不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

応援したいヒト

こんにちわ。
連休も終わりに近づいて来ましたけどいかがお過ごしでしょうか
残り少ない連休、こういう機会もそうそうないですから、できれば屁もアテにならん奴からの連絡を携帯握りしめて待つだけで過ごす、なんてことのないようにしていただければ、と思います。
あっ、相変わらず大きなお世話ですいません。


FC2ブログのTBテーマが「がんばれ!と応援したい人・モノ」だそうなんで、まあ不倫ブログだしね、テーマだけパクってTBはご遠慮しとこうかなって、セコいマネをやってみたいと思います。

セコくて、こすっ辛くてすいません。まあでもブログを選ぶ時には最善の選択がFC2とも思ってますんで。FC2以外の選択肢っていうのがない、というのが現状ですしね。

がんばれ!と応援したい人・モノ

やっぱり不倫のお別れに涙する女の子でしょうか。
まあでもフト思うんですけど、始まる前って誰もが「自分が不倫なんてするわけがない」と思っていたはずなんですね。
好き好んで不倫関係に突入するヒトがそうそういるとも思わないし。

(まあ中には「人妻じゃないと萌えない」という嗜好をもった方々もいるようですけど、ま、その辺はお好きにどうぞ。旦那にフルボッコにされる覚悟で。(実際にそういう目にあったヒトを知ってます)

おやじと言えども、もしかしたらそこからなにか学んだこと、とかもあるのかもしれないけれど、まあそれはそれで。

運命の出会い、というものがあるのか、どうかわかりませんが、それは絶対におやじじゃあないはずです。
他にいますから。まだ出会ってないだけです。

今お持ちの魅力というのは、決しておやじを喜ばせるためのものじゃあないはずです。

関連記事

| 思うこと | 09:52 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。onimaruさん。

『応援したい人』 なんか素敵な言葉ですよね。
自分の事よりも、相手の事を心から応援できるような人になりたいですね。
早く、心にそんな余裕が出来たらいいな。なんて。


先日の記事読ませていただきました。
この場をお借りして、私なりに応援させてください。

naさんが倒れてしまっていたなんてとても驚きました。
そんな状況になるまで我慢していたなんてとても辛かったでしょう。

もう、我慢なんてしないで下さい。

naさんの意志でこれからは暮らして行って下さい。
おじ彼なんかに、naさんの大事な人生奪われちゃだめですよ!!
でも、無理だけは絶対にしないで下さいね。
陰ながら応援しています。

| あや | 2009/09/22 21:31 |

あやさん

こんばんわ。
先日は、あやさんも色々と大変な中、コメントいただきありがとうございます。
感謝しています。
応援したい人というのは、実はそういうテーマ設定があったのでパクりました(笑)
でもコメントをいただくたびに、
「おやじにはもったいないよ!もっとちゃんとした人がいるはず」って思ってますよ。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。
今回はありがとうございました。

| onimaru | 2009/09/23 00:20 |

かおりさん

はじめまして。読んで頂きありがとうございます。
ほぼおじさんの悪口と下着関連で成り立っているブログですが、よろしくお願いします。

>その時はまさか、私がこんな事するなんて思ってもなかったです。
好き好んで既婚者とそうなるハズもないので、たくさんの方がそうおっしゃいます。事実私もそうでした。不倫とは最も縁遠い男。と思ってましたから。まあだからと言って肯定できるはずもなく、というところなんですけどね。

>他に好きな人が出来るまで…とも思ったんですが彼の事を好きな以上無理だと気が付きました。
今はまだ出会ってないだけで、いずれ必ず出会うものです。おじさんのことで頭がいっぱいだと気がつかない、気がつきにくい、だけなんだとも思います。
あとすごく重要なことですけど、おじさんが頭の中にいれば、確実にチャンスはつぶれます。

>麻薬中毒者と同じようになってしまった私ですが不倫をどうか断ち切ってみせます。
自覚されているのであれば、大丈夫ですよ、きっと。

申し訳ありませんが、メールアドレスの記入はスパムメールが行ってしまうので、コメントは削除させていただきました。以前からそういう措置はとらせていただいているのでご了解ください。
詳しくはこちらをごらんください→http://onimaru.blog51.fc2.com/blog-entry-145.html

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/09/23 02:45 |

こんばんは

またまたお久しぶりです。onimaruさんが不倫に悩む女子の応援してくださってるから、onimaruさんの記事を読むと何だか安心します。
とか言うくせに、私自身、不倫彼に勢いで別れを告げたのに、また戻ってしまった情けない女です。
前はもっと余裕が持てていたのに、最近からは立場が逆転してしまい“楽しい不倫”が出来なくなってしまいました。
別れる勇気を持つことが、どれほど難しいことか。 彼に離婚して欲しいわけじゃない、ただ楽しい恋がしていたいだけなのに、それが一番難しいことなんですよね。
この連休、彼の声が聞きたくて聞きたくて寂しくて寂しくて苦しくてたまりませんでした。
今までは休日でも平気だったのに、それが平気じゃなくなってしまった自分が悔しいです。
無理してまでも続ける意味なんてないこと分かっているのに、自分を奮い立たせて彼の傍にいたいと願う自分。
カッコ悪すぎですよね。 ちょっと、愚痴になってしまいました…。
すみません。

| ゆき | 2009/09/23 20:39 |

ゆきさん

こんばんわ。しばらくです

>とか言うくせに、私自身、不倫彼に勢いで別れを告げたのに、また戻ってしまった情けない女です。
まあ割とよくあるお話でもあると思うので、自己嫌悪に陥らないことです。問題なのはそこから更に後ろを向いてしまうことですよね。

>最近からは立場が逆転してしまい“楽しい不倫”が出来なくなってしまいました。
どうでしょうかね。もともと楽しい不倫なるものが存在し得るのか、どうか、というのもありますけど、「楽しいだけ」というのはホント最初のうちだけという気がします。
時間が経てばやっぱりこういう関係が持つ根本的な矛盾に気がつき、いくら割り切れるつもりでいたとしても、そんなのあっけなく崩れさってしまうものだと思います。感情はやっかいなものです。
スイッチをオンオフできるように割り切れるのであれば、おやぢとの決別もすんなりいくはずですから。
既婚者同士だと、どーなんだか知りませんけど、イーブンでない関係の場合だと「楽しい恋」というのはなかなか成り立たないと思いますよ。

>この連休、彼の声が聞きたくて聞きたくて寂しくて寂しくて苦しくてたまりませんでした。
長期のお休みの場合だと私は、可能であれば帰省をおすすめしてます。真に大事にすべきは、おやぢならぬ親父ですよ。

>無理してまでも続ける意味なんてないこと分かっているのに、自分を奮い立たせて彼の傍にいたいと願う自分。
奮い立たせる元気があるのであれば、仕事とか、また別の方面で是非!方向を間違わなければすごく強い力になるように思いますが、奮い立たせる局面を間違ってしまうとせっかくの気持ちも空回りで、もったいないです。本来すごく強い力を持っているはずなんです。
今だけちょっと迷走しちゃってるのかもしれません。

>カッコ悪すぎですよね。 ちょっと、愚痴になってしまいました…。
その辺は、吐き出し口になるのであれば、ご自由に使って頂いて構いませんから。
コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/09/24 00:23 |

冒頭のメッセージが好きです

辛いことばかりですよね。
実は私はこんな事を言える様な立場にないので
いつもこちらに来させて頂いてかなり恐縮なのですが・・・

最近、嫉妬に耐えられなくなり2度目のお別れを告げました。
結局別れることは出来ませんでしたが、
その嫉妬のせいで関係もギクシャクしてしまったのに
彼のことが大好きでいつまでも抜けられずにいます。

恋って本来は楽しくてワクワクするものでしたよね。
大好きなのにどうしてこんなにいがみ合ってしまうのでしょう。

onimaruさんの冒頭メッセージ
「今でも大好きであり」
がいつもいつも心に沁みます。

| Muaythai | 2009/09/26 21:04 | ≫ EDIT

Muaythaiさん

こんばんわ。いつもありがとうございます。

>辛いことばかりですよね。
楽しいっていうのは最初だけ、と言えば言い過ぎかもしれませんが、関係が深まるにつれて、辛い感情というのが楽しいより先立つようになるように思います。こういった関係が持つ根本的なところです。

>いつもこちらに来させて頂いてかなり恐縮なのですが・・・
いえ、何をおっしゃっておるんですか(笑)先日のご意見募集にコメントを頂いたり、とても感謝していますよ。そう言わずに毎日見てください。

>最近、嫉妬に耐えられなくなり2度目のお別れを告げました。
>結局別れることは出来ませんでしたが、
なんとも微妙ですねえ。実はここ1週間で同じようなコメントをいくつかいただいているんです。
でも戻ったにしても、じゃあ仲直りできてよかったね、ちゃんちゃん。という訳にもいかないようです。
自分は戻るのが弱いとは思わないし、十分な準備が出来ないままそうなっても、結果として戻ってしまうように思うんです。終わるんなら女性が一番納得いくカタチで、とは思いますが、何を持って納得なのかは難しいです。

おっしゃるように、本来、恋愛って楽しいものなんですね。それに年齢的にも一番楽しい時期のはずなんです。でも好きというだけで、つきあえるか、というとそうでもないですよね。本当に自分にとって魅力的なのか、どこにどう惹かれるのか、これを機会に考えてみるのもいいかもしれませんね。

>「今でも大好きであり」
わはは。まあ想う分にはこっちの勝手ですんで。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/09/27 01:25 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/426-0c445e98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT