不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫を甘くみない方がいい

不倫の本質にズバリと切り込むコメントをいただきました。ありがとうございます。


不倫を甘くみない方がいい。奥さんから裁判を起こされ 慰謝料請求のケースが増え精神的にボロボロの人いますよ… 今は不倫した女性を訴えることができるというのは、世間の常識ですから

愛じゃないですよ。不倫はお互いに ただの欲望。執着です。

奥さんやお子さんのこと考えずたださみしいから会いたいから… 愛ですか? 愛は相手の幸せを願うことです。相手がより良くなることを願うことです。自分以外の人の幸せを願うことです。 執着、欲望と愛を一緒にしないて下さい。愛はそんな汚ないものじゃない。

相手の間違っている男を正しい方向に向けるのが、本当の愛ですよ。泣いて諦める! 好きと愛は違います。人のものを取ったら、何ですか?泥棒ですよね。不倫は泥棒じゃないの

そう泥棒よりいけないこと。

相手の奥さんや 精神的に狂ったら責任とれますか?お子さんがショックで引きこもりになって責任とれますか?そこまで追い詰めて責任とれますか?慰謝料請求されなくても不倫した結果相手の家族が病んだ責任の罪、あるいは自殺。背負えるならやってご覧なさい。世の中どれだけの奥さんが泣いているか!!
不倫はふしだらなんです。

ありがとうございました。

不倫は甘くないです。甘いように見える裏側には実はとんでもないものが潜んでいます。どうか十分にお気をつけください。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 20:55 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

それが 男が手をだすパターンが ほとんどだけど
いや~ 今は 女の方から アドレス教えて アピールしまくり 不倫して 泣いて苦しい苦しい 言ってるパターンが あるんです。
おやじも困るけど
さびしんぼさんも こまります。さびしんぼさんからお声が かかれば おやじはそれはそれは 喜ぶ。
種まき出来ますから
新しい畑に 種まきです。
燃えちゃって 普通の不倫パターン。
夫を 操縦出来ない 汚くて愚痴ってる妻も悪いかもしれないけど
夫である自分が そういう妻にしたと 不倫するおやじは また これが気が付かないんだなあ~
誠実な男は 自分の妻を 自分の好みに 作り上げます。精神的にも 外見的にも
不倫は 色んなパターンがありますから

| ぺけ | 2012/04/18 14:47 |

不倫される嫁が悪い
変な甘えと妙な余裕があるから放置して
旦那さんたちは自分を一番に考えてくれる彼女を欲しがる
毎日携帯チェックしたって毎度消すからそんな下手は打たないし
出張の度に彼女を連れて行く
ちゃんと家に帰るし子供も大事にするから問題無いよね
離婚は世間体もあるし家対家だからしないし
結婚したらドキドキもないしましてやセッ○スなんて何年もない
それでも一緒にいられる嫁なんだから彼女いようが関係ないのでは?
浮気はどう?浮気しない男は少ないけど
彼女とか愛人みたいに続けなかったら良い?

| ○ | 2012/04/18 16:13 |

onimaruさん、お元気ですか。
ご無沙汰しております。
すみませんが、少しだけコメントをさせて下さい。

主人は他に女性がいました。
私自身は不倫に対して否定も肯定もありません。
ですが法律の壁があることは事実です。
お相手の女性にとっては、人生に影響が出るほどに不利益な壁です。
私は調査会社と弁護士に相談をし、多角的な情報を入手しました。
訴える、訴えないではなく、画一的な視点では答えを見つけることが出来ないと考えたからです。
法律と言う点だけで申し上げると、法律はルール。
スポーツの世界にもルールがあるように、
またルールがなければ楽しめないように、
法律は人々の人生をよりよくするための基準ではないのかと考えています。
法律に感情はありません。

私の場合はお相手の女性と直接二人でお会いしました。
過去のことについての話しではなく、これからの人生について相談をしました。
咎めたり罵ったりはありません。
私の人生は私が決める。
私を誰も不幸にすることなどできない。
何事も自分次第。
他人のせいにしてはならない。
そう決めてお会いしました。
お相手の女性も素敵な方で、こんな形で会いたくなかったとお互いに笑いあえました。

けれどこちらの記事にもあります通り、もしくはそれ以上に、お相手の女性を法律を味方にし窮地へと立たせることは簡単です。
記せませんが(参考にされたくありません)様々な手段があり、実行している方もいます。
男性も女性も、感情的になると何をするかわかりません。

| 彼方 | 2012/04/18 19:03 |

ぺけさん

こんにちわ。

>誠実な男は 自分の妻を 自分の好みに 作り上げます。精神的にも 外見的にも

そうなんです。何年たってもパートナーを大事にできる男というのはいるもので、
それこそが本当の男の中の男だと思ってます。
浮気を繰り返す男とは天と地ほどの差がありますね。

今回はありがとうございました。感謝しています。

| onimaru | 2012/04/18 21:44 |

彼方さん

こんにちわ。しばらくでしたね。
その後いかがでしたか。

>お相手の女性も素敵な方で、こんな形で会いたくなかったとお互いに笑いあえました。

いつもいつも同じ事ばかり言って申し訳ないんですが
そういうことを言える彼方さんだからこそ、きっとまたかつてのように
と願っているし、必ずそうなれるはず、とも思ってるんです。
心が広くて、美しい方にこそ、幸せが訪れてほしいし、
そうあるべきですね。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2012/04/18 21:50 |

Re: こんばんわ

誰宛のコメント?
不倫された方が気分を害するようなのは
ご遠慮ください

| onimaru | 2012/04/18 22:59 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/04/19 11:59 |

いろんなケースがあると思う。 女性から 誘いメルアドを教え 男がさそいにのる 不倫が辛い 奥さんの座がほしい…こうした結果 訴えられる…奥さんは知っていたわけです。男も悪いけど 妻は相手の女性を憎みませんか?
不倫した女性も 必ず 奥さんを憎みませんか?
男が 悪いのは わかりますが、迫られでも 倫理観がしっかりしているひとは のらないんです。
のせる男も悪いですよ。
いろんなやり方ありますから、だまされた女性も 訴えても いいと思います。
ただ 勝ち目がないから 訴えられないと思うし 泣き寝入りだと思います。
考え方によりますが、妻がしっかりしているからこそ、いい男であり 女性が恋をするというのは あると思います。感情ですから 好きなり 不倫になるにしても 早く気がついて 反省して祝福される恋愛をえらんだ方が良いと思います。女性の自業自得もあり
勿論 男のずるさあり
妻が 夫からみてうんざりするケースありで いろんな中の 1ケースです。でもこうしたケースになると、だまされた女性の苦しみが半端ないから 意見しました。本人が 病気になる、奥さんが自殺して 不倫した女性が追い詰められる、最悪のケースが あるといことです。男がこうなったら、不倫相手を選ぶか?選びません。三人とも不倫は苦しみます。
不倫した女性は
男に誘われたから
不倫した男は 家庭 妻 相手の女性のせい
どちらにせよ 自分ではなく 人のせいにします
間違いはあります。だから良くないと わかり 感情がついていけないなら
こうした きついケースを教えるのも 一つだと思います。感情が 頭で考えるように いかないのは 人間として当然です。でも 不倫してる人は 悪いことと
頭で わかっているのは 事実です。ひどいのは わかっていて 何の罪の意識もなく、奥さんが悪い 夫が悪い 男が悪いと開き直り、不倫を 正当化し 美化してる人です。不倫を同情するのは 簡単です。苦しいから でも 同情することで だらだら長くなり 苦しみは 倍増し 悪いことを増長させるのも 良くないと思います。不倫の責任は それぞれのケースで それぞれにあると思います。
不倫をふしだらというのが、言い過ぎでも 不倫を美化することはできません。誰かが 泣くのではなく
誰かが 苦しむからです。

| ぺけ | 2012/04/20 15:11 |

彼方さん

彼方さん、こんにちわ
いつもありがとうございます。

他の人宛のコメントですが、私から一言

>私が寄せたコメントで、どなたかが心を痛められていたら、本当にすみません。
>読み返してみて、言葉が足らなかったと思いました。

大丈夫だと思います。どうかお気になさらずに。
文章というのは、人柄が出てしまうんですね。どうしても。
彼方さんのコメントを再度読みましたが、そこには
悪意も、何らかの攻撃性も感じられず、
人が読んで心を痛めるような内容ではありません。
「どなたかが」とおっしゃってますが、「どなたも」心を痛めるような
コメントではないと思います。
と、申し上げておきますね。

きっとまた、前と同じように、と願っています。

| onimaru | 2012/04/20 23:19 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/791-b51176cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT