不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お悩みの方の参考になる過去のエントリー

不倫にお悩みの方にきっと参考になると思われる過去の記事です。
記事とは言ってもいただいたコメントをそのままご紹介させていただきました。


不倫が終わりもう一度、安心して笑うために。

豪腕アリス様、降臨。I'll not be back !

下着が引き寄せる恋

おやじに構ってるヒマなんか、ないんじゃ

人の涙の上に幸せは成立しない

今、すごく気持ちが楽になりました。

不倫おやじの末路

不倫をやめてわかった「3つのよいこと」まとめ


克服された方って、言葉に力があるし、説得力もあります。

もちろん、すぐにこういった境地にたどり着けたわけではなくて、きっと葛藤もあったとは思います。

こうなれたのも、やっぱり自分の判断を信じた結果です。皆さんに共通しているのは、「振り返らない」ってことですね。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2012/02/09 08:35 |

onimaruさんこんにちは。
初めてコメント書かせていただきます。

私は10歳年上の妻子持ち男性と約半年間不倫関係にありました。
ちょうど1か月前の今日、相手がヨメバレし一方的に関係を断たれました。

その日は久しぶりに一日一緒にいられる日で、私はとても嬉しく幸せな時間を過ごしていたのですが、奥さんから「大事な話があるから早く帰ってくるように」との電話が...

彼は「嫁にバレたと思う。携帯を見られたかも。」と話していましたが、不安な気持ちでいっぱいになる私とは逆に、なぜか危機感もないような開き直ったような様子でした。
以前から「嫁とはでき婚で愛してはいない。子供が3人もいるし責任があるから今すぐは無理だけど、離婚する気がないわけじゃない。澪とのことはゆっくりでも堅実に考えていくつもりだから待っててほしい。」などと言われており、
このブログにたどり着いた今だからこそ何の根拠もない大嘘だったと気づけましたが、その当時は私も中毒状態でその言葉に縋るしかありませんでした。

そして最後に「離婚の時期が早まる事になるかもしれない。ちゃんと話し合ってくるから、待ってて。大丈夫だから。」と言って帰って行きました。
いったい何が大丈夫なのか全くわからないまま、私は不安な気持ちで数時間待たされた挙句、彼からの冷たい電話で「申し訳ないんだけど別れてください。今はそれしか言えない。今日で連絡先も消すから。」と一方的に幕を下ろされました。

到底納得できるはずもなく、ただただ混乱するのみで本当につらかった。何日も眠れない日が続き、食事も喉を通らず、彼のことで常に頭がいっぱいの状態でした。
でもいくら考えてもたどり着く答えはひとつだけ。
彼にとって私はそれまでの存在だったという事。
絶対に認めたくなかったけど、今の結果が全てを表しているなって痛感させられています。

過去に二度復縁プレイがありその度に話し合いを重ねてきたのに、今回は(状況がヨメバレというのがありますが)さようならすらまともに聞く事もできず、きちんとけじめもつけられずに終わった形なので本当に悔しくて悲しくてたまりません。

私からは
今まで楽しい時間を本当にありがとう、もう連絡はしません、さようなら。という内容のメールを送って自分なりに区切りをつけたつもりです。

まだ彼に会ってぶつけたい思いと戦っていますが、このブログで勇気をもらって後ろは振り返らないように頑張るつもりです。
皆さん一緒に乗り越えましょう!

長々コメントしてしまい、申し訳ありませんでした。



| 澪 | 2012/02/09 14:05 |

澪さん

はじめまして。よろしくお願いします。

>「嫁とはでき婚で愛してはいない。子供が3人もいるし責任があるから今すぐは無理だけど、離婚する気がないわけじゃない。澪とのことはゆっくりでも堅実に考えていくつもりだから待っててほしい。」

まあ、よくあるパターンと言ってしまっては失礼なんですが、
信じてしまうのもわかるような気もするんですね。
相手の事を信用しているからこそ、成り立つ関係でもある訳です。
ハタから見ると「コロっと」のように見えても、ご本人にしてみれば真実味のある言葉として
受け取ってしまうのも、仕方のないところではあると思います。
まあでも、大嘘ですけどね。
奥さんとのことをどうのこうのと、しゃべってしまうような男は信用ならないってことです。

>まだ彼に会ってぶつけたい思いと戦っていますが、

お気持ちはわかりますが、ぶつける必要もないと思います。
ぶつけたところで、澪さんが納得する言葉が返ってくるかといえば、
返って来ない可能性のほうがずっとずっと高いですし、
言ってしまえば、時間の無駄になってしまいます。
それであれば、その力を別の方に向けた方がずっとずっと有意義であると考えます。

本当に悔しいでしょうし、納得出来ないのもわかります。
でも、これ以上相手にかかわっても、得るものがないです。

私は最後のメールが区切りになっていると思いますので、
あとはおっしゃるように、振り返らずに進むだけですね。

大変に残念な結果ですが、認めたくない現実を認めることができたのは
今後にすごく意義のあることだと思います。

きっと乗り越えられるはずですよ。





| onimaru | 2012/02/09 23:37 |

昨日コメントさせていただいた澪です。
onimaruさん、親身なお返事本当にありがとうございました。
またひとつ前を向く勇気がもらえた気がします。


昨日でちょうど1ヶ月でしたが、onimaruさんがおっしゃていたように相手に連絡を取ることをしないで本当に良かったと、今は思えます。
たくさんの葛藤があって本当に辛かったけど…。
このブログや友人達の支えのお蔭で、こんな私でもなんとか1ヶ月乗り切ることができました。
正しい選択が出来た自分を素直に褒めてあげたいです。


実は彼から別れを告げられた翌日、見知らぬ番号から着信が何度もありました。
きっと奥さんに違いないと思い、電話を取って彼に言われてきた事やされてきた事を全て話してしまいたい衝動にかられました。…が、耐えました。

こういう結果になった今、私が何か言う事でこれ以上相手の家庭を掻き回す事はしてはいけないと思ったからです。

今まで嫉妬の対象だった奥さんに、初めて可哀想という感情が湧きました。

彼女は私以上に辛い苦しい思いをしているに違いないから。
それでも、そんな不誠実な彼と今後も生活を続けていかなくてはならないから。

奥さんにバレる前に関係を終わらせる事ができなかった自分は本当に大馬鹿だと思いました。
それと同時に、自分の身勝手さと浅はかさで二人も女性を傷つけた彼を本当に許せないと、心の底から思いました。

でも、誰かを真剣に想う気持ちを持てた事だけは後悔していません。
これからはその想いを向ける相手を間違えないように、自分の心を磨いてもっと強くしたいと思います。

もう二度と不倫はしないと誓います。

onimaruさんやこのブログにコメントされた皆さん、勇気をくれて本当にありがとうございました☆

P.S 不倫相手とのお別れを決意した方に、2NE1の『HATE YOU(日本語バージョン)』という曲をお薦めします。かなりスカッとしますよ!

| 澪 | 2012/02/10 21:46 |

澪さん

こんにちわ

>このブログや友人達の支えのお蔭で、こんな私でもなんとか1ヶ月乗り切ることができました。

すごくよかったと思います。実は戻ってしまうのは簡単なことです。
そこを止めることのほうがよっぽど難しいんです。
乗り越える事が出来たんですから、きっともう大丈夫ですよ。

携帯は可能であれば変えちゃうとか、番号を変えるとかしたほうがいいかもしれませんね。

>彼女は私以上に辛い苦しい思いをしているに違いないから。

不倫では誰も幸せになれないし、周りの人がすごく傷ついてしまいます。
不倫を続けていいことはひとつもないですね。きっと。

>それと同時に、自分の身勝手さと浅はかさで二人も女性を傷つけた彼を本当に許せないと、心の底から思いました。

そうなんですよねえ。って私も人の事はあまり偉そうに言えないんですが、
まあ、共通の被害者でもあるわけなんですね。一番悪いのはどう考えても不倫おやじです。

>もう二度と不倫はしないと誓います。

1ヶ月乗り越える事が出来たんです。きっともう大丈夫でしょう。
また1ヶ月たてば、きっともっと心境は変わっていると思います。
もちろんいい方向に、です。

曲のご紹介ありがとうございました。が、悲しいかな私おっさんなので
「つーねわん」と読んでしまいました。失礼しました。あとで調べてみます。

私からはブリリアントグリーンのThere will be love there-愛のある場所-
をご紹介しておきます。かなりいいです。

コメントありがとうございました。





| onimaru | 2012/02/11 00:34 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/760-91498d88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT