますから。笑
私が日頃接していて思うに、彼は自己中心的にしか女性を愛せない人だと思います。
または単なる執着や欲望を愛と思い込んでいるか。

>私は、いわゆるWな関係って実はよくわかんないんですよ。
相手の背景が見えちゃうし、それでもなおかつ関係を継続しようってのは
やっぱり相手の女性を尊重していないってことになると思うんですけど、いかがでしょう。

そうなんです。
家族を欺くということがどういうことかリアルにわかりますよね。
夫と子供を置いて男と会う女の最低さ加減はわかりそうなものです。
そんな女、冷静に考えれば求めるに値しないわけです。
しかしそこまで思いが至らないからW不倫なんて出来るのでしょう。
冷酷で自己中心的で卑怯。
相手の人間性を疑うことは独身の方より容易にも関わらず、
相手のそれを認めることは、自分のそれも認めることになりますから、
「好きだから仕方ない」という言葉で全てに蓋をしてしまうわけです。
いい大人が。
人の親なのに。
しかし相手の背景が見えるからこそ、相手のずるさや弱さを許せるということもあります。
家庭を捨てるなんて生半可なことではないとわかるから、
それをしてくれないことで相手に不信感を抱くということもないわけです。
配偶者に何の不満もなくても突然事故のように落ちてしまう気持ちも
理解できてしまうというか…
言い訳ですが。


家庭を大切にできる男って、なかなか得難いものだと思うんですけど
それを当たり前だと思い込んでいませんか。

男性が家族を大切にするって簡単そうでいて実は難しいことですよね。
強い意志と優しさと資質が兼ね備わっていないと。
それができる夫の素晴らしさを本当の意味でわかっていれば不倫なんて出来ないはずなんです。
それをやってしまえる自分の人としてのレベルの低さを感じます。そしてそれはそのまま相手にも言えることですよね。

>まあ、言ってしまえばつまんない男です。
仕事上は尊敬できるのかもしれませんが、人としては尊敬できませんね。男としても。

つまんない男とつまんない女の欲のぶつかりあいでしかない…と思えば
かなり冷静になりますね。

>黙って女性の別れを受け入れた男性からコメントを頂くことが何回かあります。
私はそういった行為こそが、相手に対する思いやりだと思うんです。

このブログをもっと早く知っていれば
別れを受け入れることが思いやり、という認識のもと、
別れたくないという彼を振り切ることができたのにと悔やまれます。
もっと言えば深みにはまる前に知りたかったです。

ここまでわかっているのですから、あとは余計な執着を捨てるだけなんですよね。



| 若菊 | 2012/07/28 03:38 |

若菊さん

かなり真剣なようなので、コメントさせていただきます。
私も、過去のコメントをご覧になったこともあるかもしれませんが、W不倫の経験者です。

若菊さんは、もし決心がつくのなら、いちど不倫相手の方にお会いし真摯に向き合い、お互いの幸せのために本気で別れたいことを、伝えたほうがいいと思います。

そのときに相手が受け入れるか受け入れないかどうかは、もはや関係ないと思います。

その後は会うことも連絡を取ることも避ける。できれば一切。

そのときの相手の出方で、本当に優しさのある人か、自分勝手な人かは分かると思います。
優しい人あれば、別れはいつか理解して受け入れてくれると思います。
別れをどうしても受け入れないのであれば、自分勝手な人ということであり、逆にもはや付き合うに値しない人ということになります。

いま、深みにはまっているとありましたが、今一度冷静に、判断いただければと思います。特に、よくお子さんのことを思っていただければ。

若菊さんの事情を全部理解しているわけではないので、見当違いのコメントでしたら申し訳ないですが、ご参考にしていただければと思います。


あと、onimaruさんの、Wというのが理解できないという件ですが、私は、W不倫は夫婦間の愛情が冷めてしまったときや、自分が苦しい立場にあるときに、心の隙に入り込んでくるような場合も多い気がします。
そうすると、相手も既婚で同じような立場だったりするとその部分で理解しあえちゃったりするんです。共犯関係みたいなものです。

ただご指摘のあるように、家族のある身で簡単に他の人になびいてしまうこと自体は、軽薄であり分別をわきまえない行動であることは全くその通りであり、返す言葉は全くありません。

| ねむりお | 2012/07/28 14:07 | ≫ EDIT

若菊さん

こんにちわ

>夫と子供を置いて男と会う女の最低さ加減はわかりそうなものです。

やっぱりそういった場面を想像しちゃうんですよね。
子供に何と言い訳しているのか、とか。

>「好きだから仕方ない」という言葉で全てに蓋をしてしまうわけです。

そうですね。フタをしてしまっているだけのように思います。
余計な事を突っ込んでしまえば「仕方ないからつきあうんですか」ということにもなります。

>男性が家族を大切にするって簡単そうでいて実は難しいことですよね。
強い意志と優しさと資質が兼ね備わっていないと。

そうです。本当に得難いものですよ。
誰もが望む訳ですが、望んだからと言ってそうなれるものでもないんです。
今の環境はすごく恵まれていると私は事情もよく知らずに考えますが、いかがですか。

>つまんない男とつまんない女の欲のぶつかりあいでしかない…と思えば
>かなり冷静になりますね。

うーん、
それだとご主人とお子さんがかわいそうですから、
「ちゃんとした奥様が、つまらない男の不倫にひっかかってしまったけど
過ちに気がついて、自分を取り戻しつつある」ってことにします。

>もっと言えば深みにはまる前に知りたかったです。

大丈夫。本当に深みにはまってしまえば、今の関係に疑問を持つ事もしないと思います。
きっと戻れると思いますよ。



| onimaru | 2012/07/28 22:09 |

ねむりお様

ご意見ありがとうございます。

>私も、過去のコメントをご覧になったこともあるかもしれませんが、W不倫の経験者です。

ねむりおさんの過去のコメント、以前から拝見していました。
この度コメント頂きとても嬉しく思っています。

>お互いの幸せのために本気で別れたいことを、伝えたほうがいいと思います。

「本気で」というのが重要ですね。
こちらが揺れているのを悟られてはいけないですよね。


>そのときに相手が受け入れるか受け入れないかどうかは、もはや関係ないと思います。

確かに、受け入れようが受け入れなかろうが、こちらが一切連絡を断てば関係は終わるわけですから、
受け入れてもらえないというのは自分への言い訳ですよね。

>優しい人あれば、別れはいつか理解して受け入れてくれると思います。

ひとつ懸念されることは、相手の優しさや愛情をそこで感じてしまった場合、
逆に相手への気持ちが強まり、より思いを残すことになってしまうのではないか、ということです。

>私は、W不倫は夫婦間の愛情が冷めてしまったときや、自分が苦しい立場にあるときに、心の隙に入り込んでくるような場合も多い気がします。

確かに夫に対して小さな不満が積もっており、ちょっとした言い争いの頻度は
上がっていたと思います。
そして夫に欠けているものを持っている人に強く惹かれてしまいました。
彼も奥さんに足りないものを求めている気がします。

もちろん、完璧な人間はいないわけで、足りないから他所に求めるというのは浅はかな行為です。

ねむりおさんに伺いたいことがあります。
ねむりおさんは夫と子供を騙して自分との逢瀬を重ねる彼女のことを
どのように考えていらっしゃいましたか?
普通ならそんな女を愛せないと思いますが、ねむりおさんはそこは考えませんでしたか?

| 若菊 | 2012/07/29 01:08 |

若菊さんへ

早速、お返事をありがとうございました。

>ひとつ懸念されることは、相手の優しさや愛情をそこで感じてしまった場合、
>逆に相手への気持ちが強まり、より思いを残すことになってしまうのではないか、ということです。

十分に、可能性のあることだとは思います。

もし情が戻りそうなときは、すぐに相手に応えることはせず、まずはそこまで決心を固めて別れを切り出したご自身の気持ち、そして、ご自身の家族のことを改めて思い出してみたらいかがでしょうか。

また、相手の優しさに対して尊敬すること自体は、悪いことではありません。でもそれは、不倫という形をとらなくてもいいのではないのでしょうか。

逆に懸念するのは、一緒の仕事をされている環境かと思います。

私の場合は、彼女とは仕事が別だったので、別れた後、彼女とは会う環境にありませんでした。それこそはじめは辛かったのですが、結局そうやって物理的に会わないことが最も良かったと思っています。

ですので、若菊さんが今後、別れた後も彼と会う環境にあるのだとしたら、相当の覚悟をもってけじめをつけることが必要かと思います。


>確かに夫に対して小さな不満が積もっており、ちょっとした言い争いの頻度は
>上がっていたと思います。
>そして夫に欠けているものを持っている人に強く惹かれてしまいました。
>彼も奥さんに足りないものを求めている気がします。
>もちろん、完璧な人間はいないわけで、足りないから他所に求>めるというのは浅はかな行為です。

もちろん、ご主人に足りないものもあるとは思いますよ。
いつだかNHKで、子供が生まれた後に夫への愛情が消えたという女性が半数だという調査を見たことがあります。

もしそれがどうしても許せないのであれば、離婚する選択もあると思います。お互い離婚して堂々と恋愛をすればいいのです。

ところが不倫は、離婚とか人生を左右するような決定を先延ばしにしておいて、とりあえず今だけ、というずるいところがある。これを考えずに情にばかり流されると、後悔はどんどん大きくなってしまうのだと思います。

>ねむりおさんに伺いたいことがあります。
>ねむりおさんは夫と子供を騙して自分との逢瀬を重ねる彼女のことを
>どのように考えていらっしゃいましたか?
>普通ならそんな女を愛せないと思いますが、ねむりおさんはそこは考えませんでしたか?

ずばり来ましたね(!)

自分の汚い部分も含めて告白してしまうと、はじめの頃は、相手のいいところしか見えなかったので、そんな客観的な判断はしていなかったです。onimaruさんがよくおっしゃる”お花畑”状態というやつです。だから、若菊さんのおっしゃる、”普通”ではない状態だったんだと思います。

でも、だんだんと思いがよぎってきたのです。彼女は、夫とどのような関係を築いているのだろうと。ひょっとして、それは自分が見ている彼女と全く違う彼女ではないのかと・・

自分のなかにも非常に葛藤がありました。妻が冷たい態度だったりすると、それを言い訳に、自分の行為を正当化していました。今考えると、浅はかなことです、本当に。

相手も同じでした。だんだんと葛藤が大きくなり、別れを切り出したのは彼女のほうです(大体において、切り出すのは女性なような気がします。男は優柔不断ですから)。


いま、家族の元に戻った彼女が私のことをどう考えているか知る由もありませんが、彼女が本来のかたちに戻ったことで、彼女の人間らしさがちゃんとあったんだなと感じます。だから、良かったんだと思います。




若菊さんは、いま出口すれすれのところで葛藤しているかと思います。
不倫の相手も、とても優しいんでしょうね。相手は、いますぐに結論を出さなくても、と言うかも知れません。

でも、いま、若菊さんが疑問を持たれていることが、何よりもの突破口です。
関係が長くなればなるほど、こじれやすく、リスクも大きくなり、傷口も大きくなると思います。

是非考えていただければと思います。

私は男として決して褒められないことをした者であるので、あまり説得力はないかとは思いますが。

長文すみませんでした。

| ねむりお | 2012/07/29 02:51 | ≫ EDIT

ねむりお様

ありがとうございます。

>それこそはじめは辛かったのですが、結局そうやって物理的に会わないことが最も良かったと思っています。
ですので、若菊さんが今後、別れた後も彼と会う環境にあるのだとしたら、相当の覚悟をもってけじめをつけることが必要かと思います。

まさに私が今一歩を踏み出せないのは、別れた次の日も彼とは共に仕事をしなければいけない環境を乗り越えられる自信がないからなのです。
仕事をやめることも考えていますが一時の感情で仕事まで失うことにしていいものか、悩んでいます。
ただ、夫との関係がこじれた原因のひとつとして私の働き方によるものも大きかったので、
彼を忘れるため以外にも辞めるメリットはあると思って逡巡しています。



>だんだんと思いがよぎってきたのです。彼女は、夫とどのような関係を築いているのだろうと。ひょっとして、それは自分が見ている彼女と全く違う彼女ではないのかと・・

ご指摘のとおり、全く違う私です。
お互いに綺麗なところしか見せていない中で愛だの何だの言っているわけです。
彼が私を騙そうとして「愛している」という言葉をささやいているとは思いませんが、
これを愛だと思っている彼について人間としての幼さは感じ始めているのです。
そしてこんな幼稚な男に執着する自分を哀れとも思い、
またその彼の単純なところを愛してもいるわけです。

>いま、家族の元に戻った彼女が私のことをどう考えているか知る由もありませんが、彼女が本来のかたちに戻ったことで、彼女の人間らしさがちゃんとあったんだなと感じます。だから、良かったんだと思います。

ねむりおさんは本当に彼女のことを愛していらっしゃったから、
今このような穏やかな気持ちになれているのでしょうね。
私も、相手を手放して時間が過ぎてみてやっと今回のことが愛だったのか、
ただの欲だったのかを知ることができるのでしょうね。
知るのが怖い気もします。


>でも、いま、若菊さんが疑問を持たれていることが、何よりもの突破口です。

頑張ります。
本当に親身なコメントに感謝しています。

| 若菊 | 2012/07/29 06:50 |

onimaru様

こんにちわ

>やっぱりそういった場面を想像しちゃうんですよね。
子供に何と言い訳しているのか、とか。

はい、そういう自分を客観的に見てやりきれなくなってきたといいますか、
自分を嫌いになってきたのが別れを考え始めるきっかけのひとつでした。


>余計な事を突っ込んでしまえば「仕方ないからつきあうんですか」ということにもなります。

そこを理性で堪えられるかどうかが大人と子供の境ですよね。
もしくは動物と人間の境でしょうか。
全くお恥ずかしいです。

>それだとご主人とお子さんがかわいそうですから、
「ちゃんとした奥様が、つまらない男の不倫にひっかかってしまったけど
過ちに気がついて、自分を取り戻しつつある」ってことにします。

お気遣いありがとうございます。

>大丈夫。本当に深みにはまってしまえば、今の関係に疑問を持つ事もしないと思います。
きっと戻れると思いますよ。

ありがとうございます。
深みにはまりそうなところでonimaruさんのブログに出会えました。
感謝しています。

頑張ります。

| 若菊 | 2012/07/29 07:02 |

若菊さんへ、再び

>まさに私が今一歩を踏み出せないのは、別れた次の日も彼とは共に仕事をしなければいけない環境を乗り越えられる自信がないからなのです。

別れる決心がつきましたら、その話をするときに、仕事についてのお話もされればいいと思います。
個人的には、辞めるまでもないとは思います。仕事といままでの関係とははっきりと切り分ける
ことが大事かと考えます。


>彼が私を騙そうとして「愛している」という言葉をささやいているとは思いませんが、
>これを愛だと思っている彼について人間としての幼さは感じ始めているのです。
>そしてこんな幼稚な男に執着する自分を哀れとも思い、
>またその彼の単純なところを愛してもいるわけです。

葛藤されている気持ちも、本当によくわかります。
ただ、葛藤しているから、別れられないということでもないという気がします。
きっと、別れのその瞬間も、葛藤があると思います。
ですので、今の気持ちも含め、整理をつける意味で別れることは大事だと思うのです。


>ねむりおさんは本当に彼女のことを愛していらっしゃったから、
>今このような穏やかな気持ちになれているのでしょうね。

そんなことを言わないでください、泣いてしまいます(笑)。
私自身も、別れたくなんかなかったんです。でもそれは自分勝手なのであって、
愛しているからこそ、相手の人生を考えて別れる、それだけです。
いま、彼女の大事なものを私が安易に奪わずに済んで、本当に良かったと思っています。
ほんと、人から見ればキレイゴトにしか聞こえませんが、自分にとっては唯一納得できる理由です。

穏やかな気持ちもありますが、未だに引きずっている気持ちもあり、こうやってonimaruさんの
場所を勝手に借りて皆さんと意見を交わすことで(onimaruさん本当にスミマセン)、
自分の気持ちに整理をつけているところもあります。

若菊さんが本当の幸せを掴むことを、心よりお祈り申し上げます。

| ねむりお | 2012/07/29 11:38 | ≫ EDIT

Onimaruさま

このタイトルに、吸い寄せられて前の記事に失礼します。

あれからは、かかってくる電話にはでられず (声を聞くのがつらくて)lineで、いつものようにオハヨウとオヤスミのメッセージが入ります。
電話に出なくなってからは、ハートマークが涙マークに変わりましたが。

実は彼にとって、不倫は三回目です。
倫理観とか罪悪感のハードルが低いのかもしれません。

彼にとって、自分は大切な、守りたい存在ではない…という事実。
直視したくないから、彼のあやふやな態度を、自分に都合よくフィルターをかけていたんだなと思います。

前科ものの彼にとって、私だけが特別に運命的であったというのも、都合のいい話です。

きっと私でなくてもよかったんだろうなぁと。

ずっと友人関係を続けていて、女性関係だけにはだらしない彼を批判していたにも関わらず、三番目のターゲットに成り下がった自分が情けないです。

彼は、自分の奥さんや家族が大切というよりも、自分の生活、自分が手に入れたものを手放したくないのだと思います。
ひどいときには、シャンプーまでして帰宅する夫をせめることもしない奥さんのように寛大にはなれません。
彼の手に入れた素晴らしいもの、手放すわけありませんね。

たった五ヶ月で終わってよかったと、心から言えるように、今はただただ一人の寂しさに堪える時間だと覚悟しています。

| ひまわり | 2012/09/24 20:27 |

ひまわりさん

こんにちわ

>lineで、いつものようにオハヨウとオヤスミのメッセージが入ります。

まあ、まずはそこから改善したほうがいいかも、ですね
連絡が簡単にとれちゃうってのがマズいし、これの繰り返しでいずれは
復縁プレイにひっかかりそうです。
不倫をやめて成功した人の多くが連絡手段を消去しています。これは
誰に言われることなく、自分の気持ちの表れなんですけどね。

あと、大きなお世話でしょうけども
Lineは女子高生をはじめとする「情弱」がターゲットです。
情弱を騙してナンボですから、
いい年こいた大人がひっかかるもんじゃないです。
危険性については以前からあちこちで指摘されているにもかかわらず
登録が増えているのは、つまりターゲットがそういうヒト達だからです。

>女性関係だけにはだらしない彼を批判していたにも関わらず、三番目のターゲットに成り下がった自分が情けないです。

まあ、成り下がったというか、どうなんでしょう。
不倫を繰り返す男って、女性には嫌悪とか軽蔑の対象にしかならないと思ってたんですが。
おビョーキとかそういう心配をなさってください。
3回目だと、「わかっているだけで3回目」ってことなんでしょうから。

>彼の手に入れた素晴らしいもの、手放すわけありませんね。

奥さんが寛大だとか、どうでもいいことです。
ひまわりさんには何の関係もありません。相手の家庭環境が素晴らしいとか
そういうのも無意味です。一緒に生活してるわけじゃないんだし
想像でしかない。隣の芝生は青く見えるものですよ。
私には「素晴らしい」だなんてとても思えません。
うらやんだりすることは、何も生み出しません。

>今はただただ一人の寂しさに堪える時間だと覚悟しています。

一人ではないです。不倫相手なんかよりも、もっともっと大切な人が
周りにいるはず。不倫の毒にやられて気がつかないだけなんです。
お友達、ご両親。お元気ですか。不倫のせいで、つきあいがおっくうになったり
疎遠になったりしていませんか。

こちら、参考にしてください。
http://did2memo.net/2012/08/01/naver-line-password/
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-664.html
http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-545.html



| onimaru | 2012/09/24 23:30 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/833-bfe19e4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT