不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫復縁願望おやじと、そうでない方との違い

ここ数日で、男性から続けてコメントを頂く事ができました。ありがとうございます。感謝しています。


>>> 男性からコメントをいただきました

>>> 奥さんがいても大事に思ってくれる

身を引くってことはすごく必要なことだと思うんですね。男性からコメントを頂くのは、ほぼ全てが今回頂いたような内容になるんです。鍵でもいただくので公開出来ないこともありますが。

ところが、そうでないおっさん。あわよくば復縁を迫るおっさんというのも、いるんです(多いです。)

この「引く」事のできた方と、そうできないヒトとの違いって、何だろうって考えてみるんですけど、わかりませんねえ。


理由としては、きっとこんなところだと思うんですが、あくまで想像なので。

  • 相手はまだオレのことを好きでいてくれるはず
  • 刺激がほしい
  • 相手のことよりも、まずは自分最優先。自分大好き!

まあ、こんなところでしょうね。

復縁に対して「どん引き」するという正常な状態になれた時と、不倫復縁のアプローチが一致すれば、これはもう、おっさんにいいだけ墓穴を一生懸命ほってもらえばいいだけなんですけど、まだ「どん引き」に至らない時期に復縁ぷれいがあると、困ったことになります。

復縁を、「必要としてくれている」と勘違いしちゃうとかなりアブないかも、です。要注意ですよ。

仮に事情を知る第三者が見れば、復縁ぷれいは相手よりも自分最優先で、決して大事にしているわけではないことぐらい3秒で判断できるんですけども、渦中にいると、ちょっと難しいかもしれません。

なので、「復縁ぷれい=ダメ男」これを公式として覚えておくといいかもしれません。

関連記事

| 思うこと | 03:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はまらないための工夫

不倫がいやだけれど、はまっていっている最中の方。現在はまっているが、抜け出したい方。それぞれの方のご参考になるかもしれないと、コメントしています。

私は1ヶ月半で不倫を解消し、その後3ヶ月でだいたい通常な精神状態に戻すことができました。

始まったその日から、「これは、絶対やめたほうがいい」と関係から離脱したい旨を話しましたが、相手は「ようやく始まった」といった具合に取り合ってくれませんでした。上司でしたので、主従関係が前提としてあり、怒らせてもいいから逃げるといった考え自体が持ちにくい状態でした。

そこで、関係初日から、とにかく公にしました。信頼できる友人等に言いました(仕事場の人には言いません)。不倫は人に言えないから、ばれるのではないかという切迫感や罪悪感が心にわきます。そして、人に言えないから、そのような感情を共有できるのは不倫相手のみとなり、密室性の高い関係となります。すると、だんだんと不倫相手の言動を鵜呑みにしますし、不倫相手のみを頼るようになります。そこから、ずるずる続くという構図があると思いました。
そこで、不倫相手と話したことやあったことを、とにかく話して、批評して、2人だけの関係にこもらないようにしました。

自分がはまらなければ(目を覚ますことができれば)、あとは、ケースバイケースで関係を切る方向に持っていけると思います。

ただ、どれだけ引いてみていても、関係を終わらせたあとは、少なからずショックがあります。そもそも、尊敬や好意の気持ちがあったから流されて始めたのですから。

私も未練が湧きました。このときも、とにかく人に言いました。カウンセラーをはじめ友人、家族。みなさん、不倫といえば、100%「別れて正解」と言います。別れてよかったのかと思ったときは、彼らの言葉を思い出し、自分が一切の連絡を絶ち終わらせたことを正解と思うようにしました。
と同時に、自分の周りには人がいると思うことで、失恋後のさみしさも和らいできます。自尊心の低下は、男友達に「私って、もてると思うかな。」と聞いて、「あたりまえだよ!」と言ってもらえるだけで、自信が持てます。

すべて世間や他人に軸を置くやり方ではありますが、世間とずれないためのチューニングと思っています。自分の軸は、「不倫はよくない。」という1つであり、それをぶらさないための手段として、公にするというのを選びました。

友人が少ない人は、都道府県の精神的な相談を受けてくださる電話等も利用できます。

不倫は交通事故のようなもので、誰にでも起こりうるし、異常事態ですし、ケアが必要となります。

不倫肯定派の方を非難するために書いたのではなく、現在、不倫をやめたいと思っている方への具体的なアドバイスになればと思いました。

| ちゅらさん | 2012/05/06 07:48 | ≫ EDIT

管理人の方へ

さきほど書き込みをしたものです。
書き忘れがあり、私は女性です。

あと、さきほどのものと同じ内容がありました(^^)
3月16日の分です。
必要なければアップしなくても大丈夫です。

見直しをせずに送信しましたので、
うっかりの固有名詞等がありましたら、適当に
修正をお願いできればと思います。

| ちゅらさん | 2012/05/06 08:01 | ≫ EDIT

ちゅらさん

はじめまして。よろしくお願いします。

早速ですが、頂いたコメントはお悩み中の方の参考になるので
ご紹介させていただきますね。

>3月16日の分です。

ありましたね。でもあれは私が書いたものですから、
今回のように自分で経験し、克服した方の言葉とは説得力がまるで違うと思います。

>そして、人に言えないから、そのような感情を共有できるのは不倫相手のみとなり、密室性の高い関係となります。すると、だんだんと不倫相手の言動を鵜呑みにしますし、不倫相手のみを頼るようになります。

おっしゃる通りですよ。おやじにとっては労せずして相手を手中に収めることができるわけですし、
女性はどんどん離れられなくなってしまいます。

思い切って人に話してしまうというのは有効な解決策だと思います。
ただし相手は慎重に選ぶ必要はありますけどね。
ちゅらさんはそういう相手に恵まれたので、短期間で終わらせることができたんですね。
よかったと思います。

コメントありがとうございました。感謝しています。



| onimaru | 2012/05/06 11:28 |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| - | 2012/10/25 12:02 |

雨蛙さん

はじめまして。よろしくお願いします。

まずはコメント頂きありがとうございます。
私としても、略奪婚の末路ということで、是非とも皆さんにご紹介させていただきたい
コメントではありますが、困ったことに細かい部分でちょっと具体的過ぎまして、
はて、どうしたもんかと考えております。
細かい部分で困るというのは、あんまりないことのようにも思えるので
もしかしたら身に覚えのある方がここを見るなんて可能性がなくもないんです。
その辺をどうクリアするか。
まあ、結果は同じなんですけどね。不倫の果ての結婚なんてそんなもんだと思います。

結果的には略奪婚が成功したかに見えますが、さて本当に幸せなのは誰かってことですね。
誰がどう考えても、
不倫略奪婚を成功させた女よりも、今の雨蛙さんのほうが幸せに感じるのは
私だけではないはずです。

| onimaru | 2012/10/25 21:47 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/796-1022f5cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT