不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫が終わりもう一度、安心して笑うために。

不倫の別れを経験し、葛藤しつつも順調に回復に向かいつつある方から超絶素敵なコメントをいただくことができました。ありがとうございます。すごく素敵な言葉だと思うので、じじいは余計なことは言わずご紹介させていただきます。



「お別れ」というスタートラインに立ったら。
まずは前に向かって歩き出して下さい。
辛くて苦しいけれど、勇気を出して。
振り返っちゃ、ダメですよ。
……おやぢがおんぶお化けに変身して(笑)、隙あらば取り憑こうとしてますから。

頑張って歩いたら、そのまま振り切れるようになります。
周りの景色を見る余裕だって、出てきます。
不思議なことに、おやぢとの距離が広がり始めたら、後ろを振り返りたくなる回数だって、減っていきます。
不倫中ってきっと、「おやぢ中毒」の状態なんです。
だからまず、身体の中の薬……じゃなくて、心の中のおやぢを解毒するところから始めてみませんか。
今まで心の中を占めていたおやぢが減ってきたら、きっと笑顔の時間が増えていきます。
少しずつでいいから、まず前に向かって歩き出してみてください。

もう一度、安心して笑うために。

ありがとうございました!
葛藤はありながらも、前に向かおうとする、まさに凛とした美しさ感じました。

確かに、スタートしたのに「隙あらば取り憑こうとする」おやじは多いかと思います。らぶほに連れ込む以外のことは何もできないのにね。

コメントいただいた方、本当にありがとうございました。心から感謝しています。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 16:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2010/01/25 00:06 |

こんにちわ

何度も何度も、ゆっくり繰り返し読ませていただきました。

この文章を書けるようになるまで、どれだけ振り返りたくなる気持ちを我慢したんだろう・・・
どれだけ苦しい夜を乗り越えたんだろう・・・

こうなるまでの時間は、ひとそれぞれだと思いますが、文章から静かな決意というか、この方の強さを感じます。

きっと、とてもつらい想いをされたんだろうな・・・とも。

不倫のままでいることは、決して良いことではないし、苦しいのに、相手から離れるつらさを考えれば、このまま一緒にいることを選んでしまうんですよね。

いつかは・・・・と思いながら月日は経ち、本当に離れられなくなってしまうのかと思うときさえあります。

私も、安心して笑いたい。
時計を気にする恋愛は、もう2度としたくないです。
そう思いました。





| snow | 2010/01/25 17:00 |

セサ ビ・スイート☆

レース&フリルがとてもかわいいですね(^^♪下着もちゃんとほめてくれる彼なので、下着選びが楽しいです。明日は一週間ぶりでデートです。

あの夢事件以来何日か不倫彼を思い出してしまいましたが、波が消え去って行きました。はぁ~本当にしぶとい!!また波が来ると思うけど、私は大丈夫です!!

イデアさんいつも私にもコメントいただきありがとうございます。





| みぃ | 2010/01/25 22:31 |

snowさん

素敵な文章ですよね。自分で克服した方の言葉だけに、美しいし、説得力があります。おっしゃるように強さも感じます。
もちろん、ここに至までの葛藤は大変なものだったと思います。
でもきっと焦る事無く、しっかりと今の自分を見つめ着実に歩き出したのだと思います。

おっさんが、ただただ「今もそこにいるだけ」なのに対し、女性は克服するたびに強くなっていくと思います。

>本当に離れられなくなってしまうのかと思うときさえあります。
今はそうお感じなのかもしれませんが、そんなことは絶対にないです!と、ひとまず言い切ってみますね。
人生において、おじさんだけが唯一で絶対なんてことはあり得ないんです。そう考えた瞬間に考えるのをやめているとも言えるのかもしれないです。おじさんを越える男との出会いなんて必ずありますから。

どうかお若い人生、まだまだこれからです。おじさんと離れられなくなる、なんて悲しい言葉は似合いませんよ。これから、があるんです。

| onimaru | 2010/01/25 23:27 |

みぃさん

こんばんわ。また見て頂きありがとうございます。

be Sweetは本当に可愛いと思います。バレンタイン用にどうですか、お一つ。きっと新品君も喜びますよ。

>下着もちゃんとほめてくれる彼なので、
いいですね。下着はあくまでも引き立て役なんですが、その引き立て役が絶妙なアシストをすることでまた主役が引き立つわけですね。
それに下着には気持ちが入ってると思うんです。
これで喜んでくれるかな、みたいな感じでしょうか。だから男としても、その時気持ち。自分のことを考えて下着を選んでくれたんだろうな、というような事を感じればより愛しさも増すものです。

>波が消え去って行きました。はぁ~本当にしぶとい!!また波が来ると思うけど、私は大丈夫です!!
よかったです。大きい波が行ってしまえばあとはもう、波なのか、なんなのかもわからないぐらい小さくなっていくでしょうね。きっと。それに彼という立派な防波堤もいます。

コメントありがとうございます。バレンタインに向けて下着ネタがんばります!

| onimaru | 2010/01/26 00:06 |

続きです

途中で切れたので続けますね。

おやじが奥さんより自分の方を見てくれているという優越感と安心感に満足してしまうのではないでしょうか。しかしそれは一瞬の満足で、あなたを安定させる人間関係とは異なるものです。

あなたには理解と愛情を注がれる資格があります。けれど、もしあなたが成育歴の中でそれを充分に得た経験がないなら、自分への理解と愛情はあなたにとって未知のものになっています。未知なもの、経験のないものについて人は信じることができません。だから、理解、愛情以前の「自分への関心」を愛情と錯覚してしまっていませんか。あなたが獲得すべきものは、お互いへの関心そのものでなくそこから始まる理解と愛情に基づいた信頼関係です。友人や上司との間にはそれが構築できているのだから、異性との間にもできるはずです。けれどそれがうまくいかないのは「私は幸せとは縁がない」と、思い込んでしまっているからではないですか。

今ここで自己分析できれば、今後のあなたはこんなにも大波小波に揺られなくなると思います。できなければ相手が変わってもまた同じことを繰り返す可能性があります。

自分を尊重してくれない相手とわかっていて付き合いを続けることは、自分で

| 現役隊員 | 2010/01/26 06:20 |

続きその2

自分を傷つけて、裏切っていることと同じです。これを続けていると非常に痛いしっぺ返しが来ます。つまり自己不信、これ以上深刻な病はありません。

どうかこの難局を乗り切って、何よりもご自分の可能性を大切に。ご自身の幸せを構築されて下さい。文面から拝察するに、聡明なあなたならできます。それでコメントする気になりました。



onimaruさんへ


たいへんご無沙汰しておりました。現役隊員でございます。またゆっくり近況報告させていただきますね。今年の冬は寒いですがお体お大切に。

| 現役隊員 | 2010/01/26 06:29 |

バレンタインデー用の下着☆

はい!色々参考にさせていただきたいので、よろしくお願い致します!(^^)

| みぃ | 2010/01/26 07:28 |

現役隊員さん

しばらくです。お待ち申し上げておりました。

>またゆっくり近況報告させていただきますね。

楽しみにお待ちしてます。また見て頂いてコメントまでいただいたので私すごく嬉しいです!

| onimaru | 2010/01/26 21:55 |

みぃさん

頑張ります!
下着を可愛いと言ってくれる相手がいればこそ、下着も活きるというものですね。
下着を自分のために選んでくれたときの気持ちも一緒に抱きしめたいものです。

| onimaru | 2010/01/26 21:57 |

不倫って簡単だよね

不倫って簡単だよね
メールや電話で簡単に別れることができる。どんなにすきでも簡単に別れることができる。
遊びだとわかってても認めたくない自分に腹がたつ苦しくて悲しくて寂しくてたまらない気持ちを押さえて体もボロボロ..
久しぶり会えたと思えば一時間ホテルで..そしてバイバイそんな生活三年自分の会いたいとき会えないと別れ話し、また他に出来たのだろう、最後の言葉は魅力や気持ちなくなったと..私立ち直ることできるかな?

| ねね | 2011/06/15 19:32 |

ねねさん

はじめまして

>不倫って簡単だよね

カンタンです。始めるのは誰でも出来ると思います。
止めるのは難しいですけど。

>私立ち直ることできるかな?

そう思います。不倫男に振り回される人生なんてつまらないと思いませんか

| onimaru | 2011/06/16 01:18 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/478-417a6f84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT