不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カウントダウン

その一瞬が本当に幸せなんでしょうか。ってことですね。

どうもその「一瞬」のために、ますます不倫にはまり込んでしまうような気がします。

それゆえ、おっさんとしては「願ったり叶ったり」状態でして、労せずして気持をがっつりとつかむわけです。ま、必要以上、実力以上ですが。

といったカラクリに気がついてしまった方からのコメントです。


不倫していて幸せって感じるときは、あったかな・・・。新品彼氏ができた今となっては、苦しかったことしか思い出せません。。。

強いて言うならば、会いたくて会いたくて苦しんだ末にようやく傍に来てくれたホンのひと時だけ感じていたかも。

でも、傍に来てくれたとほぼ同時に、『妻のところに帰るカウントダウン』が始まるので、幸せと同じくらいに苦しんでもいたと思います。

あの時、あれが幸せと思っていた自分に、新品彼氏と過ごす幸せを教えてあげたいです。

自分が苦しんだからこそ、今苦しんでいる人には、早く抜け出して本当の幸せを見つけて欲しいと願ってやみません。

ありがとうございました。
何が幸せか、なんてのは自分が決めることなんでしょうけど、言うまでもなく、人生堂々、真っ向勝負、白昼堂々と、な幸せのほうを、なんて願います。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 01:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

中毒症状

お久しぶりです。
ご無沙汰しております。

今や新品君と平穏に暮らす日々を営んでおりますが、かつてはその「一瞬」を熱望する日々もあったわけです。
時間が経って、当時を冷静に(?)思い返してみて初めて気づく色々なことというのもありますね。

言うならば、この「幸せ」って麻薬みたいなものかと。
(現在悩みの真っ最中にいる方には、失礼な物言いかと思いますが……)
心のどこかで、いけないこと、よくないことだと思いつつも、何故か絶つことができない。
止めなくては、と思っているのに、なかなか抜け出せない。
二人でいるその時には、とても嬉しいのにその時間が終わってしまったら、また次を求めてしまう。

これって、禁断症状そのものではないかなぁと思うのです。
おおっぴらにできない点でも、麻薬と共通ですね。
絶つには強い意志が必要な点でも、同じです。


こんな状態から卒業した今、刺激は減った毎日です。
それでも心に無意味な負担を負わせないだけいいのかと思います。
(新品君となら負担は全くない、等とは絶対に言えませんけどね)
一瞬の時間のために、その数倍の時間をすりつぶしていくのは、振り返ってみればとてももったいないことです。
そう思えるようになったら、抜け出す道は遠くないと思います。

自分自身の気持ちから数歩離れて、ご自身の希望を含めずに現在の状況を再確認してみてください。
スタートはきっと、そこにあると思います。

……今の貴女は、彼との関係に中毒or依存していませんか?


| 真珠 | 2011/05/22 02:05 | ≫ EDIT

苦しくて、たまにここに来させて頂いています。
この文章を読んで、ひとり号泣してしまいました。
また、きます。

| このは | 2011/05/22 15:52 |

真珠さん

こんにちわ。しばらくです。

>一瞬の時間のために、その数倍の時間をすりつぶしていくのは、振り返ってみればとてももったいないことです。

おっしゃる通りだと思いますよ。本当にもったいない。
そんな時間があるのであれば、他のことに向ければきっと成果が出せるはずです。
不倫中って不倫しか出来ないイメージがあるし。
実際に、休日を潰しちゃったりとかありますからね。

おやじにとってはこんなラクなことはないですよね。
たまに時間を作ることで、労せずして相手の心を捕まえておけるんだから。

とは言ってもそんな異常とも言える関係が長続きするわけもなくて、きっとどこかで破綻するように思います。

コメントありがとうございます。
新品クンとの出会いがあったとのこと。大変に嬉しく思います。
自称恋に効くランジェリーブログですから、そちらの方でお役に立てればと思います。

| onimaru | 2011/05/23 00:59 |

このはさん

はじめまして。よろしくお願いします。

>また、きます。

私の書くものはともかくとして、
実際に経験され、克服された方の言葉というのは
きっと参考になると思います。

またよろしくお願いします。

| onimaru | 2011/05/23 01:06 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/680-c1b29a84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT