不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫事業仕分け

最近テレビのニュースで「事業仕分け」の現場を眺める事がありますね。
ご覧になった方も多いかと思います。

ああいうの見ていると、「このおやじだけは削減した方がいいな」と思う事もあるんですね。もちろん、行政に関することでなく、このブログで扱うような事柄に対して、なんですが。


仕分人 この(不倫)事業を継続する意義を教えてください。

おやじ ・・・ラブホとか・・ですね

仕分人 他にありませんか?

おやじ ・・うーん、ラブホとか。可愛いし、若いし。やっぱり好きだし。

仕分人 好き、だけではなかなか継続する理由にならないと思います。先の見えたあなたと違って、お相手には将来がありますから。

おやじ ・・うーん、ラブホとか。いや、ちょっとその辺は。

仕分人 ラブホ、ラブホってしつこいですね。さっきから。そんなんだから、ラブホ目的っていわれるんですよ。こちらも
「身体は愛されたけど心は愛されてない」
「心の繋がりが無い事をHの時にはっきり気がついた」
「おやじにできるのはHだけ」
たくさんの裏付けがあるんですからね。反論がないんなら削減対象とさせていただきます。


あっと言う間に事業削減に追い込まれそうですね。
とは言ってもおやじ自らが削減に動く、なんてことは無理でしょうし、結局のところは女の子が動くことになると思います。実際にお別れを経験された方からもそういったコメントもいただいていますし。

極端な例ではあるかもしれませんが、実際どうなのかと言うと、そういう思いをされた方もいるかとも思います。こういった機会で、相手の気持ちが見えてしまった、なんてこともあるようですね。

好きというのは、自分も経験したことだし否定するものでもありませんが、それだけでつき合えるわけじゃあ、ありませんからね。相手の好きという気持ちが免罪符になってんじゃねーのって気もします。

相手の将来を削るようなことが、相手の事を本当に大切に想う事になるのか。だいたいおやじっていい歳なんだし、ただただおやじが自らの感情最優先で溺れてしまうようでは、単なる感情の垂れ流しのような気もしてます。

関連記事

| 思うこと | 23:33 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面白い♪

onimaruさんこんばんわ。
笑っちゃいました。面白い記事で。
そうなんですよね、継続する理由は
もうラブホ関係だけなんですよね、最終的には。

| kirakira | 2009/11/23 01:47 |

モコ

はじめまして,モコと申します。実は大分前からこっそりと拝見しておりました…。
ワタシは24サイ,彼は同じ会社の40サイの既婚者サンです。お付き合いを始めて1年と少しになります。彼もワタシも初めての不倫。彼はとても真面目で少し不器用な人です。
ワタシから好きになってしまい,この関係になりました。
何度も別れ話をしたし,ツライ思いもしたのに,結局ワタシが離れる勇気がなく元通り。
はじめは毎日のように会って,メールも電話もたくさんあったのに,今では連絡のない日も当然のようにあり,会うのも週に1度1時間半程度です。そして会えば車の中でエッチしてバイバイ。
ワタシも彼と付き合いはじめてからブログを書いていますが,読み返すと彼は変わってしまったなぁと実感します。
彼がそんな人ではないと思っていても,冷静な第三者から見ればズルイ人なのに…どうして離れられないのか。
今すごく限界を感じます(;_;)

記事とは関係なくなってしまって申し訳ないです…なんだか誰かに聞いてほしくなってしまって。
また覗かせてください★

| はじめまして。 | 2009/11/23 12:33 |

kirakiraさん

こんにちわ。しばらくです

>笑っちゃいました。面白い記事で。

ありがとうございます!実はもうちょっと書いたんですけど、意味も無く長くなってしまったので今の長さにしました。あとで時間があれば書き足しておきますね(シャレにならない程度で)

まあ微妙ですけどねえ。
というのも、いい加減歳をくってくると、気持ちの入ってない相手とそうなったとしても(普通はならないけど)なかなかその気にならないってのもありますし、好きだからこそってのも確かにある訳ですねえ。まあでも大きなウェイトを占めていることは間違いないですね。

いつもありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/11/23 18:16 |

モコさん

はじめまして。ほぼおじさんの悪口ですがよろしくお願いします。

>はじめは毎日のように会って,メールも電話もたくさんあったのに,今では連絡のない日も当然のようにあり,会うのも週に1度1時間半程度です。そして会えば車の中でエッチしてバイバイ。

最初のうちは楽しいだけですけど、時間が経てばやっぱりこういった関係の持つ根本的な矛盾に気がついちゃうんですね。そうなった時に女性が悩んだり、ある決断をしたりということになるかと思います。
おじさんというのは基本、手放したくないですからね。

>彼がそんな人ではないと思っていても,冷静な第三者から見ればズルイ人なのに…どうして離れられないのか。

いわゆる「惚れた弱み」でしょうかね。でもその感情だけではやっぱり辛いままなのは変えようもありません。
おっしゃるように私のように第三者から見て、ズルいです。
というか、車の中ではねーだろって気がしますけどねえ。ひどい扱いだと思いますけど、コレが冷静な第三者の判断です。どうでしょう。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/11/23 19:39 |

相手の事を大切に想う

『相手の将来を削るようなことが相手を本当に大切に想う事になるのか』そんなふうに考えたことはありませんでした。彼が家庭の話をするとどうしようもなく苦しくて、私に辛い思いをさせていることに彼が苦しみを感じていることで救われていました。でも、これっておかしいですよね。大好きな人には笑顔でいてほしいし、幸せでいてほしい。そう願いながらも、相手がずっと笑顔だったら、やりきれなかったと思います。相手の幸せを望み続けることができない自分や自分の弱さを責めました。そして、これは本当に恋なんだろうか…と思いました。
そういえば、お見合いの日程が決まりました。頑張ってきま~す。

| Yumiko | 2009/11/24 08:13 | ≫ EDIT

仕分人

あぁ…(≧ω≦)泣き笑いしながら読んじゃいました!!

現実ですねぇ(;_;)

彼が不甲斐ない自分を許して下さいと連絡をくれました。

許しています。ずっと。始めから。

私の惚れた弱みなんでしょうかねぇ。

私は当事者でありながら、彼の良き相談相手です。同情かなぁ?これも惚れた弱みでしょうか?

| にゃんこ | 2009/11/24 20:08 |

Yumikoさん

こんばんわ。しばらくでしたね。
また見ていただきありがとうございます。

>大好きな人には笑顔でいてほしいし、幸せでいてほしい。そう願いながらも、相手がずっと笑顔だったら、やりきれなかったと思います。

微妙ですよね。相手の幸せが自分の幸せであると、私も本当に願えたのでしょうか。
去って行った時、彼氏報告を受けた時、結婚が決まった時、思い返すことがありますよ。
今はそう思えるんですけど、当時はどうだったんでしょうね。

>これは本当に恋なんだろうか…
恋と言ってもいいですけど、その前に不倫がついてしまいますよね。恋愛はもっと自由なはずで、しなくていいところで我慢したりとかやっぱり制約が多過ぎて。

>そういえば、お見合いの日程が決まりました。頑張ってきま~す。

その相手を選んだ、というのもきっと何かの縁だと思います。いい縁であることを願ってますよ。

さて!そうなって参りますと、不倫では何の役にも立たないこのくそおやじですが、「人目につかない女性ファッション」のジャンルはもはやライフワークとなっておりまして、ま、要するに下着のことなんですが、何かございましたら、お役に立てるよう頑張りますので、些細なことでもコメントいただければと、思います!
ま、お見合いの段階で下着だなんて気が早いとか、そういうことではなくて、ヒトに見せる見せない、というのは関係がないことでもあるんですねえ。

あんまり一人で張り切ってもアホみたいなんでこの辺でやめますが、
サルートフィリーのキャッチが「メイクよりも服よりも女を変えてしまうもの」なんですねえ。素敵です。
「新しい下着に新しい恋は宿る」とも申します。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/11/25 02:31 |

にゃんこさん

こんばんわ。またみていただきありがとうございます。

>彼が不甲斐ない自分を許して下さいと連絡をくれました。

おじさん、そう来ましたか。まあ確かにいただいたコメントのような状況になってしまったのですから、何を言われても仕方のないところかとは思うんですけど。まあでもこれを機会に一発、脇の甘さみたないところは注意させたほうがいいかもしれませんね。っって大きなお世話ですいませんです。

>同情かなぁ?これも惚れた弱みでしょうか?

どうなんでしょうねえ。微妙ですけどね。
惚れた強みってのがあればいいんですけど(笑)
不倫はちょっと置いておいて、ヒトを好きになるのって気持ちが高揚したり、生活全体にハリが出たりと、いいことが多いですよね。何事にも頑張れるというか。
そういった意味で「惚れた強み」があると素敵ですね。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/11/25 02:39 |

eri~さん

はじめまして。onimaruです。よろしくお願いします。

確かに「不倫の別れ」で検索されましたね。お恥ずかしい限りです。
「可愛い女性用下着」とか「可愛いブラジャー」とかで検索されるよう、がんばってます。

>これからは主人と向き合わなければ。

それが何よりですよ。以前にもWが終わった方からコメントをいただいたことがあります。「逃げていた」とおっしゃるんですね。本来向き合うべきことに対して、不平や不満があったこともあって、そんなときにフトした出会いがあり。みたいな感じですか。
ご本人は結局、「逃げ」では何も解決しないということに気がついて、家庭に戻りました。
ぎくしゃくしていた夫婦間も、少しずつ修復していくことで改善された、とおっしゃってましたよ。

>付き合っている時はもっと早く出会っていれば、とか思っていましたが、

思いがちですよね。あと「独身の時に出会いたかった」とかね。
そんなの、結婚している今だからこそ出会ったわけであって、仮に独身の時に会ってたところで恋仲にはなってませんから。

>ところでonimaruさんはもしばれていたらどうしていたか考えたことはありますか。

あまり考えたことはなかったですね。でもバレなきゃあすべてが丸く収まるって訳でもないことは、確かです。あまり答えになってなくて申し訳ありません。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/11/27 02:23 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/11/28 22:50 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/449-45cd3997

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT