不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の終わりが始まり

以前に「始まりが終わり」なんて書いた記憶があります。
不倫関係ってずーっと続くか、と言えばそうでなくいつか終わりを迎える、というケースが大多数であると思われますので、てことは、「出会いが既にもう終わりに向かってのスタート」なんて思えなくもないわけです。

でもコレ逆も言えますよね。きっと。そう思いたいです。


不倫を終わらせたけど、今でも別れのダメージというか後遺症に悩む方からコメントを多くいただいています。
「年単位」でダメージを被ってしまう、前に進めない、ということなんですが、不倫が終わったってことは、始まりでもあるわけですよね。あ、あの次の不倫への始まりってことじゃあないですからね。念のため。たいがいの人は不倫して、その関係の不毛さに気がつき1回で終わるはずですから。

始まりっていうのは本来の自分を取り戻すための、始まりです。

もう誰に後ろめたい思いをすることもなく、堂々と人生を歩めるわけです。

夏休み、クリスマス、お正月に連絡を期待して、何もなく、結局携帯ながめておわってしまうともなく、

休み中のおやぢの家族での団欒を妄想しては(妄想と現実は著しく違うことが多いけど)涙することもなく、

非通知から着信があれば、「事実を知った奥さんから?」と怯えることもなく

友人の結婚式で「私、なにやってるんだろう」と自己嫌悪に陥ることもなく。

正々堂々、人生を歩めるわけです。そのスタートなんですよ。ってことでどうですかね。
実際にそう思うし、この考えが間違っているとも思えない。至極まっとうなことをたまには書いてみましたけど、どうでしょうね。

男と女の違いってあるでしょうし、特に身体の関係が長く続いてしまうと、ダメージを被ってしまい、回復迄に時間がかかるとは思います。

でも、そのおやぢの魅力って・・・本当にそうなんでしょうかね?身体の関係が長く続くと、そういう考えにとらわれてしまいそうだけど。

おやぢをしのぐ新品クンは必ずいます。別れた不倫おやじだけが「運命の人」だなんて少し寂しすぎる人生だと思うんだけど、どうっすか。

対異性関係ってことで言えば、人生の中で一番輝いていて、楽しくて、売り手市場(表現が悪かったらごめんなさい)である今の時期に、別れた、あるいは別れようとしつつあるおやぢのことで、大切な、二度と来ない時期を過ごしてしまうのは、「金をどぶに捨てるようなものです」

おやぢで頭がいっぱいだった時には見えなかったことが、いっぱい見えるはずなんです。

------10/25追記------

素敵なコメントいただきました。ありがとうございます!
悲しい気持ちを薄め、楽しいことを考えられるようになるために、旅行や、美味しいものを食べる。新しい洋服を買う、そして新しい恋を引き寄せるために、新しい下着でございます。(すいません。下着部分だけ強調してしまいました)

関連記事

| 思うこと | 11:49 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちわ

onimaruさん
私のことですかねぇ(笑)
終わったから、前に進む気持ちになれたのかもしれません。
前に進むから終わりに・・なんて。
絶対無理(苦笑)
逆はむりですから。

今年はクリスマス限定♪
絶対手に入れますよん。

| kirakira | 2009/10/23 12:40 |

kirakiraさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>私のことですかねぇ(笑)
いえ(笑)具体的に誰、ということではないんですが、思い返してみると、前も今もそういったコメントを頂いていたなあと思いまして、書いてみました。

>終わったから、前に進む気持ちになれたのかもしれません。
やっぱり、終わりがスタートにちゃんとなってますよね!出会いが終わりの始まりってのも寂しいですけど、こういう関係ですから否定の仕様もないです。

>今年はクリスマス限定♪
すいません、下着のことですよね?じゃあデジールかなあ、と思います。
でもたまにセールやりますからね(笑)こつ然と。
ベーシックにブラとおパンツだけだと11月から販売開始らしいです。
白がないのが残念ですけどね。最初見た時に絶対白が可愛い!と思ったんですが、ありませんでした。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/10/23 20:07 |

お勧め本

onimaruさま

お久しぶりです@hanaoです

最近読んだ本で、脳科学者の茂木さんの本があるんですが、
“残念ながら、悲しい気持ちを忘れることはできない”そうです。
でも、悲しい気持ちを薄れさせることはできる。
それは、脳に他の楽しい回路を作ってあげることだそうです。
旅行をする、美味しいものを食べる、新しい服を買う、新しい下着を買う(笑)・・

脳が悲しい回路よりも楽しい回路をよく使うようになって、
薄れるそうです。

それと、ここ重要!
onimaruさんの終わりが始まりとまさにおんなじ意味じゃない?!

とても悲しい、辛い思いをしたときこそ、
脳は次の幸せを感じるための準備をはじめている。

どうしても、人間だから頭でわかっていても
割り切れない心がたくさんあると思います。

脳は0.1秒で恋をするという本。
どっぷりはまるような本や映画もいいかも知れませんが、
感情のおさまりがどうしても悪い時に、理論立てつつ
しかも、こんな気持ちも仕方ないんだなぁ、
でも、次こそ幸せの準備をしているに違いない!!と
本気で思っています(笑)

そして、私も彼のことを思い出さない日はありませんが、
あの後も色々と分かってしまったことがあり、
2年近い時間も、毎月のように彼の家で過ごすためのばかにならない交通費、
浪費してしまったと思います。
消費したのであれば、後悔はないのですが、残念ながら浪費でした。
それでも、自分が彼と一緒にいるためにあの時は選んだことだから
それも仕方ないと思っています。
でも、やっぱり気持ちだけは浪費したと思いたくはないんですね、これが。

この数か月、異性に限らず色んな出会いがありました。
楽しく過ごしていても、急に泣きたくなったり、何してるのかな?仕事忙しくて、体壊してないかな?とか、ふと彼を思い出している自分もいますが、頻度は少しずつ減っています。

| hanao | 2009/10/23 23:36 |

いつも前向きなonimaruさんの記事とレス、ありがとうございます。
私は今、まさに苦しくて苦しくて“別れ”に向かって転がり墜ちてるところです。
苦しいから、別れれば少しは楽になれるのかもと頭では思うのですが、別れても彼を想う気持ちが消えないこと自分で分かっているから考えただけで苦しくて。ツラい選択を自分でしてみても、結局本能が彼を求めて戻ってしまう。
もともと、人付き合いが苦手な私は、彼に頑張って別れを告げても自分だけで処理できなくて苦しくて狂ってしまいそうになります。 まさに不倫地獄。
“今そんなに苦しいのなら、今別れても苦しいだけだから、他にいい人ができて心に余裕ができてから別れればいいさ”と、友人たちはそう言います。
でも、結局誰といても何をしてても、好きでもない異性といても苦しくなるだけなんですよね。
別れた先に、身を切られるような寂しさと孤独が待っているとしても、それでも別れなければならない。 その時の苦しみはもう避けては通れないのでしょうか。
ずっとずっと一緒にいたいだけなのに、どうしてこんなに苦しまないといけないのでしょうか。
すみません、思い詰めたようなコメントで…。

| ゆき | 2009/10/24 12:34 |

hanaoさん

こんばんわ。しばらくでした。
以前のコメント募集の件、ありがとうございました。心から感謝しています。

>旅行をする、美味しいものを食べる、新しい服を買う、新しい下着を買う(笑)・・

ですよね!特に最後。実際にそういう方がいらっしゃるんです。
下着はきっかけなんですけど、「新しい恋を呼び込む」ということで明るい色の下着を買い続けていたら、ほんとうにそうなったそうなんです。
下着にしても、洋服にしても、そういう前向きな気持ちに少しでもなれれば、あと少し、という気がします。できれば下着がいいんですが(笑)

がっつりと下着バナー貼ってもいいですかね?
せっかくそういう頼もしいコメントもいただいたことですし。

本のご紹介ありがとうございます。いいアイディアだと思いますよ。
自分は、不倫に関する本をアマゾンとかで紹介しようかとも思ったんですけどやめました。
不倫してる人が、不倫の本を読んで、何か現状を変えることができるか?と思ったからなんです。
不倫に陥ってしまったからこそ、そういった本を読むというのがいいですね。

>でも、次こそ幸せの準備をしているに違いない!!と
>本気で思っています(笑)

ほんとにそう思いますよ。やっぱり人の出会いと別れってそれなりに意味があると思うんです。
良くするのも悪くするのも自分次第ですよね。
悲しい恋は、次へのステップってことで。

>2年近い時間も、毎月のように彼の家で過ごすためのばかにならない交通費、

そうですねえ。精神的な負担のみならず金銭的な負担まで、って思うし。何なら請求書送ってやればいいんですよ。もちろん、自宅に(笑)

>この数か月、異性に限らず色んな出会いがありました。

いいことだと思いますよ。なんか動き始めてるのかなって勝手に思いました。
いい出会いになることを願ってます。あと少しですかね

正直言いまして、hanaoさんからこんなに早く、こういったコメントを頂けるとは思っても見ませんでした。ブログをやっていて、良かったと思える瞬間です。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/10/24 23:19 |

ゆきさん

こんばんわ。しばらくでした。その後いかがですか?

難しいところですねえ。
まず感じたのは以前にもいただきましたが、「お別れ未遂」について。
気持ちのどっかで、戻れば受け入れる(相手が)というのがあると思うんです。

大変申し訳ないんですが、戻った女性を受け入れるというのは、優しさとか思いやりとはまたちょっと別だと思うんですね。この関係の場合。
相手の事を本当に大切に思えば、男はどうすべきなのか。

ブログ拝見しましたが、ちょっと悪い方に作用してしまっているのでは?とも感じてしまいました。
つまり、書く事によってより一層悲しい気持ちや辛い気持ちを増幅しちゃってるような印象を受けるんです。もちろん、誰にも言えないことを吐き出すことによって、バランスを保てている、というのもあるとは思います。

ご自身で自覚しておられるように、まさに周りが何も見えていないような状態に陥ってしまっているようにも思えます。

仕事とか、お友達とか、ご家族とか。もっともっと関係を深めてみてはどうでしょうかね。
というよりも、少しでも不倫のことを頭から追い出すのは難しいでしょうか。

別れても辛い。続けても辛い。確かにそうです。
でも不倫が楽しいのって、最初だけだとも思えます。少し時間がたてば、どうしてもこういう関係の持つ根本的なものに疑問を感じ始めて、たいていの場合は女性が何かしらの決断を下す、ということが多いようにも思えます。

どうですかね。せっかくコメント頂いたのに失礼なことばっかり書いて申し訳ないんですが。

であともう一つ。失礼を承知で申し上げますが、「既婚男の術中にはまってしまった」とも感じます。

月並みで申し訳ないんですが、「おじさんありき」では何をやっても、誰と会っても、結果としてつまらないし、何にもならないと思うんです。何をやったところで、何も変わらない。

でも一番変える可能性を持ってるのも自分である、というのも事実なんです。おじさんではないんですね。

失礼なことばっかり書いてすいませんでした。

| onimaru | 2009/10/25 00:00 |

こんばんは。
貴重なご意見、ありがとうございました。
onimaruさんのおっしゃる通り、近頃の私は不倫地獄に陥ってどうかしてしまってるみたいですね。
先日、友人からも叱られました。

幸せになりたいという気持ちは常にあるんですけどね。

どうにか気持ちを立て直していけたらな…とは思っています。
ありがとうございました。

| ゆき | 2009/10/26 19:26 |

ゆきさん

こんばんわ。ご丁寧にありがとうございます。

>先日、友人からも叱られました。
叱ってくれる友人がいるということは、いいことですよ。それだけゆきさんのことを心配して、大切に思ってくれているということだと思います。

26日付のエントリー拝見しましたけど、いままでの思い詰めたような内容が続いたあとで、少し明るい材料があるのかなと思いました(前半)
以前に「自分が愛される存在であるということを忘れないでほしい」とある記事に対してコメントをいただいたことがあるんです。
お書きになった「必要とされている」ことを実感できるのはすごくいいですよね。気持ちが強くなれる。

おじさんと、独身クンと、どっちがゆきさんを「必要としているか」
いちいち私が申し上げるまでもないとは思います。

もちろん、条件で相手を好きになる訳でないのでなんとも言えませんが、「縁」ってタイミングみたいなものもあるとは思うんです。もし、縁があるのであれば、逃さないでほしいとは思ってます。

焦る必要はありません。独身クンへの気持ちが育っていくことを願っています。

| onimaru | 2009/10/27 00:16 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/437-78b016cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT