不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イカしたおやじ

今までさんざん、見本にしたくない金満おやじとか萌えおやじとか、
つける薬が存在しないおやじとか書いてたんですけど、ちょっとカッコいいおやじもいます。

知りあいの独身女性が不倫関係を続けていたんですが、女性の方に彼氏ができてしまった。しまったというか、彼女的には喜ばしいことなんですけど、お相手の既婚おやじはどうしたかっていうと、あっさりと身を引きました。

もしかしたら本人の中で葛藤とかあったのかもしれませんが、あっさりと、身を引いて彼との仲がうまくいくように願うだなんて、なかなかマネのできることじゃありません。(と思います)

彼女は新しい彼氏と結婚して今では幸せな生活を送っていますが、5年以上たった今でも、「愛してる」ってメールが来るそうです。サラっとね。あくまでもサラっとですよ。
書くとなんだか大したことないようにも思えますが(私の書き方が下手だから)おやじがとるべき道としてはかなりイイと思います。

あっさりと身を引いたからって彼女への気持ちも軽いものだったとは言えないですし、その後も「愛してる」なんてメールが来るってことはかなりの愛情を持って接しているのだと思います。

要するに彼女にとって何が大事か、お互いのために自分がどうすればいいのかってことをよくわかっているってことかと思います。嫉妬や独占欲をうまくコントールするってのは、なかなか難しいですけどね。そこをグっとこらえて黙って見守ることも愛情なんだなと思った次第です。

高田本部長なら
「おやじ!おまえ男だよ!」
と言ってしまうかもしれませんね。
この既婚男性は、おねえちゃんを次から次へと変えるタイプではなく、おねえちゃんができたからって家庭を粗末にするような人でもありませんです。独身女性と既婚おやじの関係で、この人がとった行動はひとつの理想形なんだと思います。私はどうかって言うと、ちょっとだけ影がチラついただけでもドロドロと・・・(笑)

多分、高田総統の方から
「おいっ!そこの!せっかくの休日だというのに家族サービスするわけでもなく、おねえちゃとデートするでもなく、つまらないブログを更新するしか能のない、中途半端なおやじ!おまえだよっ!最近はネタも枯れてるようだな。つまらんブログを書くヒマがあるんなら仕事に励みたまえ!」
なんて言われそうですね。
まあ夢は夢のままでとっておくってことで。
関連記事

| 思うこと | 21:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

へぇ~~~

愛情の形ってひとそれぞれですね。
アカネは5年後どうなっているかなぁ・・・?

リンク有り難う御座いました。
アカネの方も、勝手にバナー作ってリンクさせて頂きました。
宜しくお願いします。

| アカネ | 2006/06/20 15:12 | ≫ EDIT

アカネさん

こんばんわ
いろんな形がありますよね
終わったからって愛情がなくなったってこともないでしょうし。まあでも細くても続くのがいいですけどね。
コメントとリンクありがとうございます。
今後都もよろしくお願いします。

| onimaru | 2006/06/20 22:26 |

こんばんは。お気に入りに入れさせていただいています。
このブログを読んで泣いちゃいました。
ずっと一緒にいられないし、幸せを祈って身を引いて、
なおかつ心から幸せを祈る究極の愛し方じゃないでしょうか。

| 沙奈子 | 2006/06/23 22:18 | ≫ EDIT

沙奈子さん

沙奈子さん、こんばんわ。
はじめまして。
いろんな形があるとは思いますが、
黙って見守るのもありかなとは思います。
そうなるためにはお互いを信頼していないと無理だとは思います。とってもマネできないかもしれません。
リンクありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

| onimaru | 2006/06/24 20:11 |

はじめまして

私も、自分が独身×相手が既婚の関係を4年くらい続けて、自分から別れを切り出しました。
彼は身を退いてくれました。
その後は一度だけ、「ちょっと眠れないんだ」っていう電話は一度来たきり。
それからは連絡していないし、向こうからもありません。
きっと、すごく我慢して分かれてくれたんだろうと思います。
感謝しています(もう、戻るつもりはないけれど)。

| annonymous | 2006/07/16 15:47 | ≫ EDIT

annonymousさん

annonymousさん、はじめまして
気持ちとしては独身の時以上に昂ぶることもありますから、かと言って自分が何をしてやれるわけでもない、と気がついた時には暗たんたる気持ちになったものです。
annonymousさんが感謝しているのであればお相手もきっと感謝しているはずだと思います。
コメントいただきありがとうございます。

| onimaru | 2006/07/16 21:00 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/73-cda58268

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT