不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やめたいけど、はきっと何も考えてないことと同じ

ネットで今度はこんな記事を見ました。またかよ、ですね。すいません。
不倫の恋 ―別れたいのに別れられない

昨日は決別で、今日は止められないかようって感じですけど、こういった事例を眺めてはどう思いますか?ってことですね。


「別れたいのに別れられない」ってことは、別れるつもりがなく、「止めない事が前提」となってるように感じるんです。言ってしまっては申し訳ないんですけど「あんま、何も考えてない」と私は翻訳することにしています。

~になったら、というような根拠のない期限って、不倫おやじがよく言うところの「今はダメだけど・・・」と同じような理屈に過ぎず根拠の無い、その場しのぎの言葉。ひたすら今の関係を継続する理由を自分に言い聞かせるためだけって思います。

経過年数に限らず、ここまで来ちゃうと他の男性に目がいく、なんてことはないだろうし、あったとしても「おやじとの比較」にしか過ぎないわけですよね。なぜおやじが優しいかって言えば、相手に対する責任が皆無だからなんだけど、そんな簡単なカラクリにも気がつかないようだと、異性関係はオワタ!かもしれない。

おやじをぶち斬った方から、コメントを頂く事があります。そういった方々とこういったヒトとの違いは何かって考えると、強い弱いじゃないんですよね(もちろん、胸のすくような爽快なコメントもありますが)

きっと、どれだけ自分の事や周りの人のことを本当に大切に思えるか、の違いかなと思います。そういった方の言葉って、やっぱり強くて、説得力があって、潔さとか美しさ、みたいなものまで感じますから。

そういった方からたまーに、戻りそうになる弱い自分とか、思い出しては自己嫌悪とかコメントいただくんですけど、まあそんなのは枝葉末節ですよ。取るに足らないこと。ぶち斬れたということはそれだけでもう強くなれてるってことに気がついていただければと、思います。そういう強くキレイになれた女性にはやっぱり、いいランジェリーがお似合いですよ。



関連記事

| 思うこと | 09:25 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同感です。でも

onimaruさん

自分と周りの人を大事にして、不倫をやめるのが一番です。Onimaruさんのコメントはとても正しいですし、実際、本当に幸せになりたかったら、それしか道はないと思います。

でも、この記事をみて、私は涙が出てしまいました。彼女には、周りに信頼できる人がいないのかもしれない。不倫なんかできる男が、信頼できる人間だとは思わないんですけど、他に心を許せる人がいない状況だとしたら。。もちろん、不倫をやめない限り、他に信頼できる人なんか、新たに出てくるわけないんですけどね。ただ、誰にでも、信頼できる家族と友人がいるわけではないですし。。

私は、不倫をやめたくてもやめられない人が皆、考えていない人だとは思えないんです。独身で独りで踏ん張っている女性が、まだ好きな相手と別れるという決断をするのは、大変な精神的負担だと思います。それはおそらく、家族のいる男性側の想像をはるかに超えるものだろうかと。確かに、決断しないとやめられないのですが、別れたくても別れられないという人を、私は、考えてないと切り捨てられないな、と感じました。

特に、onimaruさんを心の拠り所にしている人には、onimaruさんの、ちゃんと止められない人はだめだ、系のコメントは、ちょっときついのかな。不倫をしている女性は、心に弱い部分がある人が多いと思う。不倫中は特に、認めてもらいたいという気持ちが強くなります。このブログを見に来る人は、本気で止めたいと思っている人達ばかりだと思います。だから、onimaruさんに、考えてないねって切られちゃうと、余計に逃げ場がなくなるのかなって、少し感じました。でも、逆に、それくらい厳しく言ってくれる人が必要なのかもしれませんね。

私は、この不倫日記を一つの支えにして、不倫をやめました。一度無理にやめようとして精神的にボロボロになって失敗し、その後は、やめたいという気持ちを高めることを意識して、それがかなり強くなってから、お別れを切り出しました。そのときは、止めたら幸せになることを、ある程度確信できていたので、きちんとやめることができました。

やめるという強い気持ちを持ち続けて、相手を冷静な目で見つめる努力を続けていれば、相手のずるさと不倫のバカバカしさが、いつかは見えてくると思います。それを継続するのに、このブログが強力なサポートになります。このオヤジありえない、と思ったときがチャンス。そのタイミングを逃さず気持ちを盛り上げる。

ちょっと出すぎたコメントですね。。。でも、私はこのブログが好きです。このブログが存在してよかったです。不倫から抜け出す力になります。onimaruさん、ずっと頑張って続けてくださいね。

| とんび | 2010/05/31 14:58 | ≫ EDIT

とんびさん

とんびさん

はじめまして。よく見て頂いていたんですね。
ありがとうございます。

>でも、この記事をみて、私は涙が出てしまいました。

一人でもそういう方からコメントを頂いたということは、
もっとたくさんの方がそう感じたということなので、
そこは大変申し訳なく思います。

特に気になるのがこのリンク先の記事の「遠距離の彼とも別れ」という点。
同じような状況に置かれている方、何名かいらっしゃるんです。
当然ながら、そうなってほしくはない、という気持ちはすごく強いです。
せっかくこのブログに来ていただいて、コメントまで頂いているのですから、
それも一つの縁だと思ってるんです。
必然的に、おやじ何やってんだ!ということになるし、それがもとで
ちゃんとした彼と切れてしまうようだと、その縁ってやっぱり戻らない。
彼もそうだし、それ以上に大事な何かを失ってしまうように思います。
それはもうこの事例を見るまでもなく、普通に考えてカンタンに予想がつくことなんですよね。

そのまともな彼とも切れてしまって、というくだりがなければ
多分取り上げることもなかったと思います。

>別れたくても別れられないという人を、私は、考えてないと切り捨てられないな、と感じました。

もちろん、そうです。でも私はそう書けないんです。
切り捨てているというわけではないことをご理解いただければと思います。

>一度無理にやめようとして精神的にボロボロになって失敗し、

それは私もそう思います。以前にそのようなコメントを頂いてそれを元にそういった記事も書いています。
至った経緯は様々だと思うんですけど、不倫だから、ということで無理矢理やめようとするのは無理があるし、結局戻ってしまったり、おやじの引き止めにあって、なおさら戻れなくなったりすると思います。
一概には言えませんけどね。

>ちょっと出すぎたコメントですね。

いえ、とんでもないです。とんびさんはもう脱却されたんですよね。
脱却された方が不倫に関するブログを見るというのも面白い話ではないとは思うんですが
そこをあえてコメントを頂けた事、大変感謝しています。

とんびさんのコメント、私の記事の1000倍以上は共感する女性も多いと思います。
後日記事として使わせて頂くかもしれませんが、よろしくお願いします。

| onimaru | 2010/05/31 23:13 |

とてもいい記事です。

>きっと、どれだけ自分の事や周りの人のことを本当に大切に思えるか、の違いかなと思います。

非常に考えさせられます。
最近、両親に対し申し訳ない気持ちになり、友達の顔を見ると複雑になります。
彼から家族の話を聞くと、傷付けたくないと(特にお子さんを)、本当に思います。
無理している自分、我慢している自分。
悲しいですが彼に都合よく扱われています。

自分と周りの人を見つめて考えます。

とんびさんのコメント、別れを切り出すまでの気持ちの持ち方などが非常に参考になりました。

本日2回目のコメントになってしまいました。次にコメントする時はちゃんとお別れ出来てから、と思っていたのですが、とてもいい記事で、自分がどうしたらよいのかが見えてきたようで、気持ちも上向きになり、それを伝えたくて再度コメント致しました。

onimaruさん、とてもいいブログです。
私もこのブログが好きです。

| なみ | 2010/11/04 16:07 |

なみさん

>次にコメントする時はちゃんとお別れ出来てから、と思っていたのですが、

その辺は特に気になさる必要はないと思います。
こう言ってしまっては何ですけど、そうカンタンに事が運ぶというものでもないですし、
準備的なものも必要になるかと思うんです。

まずは、邪魔も入ったようですが(すいません)
スタート地点に来る事が出来たってことで。

>onimaruさん、とてもいいブログです。

ありがとうございます。
たくさんの方に支えられてこそ、だと思っていますので
コメントを頂ける方にはいつも感謝しています。
もちろん、なみさんもそのお一人であるわけです。

話は戻りますが、丸め込まれたからと言ってご遠慮いただく必要はないです。
そこに明確な意志があるわけですから、コメントを読んで
何か感じる事がある人もいるでしょう。

ご丁寧にありがとうございます。
また見てやってくださいね。


| onimaru | 2010/11/05 02:27 |

こんにちは。またまた、コメしちゃいました。あたしも、「何も考えてない」状態から、始まり、相手が引き返せないくらいの状態を見て、真剣に考えて、考えて、「別れ」を切り出しました。本当は、別れたくなかったのですけど、上手く、丸め込もうとしたら、出来ました。でも、相手の真剣さと、将来を考え、幸せになって欲しい。大切だと思ったら、答えは、一つしかないんです。既婚者側も、結構、傷つくんです。でも、相手のこれからの、普通でいい将来を考えて、別れを口にする既婚者もいます。何も考えないで、丸め込んで、継続していこうとする方々が・・・。ちょっと、考えられないです。先のある綺麗な女性の皆様!オジ彼より、いい男たくさんいますよ!女は、いくらでも、変われるんです。よね?onimaruさん?私も、ちょっと、グラつきそうになると、ここに遊びに来てしまいます。これで、良かったっていう、再確認かな?ブログ頑張ってください!

| ゆな。 | 2010/11/05 11:01 |

ゆな。さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>何も考えないで、丸め込んで、継続していこうとする方々が・・・。ちょっと、考えられないです。

結構いるみたいです。愛してるとかなんとか、不倫おやじの慣用句を駆使して
なんとか継続しようとするおやじ、たまにいるみたいですよ。

>先のある綺麗な女性の皆様!オジ彼より、いい男たくさんいますよ!

そう思うし、実際にそうなんです。
でもお別れってやっぱりすごく辛いでしょうし、経験がないことだから
躊躇してしまうように思います。
おじ彼だけが唯一だなんて、すごく寂しいと思うんですけどね。

>ブログ頑張ってください!

ありがとうございます。皆様のおかげですよ。
いつも感謝しています。

| onimaru | 2010/11/05 23:26 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/555-14af76d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT