不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

静かで穏やかな日々

不倫おやじから去り、新品彼氏が出来た方からコメントを頂いてます。ありがとうございます!


不倫彼のときは、会うときはエッチするというか、どうしても体目的なのかと思う雰囲気になりがちでしたけど、新品彼氏は、一緒にいることが目的のような、静かで穏やかな日々です。

新品彼氏ができて、半年になりますが、しみじみと『やっぱり普通の彼氏が一番良いんだな』と思います。

気持ちが穏やかでいられるのって、日々生活する上でもとっても大切なことなんだなと感じます。

不倫してたときは、不倫彼と会う前も、会っているときも、会ったあとも、穏やかではいられませんでした。

あんなに無駄に悩み、苦しんでいたなんて、今思えば少しばかばかしい感じさえもします。わざわざ自分で苦しい道を選び、苦しい中での、ほんの、本当に小さな喜びだけを支えにしていたんですね。

新品彼氏ではありえない悩みと苦しみでした。
そして、喜びは不倫彼氏と比べようもありません。不倫で悩み、苦しんだからこその喜びなのかも知れませんが。。。

今の、何気ない穏やかな日々こそ、もっとも大切にしなければならないと思っています。

確かに不倫でも喜びはあるんでしょうけども、やっぱり刹那的なものでしかなく、静かで穏やかな日々なんてとうてい望めないわけですね。渦巻く感情とか、とてもとても、穏やかさとは縁遠いものです。

白昼堂々と、誰に後ろめたい思いをすることもなくデートができる。これに優るものは無いです。

穏やか、っていうのはイイですよね。女性にとってものスゴく重要だという気がします。穏やかな感情は、間違いなくヴィジュアルにも良い影響を与えます。

すごく単純に言えば、「不倫から脱却出来た女性がキレイになれない訳がない」ということです(裏付けもありますんで。思いつきで書いているわけではないです)。

今の幸せを大切になさってくださいね。ありがとうございました!

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 02:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

あっ!

コメントを載せていただき、うれしはずかしです。。。
ほんの少しでも、不倫で苦しんでいる方の、新しい一歩を踏み出す勇気の助けになれたら幸いです。

| ひまわり | 2011/04/13 20:14 |

ひまわりさん

こんにちわ

ああっっ。バレちゃいましたね(笑)事後承諾ですいませんでした。
穏やかで過ごせる日を大切にしたいというところがすごく良かったものですから。

いずれ「白」以外も書いてみますので、大目に見てやってくださいね。
今回はありがとうございました。
感謝しています。

| onimaru | 2011/04/14 02:02 |

はじめまして

はじめまして。
おととい4ヶ月続いた不倫に別れを言いました。
本当に私の事を好きで将来を考えてくれるなら、奥様と別れて子供とも離れて戻ってきて欲しいって伝えました。

私は29歳、結婚して夫がいましたか、あまり愛を感じずにそれでも普通に生活していました。不倫相手は38歳、奥様と子供2人が居て、離婚するかしないかで揉めている・と出合った当初から言っていました。

出会いは1年前、私の会社に入社してきました。初めて会ったときに、私は恋に落ちました。それでも私にも不倫相手にも家族があります。気持ちを抑えていました。ですが、年末に2人になる機会が増えて、不倫相手も私に好意があることが解り、そのまま体を重ねてしまいました。
それから4ヶ月。
私は夫へ愛情は消え、罪悪感がつのり、離婚を申し出ました。現在は別居をし1ヶ月経過しています(ですが、離婚届はいまだ出していません)。不倫相手は、まだ離婚を揉めていると私に言ってきます。

正直な所、不倫相手は本気で私を愛してるんじゃないかと思います。だから、離婚成立して戻ってきてくれることを信じています。しかし一方で、本当に離婚する気があるならとっくに離婚できてるはずって現実を理解する自分もいます。
馬鹿だけど、私は本気でした。本気だから夫と離婚を決意し別居し、不倫相手を待っていました。そして、別れを告げた今でも待ってしまっています。辛くて、何も手につかない・そんな状況です。

彼(不倫相手)は一般の不倫おやじとは違う。本当に運命の人って思ってならない自分、本当に馬鹿ですよね??馬鹿すぎて情けない。それでも現実を受け入れる事が出来ない。
このブログを見て、(全部は見れてないけど)彼も不倫おやじと一緒かもって思ってきている自分も居ます。だけど、まだ現実を受け入れる事が出来ずに、泣いてばかりの自分。辛すぎて、寄りをもどしたくなる自分・抱きしめて欲しい自分

文章が纏まらなくてごめんなさい。
ただ一方的にコメントしてしまいごめんなさい。

誰かに聞いて欲しくて、救って欲しくて。
ほんとうにごめんなさい。

| ムッチ | 2011/04/15 09:39 |

ムッチさん

はじめまして。よろしくお願いします。

「ヨメとは不仲」というのはもう、超定番の台詞だと思います。
「ヨメとはレス」なんて言いながら実は二人目が出来てた。なんてコメントも頂きました。

>彼(不倫相手)は一般の不倫おやじとは違う。

具体的な根拠がほしいところですね。
それに、そういった考えが、なお一層今の状況からの脱却は難しいです。
どこが、どう違うのか。と言えば、実は出て来ないというのが正直なところではないでしょうか。

申し訳ないですけど「同じ」だと思います。
具体的なスケジュールを立てれば、多分あいまいにごまかしたのかもしれませんが。

相手がお別れの言葉を受け入れたのであれば、「離婚うんぬん」というのは
アテにならないように思いますが、どうでしょう

| onimaru | 2011/04/16 01:44 |

その後

onimaruさん、こんばんは!!
最近は暇を見つけてはonimaruさんのブログ、読んでます!!

ブログを見て思うことは改めて「不倫は本気になればなるほど、お互いが辛くなること」なんだなあ・・・。

この間、「期間も短く修羅場もなくお別れできたことはよかった」とonimaruさんが言ってたけど、一通りブログを読んで本当にそうだなあと思いました。

あと、別れたあと「蝶になるか羽が折れるか」というコメントがありましたが私は蝶になれたような気がします!!

彼(ここではオジ彼っていうのかな?でも2才上だからオヤジというのもかわいそう!!)と恋をして綺麗になれた気がするし、旦那も綺麗になった私を褒めてくれる。旦那とのSEXもすごく良くなりました。
(ちなみに不倫はばれてません。ものすごく信頼されてます。神様ごめんなさい)

彼は付き合ってる時、すごく大事にしてくれましたしお互い既婚者同士で同じ立場だったので、理解しあえました。

先日、彼と何回か偶然会いましたが笑顔で挨拶できました。
すごく嬉しかった!!こうやって少しずつ前に進んでいくんですね。

まだ、突然の寂しさが襲ってくることもありますが自分が背負ったことだから自分で処理していかなくちゃね。

onimaruさんは元カノに未練はないですか?
きっと想像を絶する辛さだったことと思います。
onimaruさんの過去のブログを読むと彼と重なるんですよね。
彼もonimaruさんの様に見栄っ張りで(すみません)不器用で(またまたすみません)あまのじゃくなところのある人。でも心はとても温かくて(onimaruさんもあったかい!!)私はその温かさを察することができたから彼は私を信頼してくれて私も信頼できた。
私は彼とはまったく逆でストレートに言葉に出すタイプなので彼は楽だったのかもしれませんね。

別れる時はきっぱり潔かった男らしい人でした。決して未練は見せまいと必死になってるようで・・。

でも女って鋭いから彼の態度ですぐ解ってしまいましたけど・・。(笑)
ああ、彼もつらいんだなあって・・・。

これからもブログ続けてくださいね!!
楽しみにしています。
そしてまた、凹んだときに聞いていただければ嬉しいです。
ありがとうございました。

| めだか | 2011/04/21 22:47 | ≫ EDIT

めだかさん

こんにちわ

>この間、「期間も短く修羅場もなくお別れできたことはよかった」とonimaruさんが言ってたけど、一通りブログを読んで本当にそうだなあと思いました。

そうですね。長くなればなるほど、後を引きやすいし、それに不倫がバレてないと思っているのは実は当人同士だけということもあるんです。雰囲気とか、空気とか。
微妙ですからね。
脱却できて本当によかったと思います。

>onimaruさんは元カノに未練はないですか?

どうですかね。「ない」と言えばウソになる。と申し上げておきます。

>でも女って鋭いから彼の態度ですぐ解ってしまいましたけど・・。(笑)

まあ、なんというかですね、女の人って誰が自分に好意を持っているとか、
「こいつ私に気があるな」とか、割とわかってしまいますよね。困ります(笑)
男の場合だと勘違いも多いですけど、女性の場合は正確だと思います。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。




| onimaru | 2011/04/22 00:42 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/667-c6e39df9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT