不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

奥さんがいても大事に思ってくれる

不倫経験のある男性からコメントを頂きました。

不倫の正体というか、からくりというか、その辺を的確に表したコメントなのでご紹介させていただきます。


過去に不倫経験のある男です。
恥を承知で投稿します。

不倫には中身は何もありません。
陽のあたらない真っ暗な道を歩いているようなもの。
そしてその先にあるのは誰かの(妻か不倫相手か)との別れ。
嘘と罪悪感で心はドロドロでした。

だから相手には綺麗な言葉を使うんです。
嘘と罪悪感を覆い隠すように。
望むことをしてあげられないから普通の恋愛以上に
言葉で相手に好かれようとする。

”奥さんがいても大事に思ってくれる。”

相手が思っているそれこそが一番の嘘なんです。
大事に思っていたら相手の幸せを願うもの。
不倫の状態で維持する事は相手の幸せを考えていないから。
甘い言葉で騙すんです。

相手から私はお酒のようなもの、ご飯(家庭)はなくてはならないけれどお酒はなくても生きていける・・・と言われたことがあります。
まさに的を得ている言葉です。
制約が多い分会った時の満足感は大きい、だからなかなか離れられない。執着する。泥沼まではまる。

最後は自分から別れを告げました。

自分勝手なことをしたのだから、最後も綺麗には終わらせませんでした。2度と相手には同じことをしてほしくはないです。

遊びと割り切っている人はともかく、ちゃんと恋愛をしたい方は陽のあたる道を歩いてください。

不倫ほど甘い言葉をもらえなくても、行動で示してくれる恋愛のほうがずっと幸せです。

ありがとうございました。
読んで、「私は違う」と思った方もいるかもしれません。

そう思っているうちは、なかなか不倫から抜けきるのは難しいと思います。

大事に思っていたら相手の幸せを願うもの。
不倫の状態で維持する事は相手の幸せを考えていないから。

不倫相手の奥さんよりも大切にされていると、勘違いしている方も多いかもしれないし、一概には言えない部分もあるとは思います。

でも不倫の継続って、結局は今回いただいたコメントのようなことに行き着くと思っています。

男性からのコメントは珍しいです。ありがとうございました。
心から感謝しています。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 20:01 | comments:49 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

続けてコメント失礼します。

すごく納得しました。
不倫中の時は完全に
『奥さんより大事にされてる』
『奥さんより私が一番』
『奥さんより愛されてる』って思い込んでいたし…
そう思い込まないとやっていけない部分もあったと思います。


忙しい合間の、少しの時間でも逢いにきてくれる、やっぱり大事にされてる…
私は必要とされてる…
なんて感じてましたが
勘違いの優越感でした。

必要なのはきっと体だけ、刺激だけ…振り替えると
情けなく、悲しいです。


男性のコメントでより
もう絶対不倫はしない、
あんな苦しい想いは
二度としたくないと思いました。


なんと昨日2ヶ月前に
別れたおやじから
メールが来ました、
『久々メール、まだ君のことを考えるとドキドキします、なんでだろう?』
正直、引きました。

もちろん、無視して拒否
設定にしました!
もう泣くことも、
振り替えることもなく
陽のあたる所で恋したいです♪

| あいり | 2012/05/03 09:08 | ≫ EDIT

こんにちは

男性からのコメントは悲しいぐらい心に突き刺さりました。

彼が時々、すごく悲しそうな辛そうな目をして私の頭を撫でてくれる時があって、
その度にいろいろな感情があふれてきて…

最後は幸せを祈ってくれて、別れは辛かったけど、お互いの為によかったと思いました。

別れるにはきっかけがいります。

私の場合はお互いに罪悪感で押しつぶされそうだったのもありますが、
2人の女性に会ったのが大きかったです。

早くたくさんの人に、普通に幸せになってほしいです。
一方通行の恋愛はとても辛いです…だって本当の愛は一生もらえないですから…

寂しく思うときもありますが、私もまだまだ頑張らなきゃですね(>_<)

| うに | 2012/05/03 12:25 | ≫ EDIT

あいりさん

こんにちわ

>『久々メール、まだ君のことを考えるとドキドキします、なんでだろう?』
>正直、引きました。

よかったですね!(すいません)
と言うのも、ここで気持ちが揺れてしまうことって実は十分あるんです。

終わってから何ヵ月後かに「あわよくば」的な発想で連絡をとりたがる
復縁願望おやじっているみたいなんですよね。

でもそこで揺れずに「どん引き」したってことは
これはもう完全に決別できたというか、おやじが勝手に墓穴を掘って
結果として、あいりさんがいいスタートを切れる準備になったということで
いいんじゃないでしょうか。

>陽のあたる所で恋したいです♪

きっとそうなれますよ。そう願っています。

| onimaru | 2012/05/04 00:47 |

うにさん

こんにちわ

>最後は幸せを祈ってくれて、別れは辛かったけど、お互いの為によかったと思いました。

不倫とは言ってもいろんなケースがあるとは思います。
関係を継続することが、本当に相手のためを思っての事なのか、ってことですね。

以前の件、いかがですか?
焦る必要もありませんが、大切に育てていきたいですね。

| onimaru | 2012/05/04 01:25 |

前々回に紹介いただいたもの(オトコ)です。
(すみませんハンドルネームを忘れてしまったので別の名前にしました)

こちらの男性のコメントにもとても共感してしまいました。
ただ、私の場合は交際9カ月、失恋からはまだちょっとで、まだまだ気持ちが残っている段階で辛い状況ですが。。

>相手から私はお酒のようなもの、ご飯(家庭)はなくてはならないけれどお酒はなくても生きていける・・・と言われたことがあります。

まさに!その通りですねー。

でも、不倫をしているときって、これは不倫でなくて本物の恋愛だと勘違いしてしまうんですよね。

でも、考えてみれば、もしどちらかの配偶者にバレたら、責任を取りきれるのか。

それぞれの家庭を壊してまでも、その恋愛を貫けるのか。

一生、どんな辛いことがあっても思い続けることができるのか。

そう、本心に問いただしてみたとき、答えを出せないのであれば、何か自分を偽っているからだと思います。

あいりさん
>『久々メール、まだ君のことを考えるとドキドキします、なんでだろう?』
>正直、引きました。

自分がこんなバカなことをしないよう、気をつけたいと思います(笑)

| ねむりお | 2012/05/04 03:02 | ≫ EDIT

ねむりおさん

こんにちわ。先日はありがとうございました。
感謝しています。
前回は確か「おぢさん」でコメントを頂いていました。

>ただ、私の場合は交際9カ月、失恋からはまだちょっとで、まだまだ気持ちが残っている段階で辛い状況ですが。。

やはりおやじというものは「耐えてこそナンボ」だと思ってます。
顔で笑って心で泣いて。ってことですね。
相手を思えばこそ、やっぱり関係の継続には否定的にならざるを得ません。
ずーっとこの関係が続くかのような錯覚に陥りがちですけどね。

不倫をやめたからこそ、なんか見えてくるものがきっとあるはずです。
判断と行動、正しいですよ。間違ってないです。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/05/04 23:47 |

こんにちわ。

私は、別れる直前に、急に自分が恥ずかしくなり、今までの苦しみは何だったの?という位にあっさりと、慌てて別れました。
しかし、困ったことに、あっさり身を引いた時のおやじが好きみたいです。
男性からのコメントを拝読し、自分の気持ちが見えました。
私、別れる時は、気持ちなんてどうでも良くなり、とにかく不倫止めたかったんです。
楽になれたんです。
なのに、せっかく脱出したのに、この始末。
今の私は、不倫中と同じです。
不倫と決別するのは、ほんとおやじへの気持ちはあまり関係なく、自分の目指すもの次第な気がしてきました。
ありがとうございます。

| みと | 2012/05/08 06:48 |

みとさん

こんにちわ

>不倫と決別するのは、ほんとおやじへの気持ちはあまり関係なく、自分の目指すもの次第な気がしてきました。

そう思いますよ。せっかく不倫をやめる事が出来たんです。
あまり焦らずに、周りをしっかりと見てくださいね。
不倫中は見失っていたこととか、きっと見えるはずですよ。

| onimaru | 2012/05/08 07:53 |

辛いです

onimaruさん、こんにちは。
ためになる記事をありがとうございます。

私は1年前にW不倫が始まり、元々夫とはうまくいっていなかったこともあり、離婚しました。

相手の方も離婚する予定だったのですが、いざとなると子供に会えなくなるのは何よりも辛いということで、このまま私と一緒になることはできないとのことでした。

彼とのことは私の離婚のきっかけに過ぎず、離婚を後押ししてくれたことには感謝しています。でも私が離婚してからもなかなか進まない彼の方のプロセスにいらいらしたり、どうしても日常すべての注意が彼の方に向いてしまったりしていたので、彼が離婚するにしてもしないにしても、ここで関係を断ち切ることが正しいことなのだろうと信じたいです。
その上で、もし彼が離婚して、そしていろいろ物事が落ち着いて私と一緒になりたいといつか思うようになれば、その時点で二人の関係をまた一から始めたいと思います。

一か月以上たちますが、なかなか食事もとれずとてもつらいです。でも自分にも責任があることだと言うのを肝に銘じて、日々頑張っていきたいです。

聞いてくださってありがとうございました。

| みほぼん | 2012/05/20 23:14 | ≫ EDIT

みほぼんさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>相手の方も離婚する予定だったのですが、いざとなると子供に会えなくなるのは何よりも辛いということで、このまま私と一緒になることはできないとのことでした。

判断が難しいですけどねえ。どうなんでしょうか。
「その時はそう思ったけども」という言い訳のようにも聞こえますが、下司の勘ぐりでしょうか。
子供に会えなくなるというのは、当初から想定できたはずですから。
それに子供に会えなくなってでも、というのは考えにくいという現実があります。

>ここで関係を断ち切ることが正しいことなのだろうと信じたいです。
その上で、もし彼が離婚して、そしていろいろ物事が落ち着いて私と一緒になりたいといつか思うようになれば、その時点で二人の関係をまた一から始めたいと思います。

そうですね。それが賢明なご判断だと思います。
離婚って事情にもよりますが、すごく時間がかかったりするし、
別居したとしても籍は入れたまま、なんてこともありますから。

おっしゃるように今は白紙に戻し、まずはご自身の生活基盤というか
お仕事もあるでしょうから、そちらに全力を注ぐというのがいいと思います。
辛いでしょうけども、今はお仕事に邁進するというのが一番だと思います。
不倫とは違って、きっと何かしらの形になって結果がでるはずだし、
そうなればまた別の道も考えられると思います。

現状では、お相手の存在は、みほぼんさんのスタートを切るにあたっての足かせにしかなっていないようにも感じました。

大変でしょうけども、不確定なものに振り回されずに
まずはご自身の生活の充実を、と思います。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/05/21 00:50 |

ありがとうございます

onimaruさん、ありがとうございます。

やはり、一生子供に会えなくなるというのは、とても彼にとって厳しかったようです。私さえいればいいと言ってくれていましたが、いざそれに直面して、その意味が実感されたようです。

まずは自分の生活の充実を、本当にそう思います。ただ、彼は私のすべてを支えていてくれました。会うことはあまりありませんでしたが、困った時にはいつもメールなどで相談に乗ってくれて、アドバイスしてくれて、そしてつらい時には慰めてくれました。それなしで、これからどうやって生活を成り立たせていけばいいのか…自分がこんなに弱い人間だとは思いませんでした。
将来の二人の生活もよく語り合いました。今から思えばそれを励みにして今のつらい生活を乗り切ろうと頑張っていたのだと思います。

まずは自分をしっかり立て直したいと思います。明るく元気に笑顔で。どうしても、自分を限界まで落ち込ませないといけないような気がして「死んだ方がいいんだ」などとくよくよ考えてしまいますが、少なくとも今は、そこまで考えずに目の前のことに邁進した方がいいですよね?

| みほぼん | 2012/05/22 06:05 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

>やはり、一生子供に会えなくなるというのは、とても彼にとって厳しかったようです。

仮に離婚したとしても、定期的に会うとかそういうことは可能なはずでして、
一生というのが、ちょっとわかりませんでした。
もしそれが事実であれば、耐えられるものではありません。

今は難しいところですね。
考えようによっては、そういった生活面でのサポート的なことを受けつつ、
という考えもないことはないんです。ソフトランディングってことで。
でもそれだと結局はいつまでも依存してしまうような気もするんですね。

今が独り立ちのいいチャンスのようにも思えます。

| onimaru | 2012/05/22 19:57 |

ありがとうございます

onimaruさん、ご返信有難うございます。

いろいろ考えていました。私と似た状況にある方のコメントも読ませて頂きました。
今私がこんなにしんどいのは、彼から何をしてもらうかを考えているからですね。あれだけ約束したのに、どうして一緒になれないの、と。でも、今彼になにができるか、それは子供と引き裂かれることを何よりも辛いと考える彼の気持ちを最優先することですね。
彼には大変なところを救ってもらったので、やはり感謝の気持ちで送り出したいです。彼には幸せになって欲しい。

また、独り立ちのチャンス、その通りだと思います。結局はいつも、人に「大丈夫だよ」と言ってもらって、なんとか生活を成り立たせてきたのだと思います。元夫と別れるときも、彼の支えがあったから、強くいられました。でも今大丈夫だよと言ってくれる人がいなくなって、今こそ本当に自分で自分を肯定しながら生きなくてはならないのだなと身がすくむ思いです。でも安易に誰かに頼ることはせず、自分としっかり向き合いたいと思います。思えば昔から自分と向き合うのが怖くて、逃げて逃げて、ここまで来てしまったような気がします。

またこちらに寄せていただくと思います。いつもいつも、onimaruさんや、そのほかの方々のコメントに励まされています。ありがとうございます。

| みほぼん | 2012/05/28 05:54 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ。

>でも安易に誰かに頼ることはせず、自分としっかり向き合いたいと思います。

お友達とか、ご両親とか、可能であれば頼ってもいいと思います。
ご事情はわかりませんが、頼る対象が不倫相手だったというところで
問題がややこしくなってしまいました。

お一人でしんどい時は、人を頼りにしていいと思ってます。
それにうまく言えませんが、みほぽんさんのコメントには
前を向こうとする意思が感じられるので、きっと
うまくいくような感じでもあります。

約束したわけですから、本来であれば、もうめちゃくちゃ責めまくってもいいわけですね。
しかも非常に重大な約束を、彼は反古にしたんです。

ここをチャンスと考えられなくもないです。
見切りをつける、と言っては失礼ですが、多分相手は待っていたところで
動けません。約束をたてにいくら責めても状況は変わらないでしょう。

今の相手との未来を白紙に戻す事で、きっと先が見えてくるように思えます。
多分ご自身でもそうお感じになっているようにもお見受けします。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/05/29 02:41 |

みほぼんさんへ

横から失礼します。
私は男で、9か月のW不倫経験があったものです。私の場合は結局、お互い離婚もせず別れ、今は会うことも連絡をとりあうことも無くなりました。

みほぼんさんの辛いな状況、想像以上のものかと思います。

元彼さんは、みほぼんさんが本当に辛い時期を支えてくれていたのだとは思います。

しかし、やはり今は元彼を忘れ、何とか他に打ち込むことに集中したほうがいいと思います。それはみほぼんさんのこれからの人生にとって(元彼さんとの関係がこれからどうなるにせよ)プラスになるはずですから。

もっとも大変な時期を支えてくれた元彼さんとの思い出は、決して嫌なものではないはずです。いまみほぼんさんは元彼さんに悪い感情は抱いていないかと思いますから、これからさらにすがるよりは、人生という旅の途中で出会ったいい人ということで思い出にとどめることはできませんか?

みほぼんさんよりはるかに辛くない立場からの物言いで大変申し訳ないんですが。

私自身も、まだまだ辛い気持ちは残っており、みほぼんさんとお互い何とか頑張ろうじゃないかと思い書かせて頂いた次第です。

| ねむりお | 2012/05/30 02:51 | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/05/30 06:08 |

皆様ありがとうございます

onimaruさん、再びのコメント、ありがとうございます。
確かに彼は約束を破ったのですが、あまり(少しは思いましたが)彼を責めようと言う気持ちにはなりませんでした。彼の、子供と家族に対する自責の念と辛い思いがひしひしと伝わってきて、私までとても辛くなるほどでしたので、私との関係のことでとても責めることはできませんでした。私自身としても彼の子供と、彼の奥さんに対する申し訳ない気持ちが大きく、小さい子供連れの女性を見ると心が痛みます。

ただ、未来を白紙にすることは、やはり恐ろしいです。今接触がないのは我慢できますが、どこか将来一緒になれるというあてのない希望を捨てることができません。待ってほしいとも言われていないのですけども。

人を頼るのも、どこまで頼っていいのか、境目がわからず不安です。結局頼る相手が恋人から友人や家族に変わるだけなのではないか、自分の精神構造は変わらないのではないかと恐れています。

そしてねむりおさん、ご自分がまだ辛い中で見知らぬ私に優しい言葉をかけてくださり、ありがとうございます。いつもコメント拝見していました。だんだん辛い気持ちは薄れてきていらっしゃいますか?こういう立場の先輩として、よろしければ伺いたいです。私は少しずつましにはなり、食事も少しずつとれてはいますが、やはり波があり、仕事の関係で彼と接触するような機会があると心が乱れることもあります。
すがるつもりはないし、彼の中ではもう結論が出ているのですがる意味もないのですが、あてのない希望を持ち続けることも、やはりすがっていることになるのでしょうか…。

| みほぼん | 2012/05/30 21:31 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

>結局頼る相手が恋人から友人や家族に変わるだけなのではないか、自分の精神構造は変わらないのではないかと恐れています。

そんなことはないです。ケアってすごく大切だと思います。
頼るというよりも、一緒に考えるというか、共に歩むというか。
お友達やご家族は、根本的に不倫相手とは違います。
頼っていい相手なんです。

無理な頑張り過ぎとか、焦りは禁物ですよ。

| onimaru | 2012/05/31 01:29 |

みほぼんさんへ

>すがるつもりはないし、彼の中ではもう結論が出ているのですがる意味もないのですが、あてのない希望を持ち続けることも、やはりすがっていることになるのでしょうか…。

相手の方を好きな気持ちを無理に押し殺すことはないと思います。
人を好きになるのは、自由ですから。

ただ、できれば物理的に離れていると、はじめは辛く、波もあるかと思いますが、時間が経つにつれて段々と楽にはなっていくかなと思いますよ。

自分の頼りない経験からしか言えませんが、私は彼女とは仕事も異なるので、別れた後会う機会もなくなりました。始めは大変辛かったのですが、時間が経つとだんだんと気持ちも落ち着き、付き合っていたことを冷静に考えられるようになりました。

あと、onimaruさんも言われていますが、頼れる人にはどんどん頼ってしまってもいいと思います。不倫のことでなくても、誰かと話して楽になる部分もありますし。

| ねむりお | 2012/05/31 08:35 | ≫ EDIT

皆様ありがとうございます

onimaruさん、ねむりおさん、ありがとうございました。

親にも友達にも話しました。親は、「私がいま辛いと言う気持ちは、自分しか考えていないからだ。相手のことも考えたら、離れることが一番。辛いのはわかるけども、物事は絶対に良い方に進んでいるから、大丈夫」と言ってくれました。正直、親とは子供のころからあまり腹を割って話したことがなかったのですが、今回のことで親との距離がかなり縮まりました。友達も、私なんかにはもったいないぐらい一生懸命私のことを考えてくれて、一緒に前に進もうとしてくれています。彼女も既婚者だから、私のことを軽蔑してもおかしくないのに…

親や友達と話しているとき、仕事に集中しているときは大丈夫なのですが、ふっと心の隙間ができると、「彼は私を選ばなかった」ということがひしひしと心に沁み込んできます。離婚のプロセスもその後の困難も、彼の言葉を支えにすべて乗り越えてきました。結婚生活で傷ついた自尊心も、彼の「あなたは強い女性だから、本当は何でも自分でできる人だ」という言葉で、ここまで回復することができていました。一緒になると言う約束は果たせなくても、彼が励ましてくれて私にかけてくれた言葉は、人間同士の言葉として、信じていたい…でもこれも私の勝手な都合ですよね。結局は自分のことばかり考えてしまっています。

彼の幸せを考えると、ここで私と離れて彼が家族と向き合うのが一番いいのは自明です。やっぱり好きな気持ち、彼を尊敬する気持ちはなくすことはできませんが、彼の幸せ、そして私の幸せのためにも、ここで強く踏ん張らなくてはならないのだなと思います。

今は業務上必要な事務的なメールをするのみですが、それもやはり落ち込みの種になったりもします…でもきっと、時間がたてばこの辛さも薄らいできますよね。辛い時はこちらのサイトにお邪魔して、onimaruさんの記事や皆さんのコメントを読むことで自分を奮い立たせます。いつもとても助けられています。ありがとうございます。

| みほぼん | 2012/06/01 06:08 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

>彼が励ましてくれて私にかけてくれた言葉は、人間同士の言葉として、信じていたい…でもこれも私の勝手な都合ですよね。結局は自分のことばかり考えてしまっています。

自分の都合のいいように解釈しておく、というのがいいですよ。
そう思う事が、みほぼんさんにとってリアリティがあるのであれば、そのほうがずっとイイです。
感謝の気持ちがあるのであれば、そこは否定する必要はないので、
そのまんまでいいと思います。

| onimaru | 2012/06/02 00:51 |

みほぼんさんへ

>やっぱり好きな気持ち、彼を尊敬する気持ちはなくすことはできませんが、彼の幸せ、そして私の幸せのためにも、ここで強く踏ん張らなくてはならないのだなと思います。

尊敬する気持ちは、持っていてもいいと思いますよ。私からみれば、お互い尊敬する気持ちがあるのは、ある意味羨ましいくらいです。


>今は業務上必要な事務的なメールをするのみですが、それもやはり落ち込みの種になったりもします…でもきっと、時間がたてばこの辛さも薄らいできますよね。

別の方へのメッセージにも書きましたが、時間が経つと相手への見方も変わっていくと思います。過去の恋愛経験を考えてみても、昔どんなに好きだった人でも、いま相手に同じ感情を持っているわけではないですよね。

それから、業務上のやりとりも出来る限り避けていたほうがいいと思います。相手との接点が欲しい気持ちが残っているのならなおさらです。そうやって、物理的に離れることで、心も少しずつ離れていくのだと思います。

人間、結構強いように出来ていて、どんなに好きな相手と別れても、時が経つと割合慣れてくるというか、自立できるようにつくられていると、私は思いますし、自分にもそう言い聞かせています。

そしてそうやって冷静になると、不倫していた頃を客観的に見ることができるようになるかと思います。

もしかしたら、冷静に考えると元彼さんの言っていたことが全て正しいとも思えないという感情も生まれるかもしれませんが、むしろそのほうがみほぼんさんにも好都合なはず。

信頼できる相談相手、打ち込めること、それから時間。これらのどれかが、きっと解決してくれますよ。


| ねむりお | 2012/06/02 03:13 | ≫ EDIT

凹み中です・・・

onimaruさん、ねむりおさん、本当にありがとうございます。

仕事に家庭のことに、頑張っていたのですが、ここに来て急に落ち込んできています。精神科でもらった薬をちょっと多めに飲んでいます。

彼が言ってくれていたことは本当だったんだ、と思うと、あんなに信じあっていたのに、そんな最高の相手と私は一緒になれないんだと自暴自棄になりそうです。そういう波なんでしょうか・・・みな別れた時はそう思うのでしょうか。私たちの場合、彼は初めから離婚を口に出していたこともあり、彼は特別、と思う気持ちが強いのかもしれません。

ただ、今までの私たちの関係はやはりお互いにもお互いの家族にも不誠実なものだったし、終わったのはよかったと思います。でも、最後になってその自分の甘さに気付いてしっかり向き合おうとしている彼のことを、さらに好きになっている自分もいるのです。こんな風に相手への見方が変わってしまっては、なかなか思い切れませんね・・・

相談相手、打ち込むこと、はあるので、あとは時間ですよね・・・これも、そういうことをしてしまった自分への罰だと思って、耐えていくしかないですね。

弱音コメントでごめんなさい。また復活できるように、少し沈んでいます。

| みほぼん | 2012/06/02 10:53 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

>彼が言ってくれていたことは本当だったんだ、と思うと、あんなに信じあっていたのに、そんな最高の相手と私は一緒になれないんだと自暴自棄になりそうです。

どうですかね。
大変に失礼とは思いますが、あえて申し上げますが
スタートの時点で「不倫」ですよね。
なのでそれが「最高の相手」というか、「運命」とかと考えてしまうのは
ご自身の今後の可能性を潰してしまうだけのように思います。

>私たちの場合、彼は初めから離婚を口に出していたこともあり、彼は特別、と思う気持ちが強いのかもしれません。

いい大人ですから、結果がすべてなんです。結果においてお相手はどうでしたか?
「彼は特別」と思いたいお気持ちもわからなくはないんです。
でも、残念ながらちっとも特別じゃあないんです。
特別という意識を捨てない限りは、前に進むのは難しいかと思います。

離婚できなかった。のではないんです。離婚しなかったんです。
前にも申し上げましたが、子供のことは最初っから想定できたはずなんですね。

本当に申し訳ないんですが、お相手に対しては
「子供もいる親として、それはどうなの?」という印象しか持てないんですね。

これからもっと出会いだってあるはずです。
どうか、その可能性を自ら潰してしまうようなことは避けていただきたいと願っています。






| onimaru | 2012/06/02 23:13 |

みほぼんさんへ

なかなか、落ち込みの波が消えないみたいで大変ですね。心中、本当にお察しします。

あまり自分を責めることはしなくていいとは思います。二人で信じあっていた頃のことは、お互い本気だったと思います。人を信じられるということは、それだけで素晴らしいことだと思います。

私もW不倫でしたが、その時は相手の方と本気で信じあっていました。しかし彼女は、やはり夫を愛していると家族の元に戻っていきました。結構酷いことも言われました。そのときは私も信じあった頃のことを思い絶望的な気持ちになりましたが、だんだん、あの頃の彼女と愛し合えたのだから、そのときは自分も随分と救われたのだから、それだけでいいじゃないかと思うようになりました。


不倫は、いい結末にいくことの可能性はほんの僅かなんですよね。W不倫ならなおさら。その僅かな可能性も、本当に一瞬のタイミングで、その難しさは普通の恋愛より遥かに難しい。

私の好きな作家の島本里生さんが
「だれかを救いたいと思うこと。その相手の手を放すか、それとも掴むかの一瞬の違いが恋愛の残酷さでもある」
と書いています。これは一般の恋愛について書かれたものですが、不倫となるとその一瞬はさらに狭まります。しかもいい結末だって、お互いの家族を犠牲にするという大きな痛みを伴います。

元彼さんは、その手を放し、家族のもとに行ってしまったわけです。みほぼんさんの状況も分かっていると思います。そこに、元彼さんの限界があったかと思います。みほぼんさんを一番に考えた頃もあったかと思いますが、やはりどうしてもそうならなかったわけです。

みほぼんさんには、時間をかけうまく元彼さんへの気持ちをそらしていき、自立していくことを望まずにはいられません。

ネット越しに拝見するだけなので、みほぼんさんの気持ちを全て汲んでいるかどうか不安です。どうか、良い方向に向かうことをお祈りしております。

| ねむりお | 2012/06/03 03:26 | ≫ EDIT

少し浮上

onimaruさん、ねむりおさん、いつも本当にありがとうございます。

始まりの時点で不倫であり、結果も出さなかった、その通りです。甘いのですが、私はそう言ってほしかったのだと思います。ありがとうございます。彼のことを客観的にみられる人に、彼の限界、私の限界、私たちの限界について、はっきりと言ってほしかった。どうしても私一人で考えていると「あんなに楽しかった」「あんなにやさしかった」ということばかりに目が向いて、彼を全肯定してしまいがちです。

だけど、限界があって、条件付きの恋だった、ということですよね。それでも、信じあっていた頃のことは本気だったと言ってくださって、救われる自分もいます。

過去のことは否定せずに、でも彼との未来がないことはしっかり自覚しなければいけませんね。

出会いがあるのかどうか、もう本当に自信がありません。星の数ほどいる男性の中から、バツイチアラフォーの私をいいと言ってくれて、なおかつ私の家族も大事にしようと思ってくれる人などもう二度と現れないような気もしてしまいます。でも、仮になくても、愛する家族と大事な仕事を少しずつ頑張りたいとも思います。

見も知らない私に、いつもこのような丁寧で愛のあるコメントをいただいているだけでも、頑張って生きていこうという原動力になります。
いつかこのトンネルから抜け出せたら、私も悩める女性の力になりたいと思います。

| みほぼん | 2012/06/03 06:07 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

今後、出会いがあるのかどうかは本当にもうみほぼんさん次第だという気がします。
このブログでのコメントのやりとりを見ていて涙が止まらないという方がいらっしゃったんです。
「若い方には未来があるけども、私にはもう」
といったことなんですが、数ヶ月後には、すべてを受け入れてくれるパートナーとの出会いがありました。

焦らないことが肝心だという気もしますし、出会いって結果だと思うんですよね。
探すようなものでもなくて、「落ちる」と言いますか。
意識しすぎると、あまりいい結果には結びつかないと思います。きっとそういうことを
意識しなくなった時になんかこう、巡り合わせ的なことがあるのかなあ、と言ったところです。

難しいですけどね。まずはご自身の生活の充実を、と思います。
そこがあってこその出会いといいますか。

余計な話で申し訳ないんですが、
私は結婚式で定番の「幸せになります」ってのが好きじゃないんです。
おかしくね?って思うんですねえ。
結婚によって救われるのであれば、また結婚によって不幸にもなりえる可能性だってあることになります。

幸せな生活を送る二人がさらに、幸せになるってのならわかりますが。
不幸を救うのは異性じゃなくて、やっぱり自分自身だと思うんです。

相手、いろんなことをサポートしたようですが、
不倫は不倫でしかないわけですね。

100歩譲って、離婚が成立したとしましょう。
その先にみほぼんさんと相手との幸せがあるのかと言えば
残念ながら、少なくとも私は否定的な考えにならざるを得ません。
相手の家族が不幸に陥ってますから。
相手の家庭を壊す事によって、得る幸せってのはやっぱり不倫と同じで
後ろめたいものであり、心からの笑顔がそこにあるかというと、ないのではと思います。

http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-562.html


| onimaru | 2012/06/03 19:33 |

ありがとうございます

onimaruさん、何度もコメント本当にありがとうございます。

不幸な結婚を脱出するのを相手にサポートしてもらったという気持ちが大きいので、やはり彼を特別視してしまいます。そして彼が、離れると決めた後、本当に見事にまったく連絡をしてこないので、逆になかなか心の整理がつかないのかもしれません。

でも不幸を救うのは自分自身、そうですよね。彼には精神面でいろいろ助けてもらったけれど、不幸な結婚をしていた自分を最終的には自分の力で救ったんだと自分を認めたいと思います。私の場合、離婚したことで本当に精神的に落ち着きましたし、弁護士さんも友達も精神科の先生も離婚できたのは私のためにも家族のためにも本当によかったと言ってくれます。幸い、彼以外にも助けてくれる人はたくさんいるので(今回のことでそれに気づきました、本当にありがたいです)、本当は頼るべき相手でなかった彼にはもう頼ることなく(頼りようもないのですが)、毎日強く優しく生きていきたいです。彼への感謝は一生忘れることは無いとは思いますが。

ただ、もし、彼が今回家族との関係を見直して、離婚することが彼らの家族の形として一番いいのだと言う結論になった場合(絶対的に合わない、一緒にいてはいけない相手がいるのだということを私は自分の結婚で知りました)、遠い未来にもしかして再会できたら、お互いの痛みを赦しあいながら一緒にいるということもあるのかなぁ、と思うことで、今は少し心の痛みを麻痺させているところもあります。でも絶対にそうなってほしいと思っているわけではなく、相手のことも、新しい出会いのことも、流れに任せようと思います。

以前にも、まずは自分の生活の充実を、と言っていただきましたね。その言葉を忘れないようにしながら、行きつ戻りつになりますが、這いながらでも前に進みたいです。ありがとうございます。

| みほぼん | 2012/06/04 05:35 | ≫ EDIT

気持ちの変化

連続コメント、申し訳ありません。

朝にコメントを入れさせて頂いてから、他の方のコメントを読ませていただき、そして友達ともメールして、ふと、彼は私を守ることよりも自分を守ることをとったんだなということがすとんと胸に落ちてきました。

彼のこと、今日まで本当に特別視してきました。実際相性は良かったと思いますが、でも始まりが始まりであること、そして最後は私を選ばなかったことを考えると、もしかしてそうじゃないのかも?とふと思いました。

「特別視をやめないと乗り越えられない」、納得です。彼も本当は決してスーパーマンではなく、家族との関係に悩みながらも私を支えようと頑張ってくれていた一人の男性なのですね。無理をさせていたんだと思います。なのに理想だ理想だと自分も相手も追い込んでいました。

人間関係に理想などない、大切なのは相手と分かり合うための努力。私はその努力を放棄して、最高の相手だと思った彼に、連絡はまったくとっていないにせよ、気持ちの上で縋り付こうとしていました。彼のことは、自分の気持ちから手放す努力をしたいと思います。

独り言、すいません。自分への応援でもあるので、敢えて書かせて頂きました。onimaruさん、こういう場を与えて頂いて、ありがとうございます。

| みほぼん | 2012/06/04 20:23 | ≫ EDIT

みほぼんさん

こんにちわ

>彼は私を守ることよりも自分を守ることをとったんだなということがすとんと胸に落ちてきました。

そうですよ。周りがいくら何を言ったところで効果はありません。
ご自身が気がつくのが一番です。
みほぼんさんのことを本当に大切に想うのであれば、当初の計画を実行しているはずです。

何度も同じ事で申し訳ないんですが、安易な離婚発言をする男というのは
私どうしても信用ならないんですね。
確かにその時はそう思ったのかもしれませんが、それではあまりにも人の親としての思慮が足りません。

>そして最後は私を選ばなかったことを考えると、もしかしてそうじゃないのかも?とふと思いました。

大切なのは自分。そして家族です。残念ですが。

>彼のことは、自分の気持ちから手放す努力をしたいと思います。

その先に幸せがあると私は思っています。
いつまでもこだわる必要はありません。
こだわっていると、幸せが遠のいてしまうように感じます。

いいスタートが切れることを願っています。



| onimaru | 2012/06/05 00:06 |

みほぼんさんへ

いろいろあった末、いい方向に気持ちを持って行けているようで、とても安心しました。

いま、元彼さんのほうへの気持ちをそらし、新たな人生へ踏み出すことが本当にみほぼんさんにとって一番です。

そして、自分を否定することまではしなくても、元彼さんとの関係は、できれば今後の復縁の可能性も含めてきっぱりといったん心の整理をしていただいたほうがいいと思います。

私事で恐縮ですが、私の場合は別れ際に彼女に執着してしまい、結果、相手の汚い部分がよく分かりました。そして、自分も、汚い部分があったんだなと思い知らされました。そして、改めて自分の家族を見て、何も知らないで日々頑張っている妻や子がとても健気に見えて、本当に申し訳ない気持ちでいます。

私は、不倫中にこのサイトに出会う幸運に恵まれませんでした。もっと早くにここを知っていればと本当に悔やまれます。みほぼんさん、あなたは本当にこのサイトに巡り合って幸運です。onimaruさんもそうだと思いますが、愛を持って応援する気持ちです。是非、立ち直っていただければと思います。


| ねむりお | 2012/06/05 02:23 | ≫ EDIT

ありがとうございます

onimaruさん、ねむりおさん、ありがとうございます。
コメントをいただいて、本当にありがたくて涙が出てきました。

彼を理想化することをやめても、まだ時々「あの時ああしていればうまくいっていたのかな」などと思うときもあります。でも、やっぱり、うまくいくはずのない関係ですね。なんとか小波を乗り越えていきたいです。

onimaruさん、本当にこだわりと意地が最後に残った気がします。でもそんなものは持っていても私のためにならないものですね。

ねむりおさん、私も自分の汚い部分、よく見えました。本当に自分のことしか見えていませんでした。でも、今になって、彼のことを少し責めたい気持ちも出て来たり・・・だけど連絡はとりません。

お二人への、そしてこのサイトにコメントを残されている同士の恩返しのためにも、前を向いて自分の力で幸せを掴みに行きます。

| みほぼん | 2012/06/06 23:55 | ≫ EDIT

みほぼんさんへ

みほぼんさん、お返事をありがとうございます。

私自身、こうやってコメントを書いて、自分の気持ちを持ちこたえ、耐えしのいでいるところです。おやじのくせに、済みません。

元彼さんとの過去のやりとりの後悔、責める気持ちも、とてもよく分かります。

但し、1つ言えることがあって、あの時に自分を支えてくれた
彼は、いまの彼ではないということです。
極端を言えば、もう死別してしまったと考えてもいいかも知れません。
死別してしまった恋人は、幾ら望んでも帰ってきませんよね。
同じことで、あの時の彼は、いま家族のもとにいる彼とは違う人だということです。

ここを切り離してしまえば、みほぼんさんが、付き合っていた頃の元彼さんを尊敬する気持ち、感謝する気持ちを持っていても、構わないと思います。愛する気持ちは、少しずつ離れていけるかと思います。

それから、お互いの幸せを願うことでしょうか。

元彼さんを幸せにするのは、残念ながら自分ではなかったわけですが、それでも好きな人に幸せになって欲しいというのが、究極の相手への気遣い、思いやりだと思います。

こういうのは、不倫ではあまり想定しにくく、通常の恋愛の別れでやるべきことなのでしょうければ、私自身、不倫であってもお互い思いやる気持ちがあってもいいとは考えています。

いつかみほぼんさんが本当の幸せを掴んだときに、いままで付き合ってきた元彼さんとの出会い、愛し合ったこと、別れたこと、さらには後悔を含めて、良い思い出であり成長のためのステップであったと思えるようになる日が来ることを望んで止みません。




| ねむりお | 2012/06/08 08:17 | ≫ EDIT

目から鱗です

ねむりおさん、本当にありがとうございます。

いえいえ、謝らないでください。本当にいつもありがたいと思っています。そうおっしゃるなら、私だっておばさんです(笑)

支えてくれた彼と今の彼は違う。目から鱗でした。

本当に彼の言葉で私は変わったし、自分に自信がもてるようになりました。それは紛れもない事実です。だからこそ、彼の幻影にしがみついてしまうときもあります。だけど最後の彼は、私に気配りする余裕もないようでした。それだけ家族のことが本当は大事だったのですね。申し訳ない気持ちになります。

そうは言っても、相手が奥さんと再構築しているのかと思うと苦しい気持ちもありますが…でも幸せになってほしいという気持ちもあり、狭間でまだまだ苦しんでいます。

こうやってonimaruさんの場所をお借りして申し訳ないのですが、行きつ戻りつ(最近少し戻りつが多いのですが…)、自分も、人も、本当に幸せにできるようになりたいと思います。

| みほぼん | 2012/06/09 08:04 | ≫ EDIT

みほぼんさんへ、そして、W不倫について

お返事をありがとうございます。

私自身、9か月のW不倫でした。お互い同じ年齢(30代後半です、仕事は別々。)だったこともあり、共犯意識みたいなものがあり、いつかお互い離婚して一緒になろうなどと、盛り上がったものです。

しかし彼女のほうから、これは未来に続く幸せにつながらないと、見切ったわけです。お互いに思い遣っていた関係も、一度歯車が狂うと、彼女にとって私の優先度はどんどん下がり、態度もあからさまに変わるようになりました。でも、考えてもみれば、彼女の態度のほうが賢明です。

みほぼんさん、きっと、元彼さんと一緒だった頃をどうしょうもなく思い出してしまうのだと思います。私も未だに、未練がましく思い出すことはあります。

一緒だった時は、幻影でもないとも思います。そのときは、本当にお互い本気だったのだと思います。

ただ、今、下手に元彼さんに期待してしまい、連絡を取るようなことをしてしまうと、変わった姿に幻滅してしまうことにもなりかねません。

私みたいに、幻滅して終わりにするやり方もありますが(笑)、そのショックは計り知れないので、せっかく今、別々の道を歩む決心だったのですから、ここは何とか耐えてもらえればと思います。


| ねむりお | 2012/06/09 11:09 | ≫ EDIT

ねむりおさんへ

たびたびのお返事、本当にありがとうございます。

元彼女さんの態度が変わっていったとき、さぞお辛かったでしょうね。私も、彼の興味というか関心事の一番が明らかに私ではなくなっていく過程をまざまざと見た気がします。あの時の絶望感といったら・・・

若い女性がオヤジに玩ばれた、というのではなく、リスクもいずれ来るであろう辛さもお互い(ある程度)承知の上で始めた関係でしたので、「あのオヤジのせいでひどい目にあった!今度はもっと楽しい恋を!」という前の向き方は、私の場合は違うなと思います。やっぱり、ねむりおさんのように、その時はお互い本気ではあったけど、やはりいろいろなものを捨てることは彼は出来なかったのだなと思う方がすとんと来る感じがします。それができなかった彼を不誠実と呼ぶのかどうかは、わかりませんが。

実は先日、ちょっと電話をしてみたいという誘惑に駆られましたが、onimaruさんやねむりおさんのコメントを思い出して、ここで連絡しても何もいいことは無い、自分が傷つくだけだ、と思いとどまりました。ありがとうございます!

私は今回のことでいろいろなものを捨てましたが、でも今、時々襲ってくる彼への思いを除けば、生きてきた中で一番すっきりした気持ちです。

| みほぼん | 2012/06/09 18:48 | ≫ EDIT

みほぼんさん

やはり連絡したい誘惑があったんですね。何となくそうじゃないかと思っていました。でも、連絡しても、
・彼が思いのほか優しかった → 彼への思いが一層強くなる
・彼が冷たかった → 凄いショックを受ける
ということで、どちらにしても、あまり良い方向に行くとは思いません。

長い期間で考えた場合(お互いの境遇が変わった場合など)はまた別なのでしょうけど、それはそれで、今考えるときではないかと思います。

不誠実かということですが、正直なところ、元彼さんには不誠実があったことは否めないとは思います。自分への自戒の意味も込めて。夢を語ることはできても、これからどうするのか、道筋を示すことができなかったわけですから。男も結構ずるいところがあるので、はっきりした答えを求められると、逃げるか、はぐらかすか、そういう面もあったのかも知れません。

あまり知らないのに適当なことを言って申し訳ありません。

どうも、みほぼんさんとお互い慰め合っているような気がします(笑)。お互い失恋から間もないこともあって、少し相手を美化しすぎているかも知れませんね・・・


| ねむりお | 2012/06/10 13:31 | ≫ EDIT

ねむりおさん

ねむりおさん、ありがとうございます。

例に出してくださった二択、あまりにも的確ですね。本当に、いいことが起こりえないですよね、今連絡しても。この二択、心に留めておきます。ありがとうございます。

彼はそういう関係になってからはずっと一貫して離婚すると言っていたので、まったくそれを疑ったことはありませんでした。でも思えばそれも彼の「夢」だったのでしょうか。奥さんと少しずつ話し合いはしていたようでしたが、いざ決定的になると、家族を失うことに直面して、とてもできないと思ったのかもしれません。一年間ずっと信じていたものがあっけなくひっくり返ったので、なかなか適応できないのだと思います。

慰めあい、励ましあいましょう!(笑)onimaruさんの場所をお借りして申し訳ないのですが・・・同じ境遇の方ってそれほど多くないのでしょうかね。ほかのコメントで何人か拝見しましたが・・・

美化もよくないけれど、貶して嫌いになると言うのも極端な気がしますし・・・難しいですね。相手を思う気持ち、でも相手の悪いところも認める気持ち、この二つがうまくバランスがとれていれば、だんだん相手とも上手に距離がとれてくるのかもしれません。どちらかが突出しているとなかなか難しいのかも・・・私の場合は、いっそもう少し悪人になってくれれば思いきれるのに、と感じたりもします。でもねむりおさんはとても辛かったのでしょうね。ねむりおさんの気持ちに踏み込み過ぎていたらごめんなさい。

| みほぼん | 2012/06/11 06:46 | ≫ EDIT

結局別れは

私は酷い別れ方をしましたけど、そういう立場からは、もう少しお互いを想って別れたかったなという後悔はあります。ただ、結局別れは別れで、良い別れ、酷い別れ、いずれにしても後悔はあるという意味では同じだと思います。

私自身は、いっときでも愛し合えたことは決して悪いことばかりではなかったんですが、不倫そのものに入っていくべきでなかったという後悔のほうが強いです。いい人間関係を築けたかもしれない繋がりが、いったん深くなってしまったことで壊れてしまったのですから・・ 

まして、誰にも相談できない、家族にも隠さなければならない、そういった関係というのは、やっぱりどこかで破綻していたと思います。

みほぼんさんの場合は、もう少しで本当に結ばれたのではという思いがあるのかもしれませんが、きっと運命の人はもっと全うなところから現れると思いますよ。

| ねむりお | 2012/06/12 08:36 | ≫ EDIT

お返事ありがとうございます

そうですね、どちらにしてもこの後悔とはつきあっていかなくてはならないですね・・・どういう別れにしても、それを乗り越えるしかないのですね。

良い友人関係に戻れたらな、とも思うのですが、今回の彼の対応に少し不信感も出てきていて・・・勝手ですね。

そうなんです、まさに「もう少しで結ばれる」と思っていたので・・・でも強く、まっとうに生きてこそ、運命の相手が現れてくるんでしょうね。

余計なことを考えそうになったらとにかく仕事に集中して、とりあえずちゃんと生きていこうと思います。ありがとうございます。

| みほぼん | 2012/06/13 06:17 | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/06/14 02:32 |

鍵コメントさん

他の方あてのコメントのようですが
鍵でいただくと、私しか見ることができないので
再度、公開でいただければと思います。
お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

| onimaru | 2012/06/14 08:51 |

すみません

すみません、鍵付きでコメントしたのは何を隠そう私です(笑)。単に、間違えただけです。

私からは、他の方へのコメントというより、他にも同じ境遇の方がたくさんいるようなので、皆さん頑張りましょうという趣旨のことを申し上げました。もしよろしければ、メッセージもいただければと思います。

みほぼんさんも、日々、元彼さんへの想いが行ったり来たりで辛いようですが、冷静になって分かることもあるかと思いますので、もうちょっと辛抱してみてくださいね。仕事があるのはいいですね。元彼さんと連絡せざるを得ない状況がちょっと辛そうですが。

私の個人的な経験からは、彼女と一切会うこともなくなって、やっと冷静さを取り戻したというか、まだ取り戻しているまではいかず、彼女を良く思ったり悪く思ったり、いろんな思いが行きつ戻りつというところですが、少なくともその揺らぎは治まる方向に行っています。





| ねむりお | 2012/06/15 02:33 | ≫ EDIT

ありがとうございます

ねむりおさん、再びありがとうございます。

そうですね、皆さんがんばりましょう!onimaruさんによると、オヤジは耐えてナンボとのことですが、オバサンも耐えてナンボですものね!

私も揺らぎはちょっとずつちょっとずつ収まっているような気がします。一点に収束する日を信じて日々暮らすことも大事ですね。今日も大丈夫だった、明日もきっと大丈夫、と毎日辛抱を積み重ねていきたいです。

本当に、ありがとうございました。

| みほぼん | 2012/06/16 06:00 | ≫ EDIT

ありがとうございます。

そうですか、だんだん落ち着かれているようで良かったです。まあ、毎日のようにお返事をいただいているので(笑)、そんなに急に良くなるわけではないでしょうけれど。


私は、不倫自体は後悔ばかりですが、自分を見つめ直すきっかけにはなったとは思っています。しかし、いったい何だったんだろう、これは試練なのか運命なのかという意味では、自分でも整理できないでいるところです。

恋愛は出会い愛し合い別れて、そのなかでもちろん後悔もあるのですが、人間として成長する部分もあります。

でも不倫は、負の部分が大きくて、不倫中は不倫とさえ考えないようにしていた気がします。それに、別れても別れなくても辛い。そして別れは、とても悲しい。

恋愛における出会いは”奇跡”。不倫の出会いは”事故”。愛し合う事実には変わらないのに、それほど違いがある。私自身、この歳でこれほど人を愛してしまうことになるとは思っていなかったです。長く忘れていた感覚でした。なまじ恋愛するつもりもなかったので、恋愛への構えが無かったせいもあったかも知れません。

彼女と、別の形で出会いたかったという思いがあります。一方で、別の形では出会わなかったのではないかという気もします。

出会って別れ、酷く傷つきましたが、1つだけ、自分の家族を含め社会に対して少しだけ優しい目で見ることができるようになった気がしています。

散漫な文章になってしまい申し訳ないです。

みほぼんさん、そしてこれを読まれている皆さんはどうでしょうか。

| ねむりお | 2012/06/16 09:29 | ≫ EDIT

試練か運命か

不倫をしてしまった私には、心に埋められないものがありました。そしてそれは不倫相手も同じだったと思います。そして、お互いに深く依存するようになりました。

誰もが不倫はいけないことだと本当はわかっているはずです。にも関わらずそういう関係を始めてしまうということは、その倫理観、価値観を曇らせるほどの、耐えがたい心の隙間があったのかもしれません。そして不倫関係が終わる時、私たちはその自分の心の暗部にいやおうなく向き合うことになりました。

今回のことで、いろいろな人が傷つきました。そういう意味ではいろいろな人が当事者です。そのまさに真ん中にいる私が、「これは運命だった」と言うことは、周りの人たちに対して申し訳ない気もします。

ただ、わかっていることは、それでも私たちは生きていかなければいけないということです。今回の関係によって自分の目の前につきつけられた問題に、皆が向き合わなければならない。いいことなのか悪いことなのかはまた別にして。

私は、自分がこういうことを起こした原因、周りの人たちに対する罪悪感、いまそういうものに必死で向き合っているところです。そしてその結果、もしかして何かが変わればいいな、と願っています。

| みほぼん | 2012/06/17 08:32 | ≫ EDIT

みほぼんさんへ

心の隙間、大変染み入る言葉でした。全くもって、その通りだと思います。

思いがけず、まさかそうなるとは思わず不倫の道に転がり落ちてしまった自分も、思い起こせば、大きな隙間を抱えていました。しかし不倫は、その隙間を埋めるものではなかったということです。

不倫中は倫理と感情の狭間で、激しく気持ちが揺さぶられていました。社会の目というものがいったいどれだけ自分の人生に意味を持つのだろうかとも思いました。そういうときは、どうも自分に酔いしれてしまうのですね。禁断の恋をしているかのように。

物語のなかの禁断の恋は、誰しも応援します。純愛だからです。歴史的な名作や名画にも、不倫を題材にしたものが多い。だからという訳ではないですが、自分の恋は倫理に反していても、人から理解されないものではないと、どこかで勝手に解釈していました。

しかし気が付けば、自分はあくまで加害者。どうしても貫くのなら、身辺整理をしだれも傷つかない形になるまで自分だけが苦労するべき。そういう覚悟もなく、いざとなると私も逃げ出したかも知れません。

| ねむりお | 2012/06/18 02:21 | ≫ EDIT

ねむりおさん

お返事ありがとうございました。

私も、不倫中は、社会の目など気にしない、たとえ周り中が敵でも二人で幸せに生きていく、と思っていました。でもそう思っている時点で、社会の目が気になっているということなのでしょうね。今、離れてみて、自分が本当はかなり後ろめたく思っていたことを実感しています。少しずつ、彼と離れなくてはいけなかった苦しみと、自分を欺かなくてよくなった安心のバランスが逆転して、後者が大きくなってきているような気がしています。時間が薬、本当ですね。

そして、こうやって自分の気持ちを書き込む場所があり、話を聞いてくれる友人がいるということも、大きな助けであるとも思います。禁断の恋に酔いしれるだけであったのが、他の視点も取り入れることができるようになるのですから。本当にonimaruさんとねむりおさん、そしてほかの方のコメントに感謝です。もちろん友人にも。

最近、ねむりおさんのおっしゃる「覚悟」を強いなくてもいい相手に頼るべきだったと、ようやく思えるようになりました。

| みほぼん | 2012/06/21 05:25 | ≫ EDIT

みほぼんさん

暫く、ご無沙汰でした。

私のほうはこの7月で異動となり、この職場ともさよならです。彼女とは仕事は別だったのですが、この街には、彼女と待ち合わせた場所や行ったりした店も多かったので、そういうものも含めて心機一転できるのは、良い機会かなと思っています。

気が付けば私も仕事に家庭に、不倫なぞしている暇がないくらい問題が山積です。こちらを一つ一つ片付けることに専念して、少し忙しいくらいにして自分を追い込みたいと思っています。

みほぼんさんは、確か元彼さんと同じ職場でしたよね。それからうまく身も心も離れているようで大丈夫かと思いますが、今後とも気持ちが切り替われるよう頑張ってくださいね。

私もこの掲示板には助けられました。助言というほどのものではないですが、他の方にコメントを入れることで、自分の気持ちの整理もついたところもあります。特に私の不倫は、誰にも相談しようがなかったので、本当にこういう場はありがたかったです。

私のコメントを見ている他の方は、もしかしたら不快感や違和感を覚える方も多かったのではと少し心配しています。必ずしも不倫を全面否定していないコメントもありましたので。

気持ちには正直に書かせていただいたのでそうなってしまったのですが、不倫に対する罪悪感というか、そういう価値観は、この掲示板を訪れる方と同じと思っています。


| ねむりお | 2012/06/24 09:30 | ≫ EDIT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/795-b9f6d1f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT