不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夫の彼女と話をしました

不倫発覚後も、ご主人と不倫相手とのメールのやり取りに気がついた奥様からコメントを頂きました。


私がこんなに苦しんでいるのにどうして…と勝手に携帯を見たこと、なんでまだ連絡を取り合うのかと、彼に直接話をしました。

話し合いは平行線のまま。また彼のだんまりに私が何も言えなくなっていました。でも、このままじゃいけないと翌日彼女に電話をしました。
責めるつもりはありませんでした。
お願いするつもりでした。こんな事はもうやめようと。
なんせ10歳も違うのです。妹のように思えてくるのです。

「彼と離婚を巡ってもめている。あなたからの連絡があると私の精神状態が普通でいられなくなるの、だからせめて離婚が成立するまでの間は連絡をしないで欲しい。」と。
彼女は、『友達のつもりでメールをした、でもそれもいけないのならもうやめます。どうして離婚するんですか、彼に愛されているのに』と言っていました。

「どうしてこんな恋始めてしまったの?」との私の愚問に対し、

『何となくです。どうしてか私にもわからない。でももう妻子のある人とは恋愛はしません。誰も幸せになっていない。(彼の)携帯のアドレスも番号も削除します。もう連絡を取りません。』
といっていました。

会った事はないけれど悪い人ではないのだなと感じました。彼や電話をしてきた私のことも責めないで、やさしい人なんだろうな。私に誠意を示してくれていました。だから彼も好きになったのかな…。私にとっては哀しいけれど。

彼が悪いのよね、誰にも優しくしてけじめがないからこんなことになるの。確かそんな風に話をしました。
私から電話を貰って彼女もきっと辛かったと思う。

そのあと彼に話をしました。
彼と彼女は同じ職場で、彼女が仕事をやめたいと言っていて、連絡があるとその相談に乗っていたというのです。

私はこのブログで沢山の皆さんの意見を読んでいたので、迷いもなく彼に言いました。
「あなたが彼女にしてあげられる事は何もない。傷つけたと思うのなら離れていこうとする彼女を見送ってあげることしかできないはず。彼女と復縁したいという気持ちがあるのなら、私と離婚したしたあとゆっくり考えたらいい。それまでは私のことに集中して。」

ずっと気持ちの奥底でもやもやしていたものを吐き出したようで、すっきりとしました。
私もこの3年間、昇進して忙しくなった彼に沢山の我慢をしていました。家にいない時間が増えて寂しかったのに、ちゃんと寂しいって言わずにいました。
でももう我慢しません。いやな事はいやと、そばにいて支えて欲しいと。

(中略)

ただ、私の気持ちに少し変化があり、新品の下着を買いました。彼との関係を新しく積み上げられるようになったら使います。今まで選んだことのない、白を買いました。
これもonimaruさんとここにきている素敵な女子の皆様のおかげかな。
誰かを困らせようとして恋愛にはまってしまうわけじゃないことが良くわかります。

偽りの元気でなく、みんな本当の元気になって、その人の人生を送って欲しいです。
私にも、彼にも、彼女にも春が来るかな…。

私が余計な事を書かないほうがいいと思いますが、でも優しくて本当に強い方だと思います。罵って責める事のほうが遥かにカンタンでしょうから。

こんなことができる方なら、きっと春が来る、と願っています。

関連記事

| 不倫された方から | 01:28 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

心が痛いです。

10月に、「あと少し!」を伝えたい。という事で、コメントを記事にしていただいたちょこです。その後、気になる人(もちろん独身新品くんです。笑)が出来て、今は心が安定してるなぁ~と、平凡だけど当たり前な幸せをかみしめつつ、新たな恋を頑張ろうと思っているところです!さて、今日の記事、読んでいて心が苦しくなりました…
私の場合は、表向き関係が奥様にバレずに終わりました。でも、もしかしたら気付かれていたかもしれない。。
彼との関係が終わり新たに歩き出した今でも、あの時の彼との関係に関しての奥様への罪悪感はどこかにあって、申し訳ない気持ちで一杯でいます。
今日の記事をみて、涙が出ました。
例え、本当にバレていなかったにせよ、私がしたことはどれだけ彼の奥様を傷つける事だったのかと、改めて自覚しました。
誰も幸せになれない。仰る通りです。
本当の笑顔で「好き」と言える関係が、あるべき姿なんですよね。



| ちょこ | 2011/01/10 02:39 |

ちょこさん

こんにちわ。

その節はありがとうございました。感謝しています。

>気になる人(もちろん独身新品くんです。笑)が出来て、

おおっ、よかったです。自称、恋に効くランジェリーとしても嬉しいです。
焦らずにゆっくりとキモチが育って行くといいですね。
もちろん、全力でちょこさんを守る!という
ガッツと優しさに満ちあふれた若者であることを願います。

今回のコメントは少し迷いましたが、お互いを非難するわけでもなく、
相手を気遣う気持ちさえ感じたので、あえてご紹介させていただきました。

確かに過去は消えないし、反省は必要ですけど、
でもそれはもう十分されたのではないですか。

それにどこから、どう見ても踏み込んでしまった男性に一番反省が必要です。

あまり、過去にとらわれすぎると
大切な未来を失うことにもなりかねません。
都合良く、全部リセットしてすっきりー!なんて訳にはいかないとは
思いますが、あとはもう、これから先を見ていけばいいと思います。

そしてそれが出来ると思ってますよ。
そうなるために、辛い決断をされたわけですからね。

| onimaru | 2011/01/10 03:18 |

なんだ、まだ続いていたんだ

今日私の携帯に彼女から深夜着信があり…
夫は泊りがけで出張。

なぁんだまだ続いているんだ。

夜中の1時2時に相手の奥さんに間違って電話してしまうなんて、きっと夫の電話番号とアドレスが近くにあってうっかり間違えてしまったんでしょ。

私以外の人の善意に支えられ、きっと彼も彼女も反省しているものと、
どこまでおめでたい人間でしょう、私は。

誰も信じられない。
これからどうしようかな。

彼と話し合うのも疲れたし、結局嘘ついているし、
Sさん、あなたが愛している男は家ではこんなもんですよ。
たった一人の女性をも幸せにすることもできない。
家族より愛人、家族より仕事。
感情を共有したいと訴えても、「そんなトレーニング積んでいない。」
これをクールというのならば、こんな気持ちの通い合わない男、一緒に暮らし始めてみたらいい。

今度こそ私なら彼を幸せにしてあげれられる。
それもいいんでないですか。
やって御覧なさい。
彼が一番大事なのは、自分だということに気付くから。

たださびしくて、そばにいてくれる人であれば誰でもいい、そんなやつです。

明日からどうやって生きていこうか。
離婚届に判を押し、置いて行こうか。
愛人に慰謝料請求しようか。
婚姻関係にある女性の苦しみを少しは知ったらいい。

| emiちゃん | 2011/03/19 23:55 |

emiちゃんさん

こんにちわ。しばらくでした。

反省してると私も信じていたんですが、
大変に辛いところだと思います。

>愛人に慰謝料請求しようか。

いきなりやるのではなくて、こういうことは順序があるので
まずは、信頼できそうなとこへの相談ということになると思います。

コメントを拝見する限りでは
「クロ」かなあと思わざるを得ないのですが、
思い切って、電話してみるとか。
着信があったのですから、理由はあるわけですよね。

続いているのであれば、ずいぶんと浅はかだなあと思わざるを得ないです。
お子さんの超大事なイベントだってあるんだし、
そこを持ち出すまでもなく、前回の約束がありますから。

ご主人、相手と一緒になりたいんでしょうかね。
そんな頭のユルそうな女と一緒になったところで、先は見えてるんだけど。
事実だとすれば、ですけど。

携帯から削除すると言った女性の言葉をまだ少し信じてみたいキモチもあって。
誤操作の可能性とか。ナイでしょうか。

事実だとすれば

>たった一人の女性をも幸せにすることもできない。

結局そうなってしまうわけです。幸せどころか、絶望に叩き込んでるわけで
そんなのが、何をがんばったところで
物事の真実とか、心の安らぎとか、得られるわけがない。

と、不倫カップルに言ったところで通じるわけもないんですけど。
いわゆる脳内お花畑状態ですからね。

私も可能性を信じるといった方なので、悲しいですけど
時には見切りも必要になるのかもしれません。

>どこまでおめでたい人間でしょう、私は。

それはないです。おめでたさで言えば向こうは
限界突破のおめでたさです。

これから、どうされるにしても
事実の確認は必要になるかと思います。

不倫カップルなんかに負けないでください。






| onimaru | 2011/03/20 02:20 |

誤解でした。

Onimaruさま。お返事をありがとうございました。

彼と彼女にメールを出して午前中までにやっと返事があり、私の誤解だとわかりました。

また裏切られのが怖くて、悪い方へ悪い方へ考えてしまう。私の言わば妄想でした。
顔から火が出るほど、恥ずかしい限りです。

地震の影響で仕事も超多忙で、精神科的に万全でないことも災いしました。

離婚届はまたドレッサーの引き出しに片付けました。

彼方さん、自分の運命は私が決める。あなたの強い意志に励まされました。
私も、私の運命の覇者になるべく頑張って乗り越えてみます。

| Emiちゃん | 2011/03/20 15:19 |

Emiちゃんさん

>私の誤解だとわかりました。

よかったです!!!

ホッとしました。

おっしゃるように一人で考えていると、どうしても悪い方向に、
考えが支配されがちです。
一人で考えていて、良い方向に考えられるという人も珍しいですから
決してEmiちゃんさんが悪いということではありませんのでね。

>離婚届はまたドレッサーの引き出しに片付けました。

私は不倫から脱却した人には
思い出の品、写真、携帯のアドレス、そして下着
全部処分するようにおすすめしています。
とっておいたところで、足かせにしかならないからです。
少なくとも幸運を引き寄せるアイテムではないですからね。

どうですかね。ひとまずその用紙は捨ててみるというのは。
備えあれば憂いなしともいいますが、別に区役所に行けば
くさるほどありますのでね。

この記事にいただいたコメントのように、心境の変化がおありなんですよね
であれば、まずはその用紙はひとまず捨ててしまった方がいいと思いますよ。
気持のけじめというか。そんなところで。

その用紙が役に立たない事を、Emiちゃんさんも、ご主人も
そして相手も、望んでいる訳ですから。
もちろん、私もです。

| onimaru | 2011/03/20 18:06 |

まだまだ寒いですね

春分の日が過ぎたというのに寒い日ばかりで、サクラの花が待ち遠しい気がしますね。
大震災が起きたのはつい僅か前なのに、もう何日も過ぎたのではないかと思えます。
大切な人と突然お別れしなければならなくなった方々を思い、天災とは言え、不条理に思えてなりません。
と同時に、いつもと変わらない日常を送れることに感謝するばかりです。

春には、全て記憶の箱にしまい込むつもりでした。
私を裏切った夫への憎しみ、傷つけられた自尊心、誇り。そして何よりも深い悲しみ。立ち上がれないと思えたほど。

だけどやっぱり、時間と共に少しずつ、そうした想いの強さは薄れていきます。

離婚届はやはり使うつもりないです。Onimaruさんのお返事を読んで確信しました。
怒りに任せて離婚をしようと、その決意を示したくて持っていたようなものです。そのままにしていても役に立つどころか、また夫との溝を深めてしまいそうです。

夫の恋に苦しんでこのブログに辿り着きました。幾度も溺れそうになって、助けられました。
不倫は、何も得るものはありません。夫も彼女も私も、あるのは後悔ばかりです。

生きていたら嫌な事や投げ出したい事がたくさんあります。だけど、大切な人をしあわせにするために、自分に何が出来るか忘れてはいけないですね。
震災でたくさんの方が悲しいお別れをしなければならなくなっている。今だからこそ、強くなれるかもしれません。

| Emiちゃん | 2011/03/24 23:51 |

Emiちゃんさん

こんにちわ。震災は大丈夫でしたか

>いつもと変わらない日常を送れることに感謝するばかりです。

私も本当にそう思います。感謝の気持は常に持っていたいです。

>離婚届はやはり使うつもりないです。

そうですね。できれば捨ててしまっていいと思いますよ。

私はご主人が、嘘をついたり適当にごまかしたりというような
印象を受けないんです。直接話している訳では無いので、言い切れないんですけど。
また、こんなことを言うと怒られそうですけど、
相手の女性の
「なんとなく始まった。自分でもよくわからない」
という言葉は、それ以上でもそれ以下でもなくて、その通りなんだと思います。

「なんで離婚するんですか?彼に愛されているのに」
これが全てを表していますね。

結果は重大だし、ご主人は深く深く反省すべきですけど、
いただいたコメントから受ける印象は、離婚の二文字は浮かばないんです。

>不倫は、何も得るものはありません。夫も彼女も私も、あるのは後悔ばかりです。

そうです。

私は少し、男性側に都合がいいように解釈し過ぎなのかもしれません。
でも、どうしても離婚届けをつきつけるようなご主人とは思えないんです。

これはemiちゃんさんが、コメントを頂いた当初より
どこかでやっぱり「信じたい」という気持を、私が感じたからかもしれません。

誰も悪くない、だなんてことを言うつもりもなくて、
やっぱりご主人悪いです。不倫なんだから。

でも、信じるという、辛いけれど信じた人にしか得られないものが
きっとemiちゃんさんを待っていると思えるんです。

根拠を示せ、と言われても困るんですけど、
そういう印象、確信に近いんですけど、
気持のどこかに「きっとやり直せる」というのをお持ちなのかもしれませんね。




| onimaru | 2011/03/25 00:35 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/640-9cdb91aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT