不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何年も忘れていたことを思い出すことができました

今年は「結」がテーマ(の予定)なんですが、その「結」を強く感じる素敵なコメントを頂きました。

家族と、そして新しい彼。

私がごちゃごちゃ言ってもしょうがないんで、どうぞ。


今回の震災が来て真っ先に不安に思ったのは家族でした。
私の地元は、東海地震や群発地震で常に地震で
危険と言われ続けていた地域なので。連絡がとれるまでに数時間かかりました。
そして、今年になってお付き合いするようになった独身の彼。
すぐにメールしても、やっぱり返事はこなくて
その後無事を知らせる連絡がきて本当にほっとしました。


そしてその夜、かつて既婚のお付き合いしていた彼から、メールがきました。
(私は思いも馳せなかった)
心配する相手が違うんじゃないのか、と正直感じました。
奥様と親御さんを関東に残して、自分は単身赴任して
そして、私と奥様と両方に連絡を取っているであろうその姿を思うと
その器用さにあきれるというか、どうしてそこまでしてくるのか
あなたとの縁は切ったのにと、情けなくなる思いでした。


20以上も年の離れた人と2年以上の年月を費やしたこと。
今は、やっぱり後悔だけです。
メールもブログも、一緒にいった旅行先のパンフレットもすべて消しました。
思い出す事もなくなりました。
あんなに愛おしい気持ちの後に残ったのは、漠然とした怒りの思いです。
おそらくは、自分に対しても彼に対しても。


でもその当時は完全に中毒ですね。気づけませんでした。
ただただ舞い上がっていた、失うことが怖かった。
そもそも手に入る(叶う)恋愛じゃないのに。ごっこなのに。
そして、既婚×独身 この不平等条約。
少しでも早く、できればその輪に足を掴まれる前に
みなさん脱出して下さい。
わかってはいた事だけど、単なる消耗戦。やっぱりこれに尽きます。


今の彼は、会いたいときにいつでも会えて
寂しいときに来てもらう事も、みんなに紹介する事も
彼の友達にも会わせてもらえる、そんなオープンな恋です。


恋愛って、こう、もっと清々しいものだってこと
何年も忘れていた気がします。
でも、思い出せた。
ありがとうございます。onimaruさん。みなさん。

ありがとうございました。

おじさんはどうして、自らの評価をおとしめるような行動にでちゃうんでしょうか。

終わったら追いかけない。という超基本を忘れてしまうのか。それともまだ好かれていると勘違いしちゃうのか。

きっと女性の変化についていけないんでしょうね。
そんなおっさんを置き去りにして、強く歩いて行く女性の美しさを感じました。カッコいいですね。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 01:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 不倫は犯罪だと思う。民事裁 家裁

私も不倫はなくなればいいと思います。

エントリーと関連のないコメント。
特にいただいたコメントを記事にしたものは
全削除でいきます。

| onimaru | 2011/03/30 23:38 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/662-5a20a123

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT