不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いただいたコメントからおやじの出来ることを考えてみる

すっかり暖かくなって、蝶々さんが飛び回る季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
蝶と言えば、蜘蛛ですから、私なんぞも自由に飛び回る蝶々さんを眺めながら、「出来ればつまんねー蜘蛛にはつかまってほしくない」と思う次第です。

さて、以前の記事に非常に深いコメントをいただきました。



蝶が飛び立つとき、蝶が、以前よりも輝いているか
傷ついた羽で飛んでゆくか・・・・
それは、その男の器(魅力)しだいですね。


自分は不倫なんてやっぱりないほうがいいし、
短いのがいいのか長いのがいいのか、と言われれば「たぶん短い」
続くのか、終わるのか、と言われれば「たぶん終わり」
としか答えようがないんですが、それでも唯一、女性にとって意義を見いだすとすれば、ここだと思います。

そもそも独身のコの不倫なんてのは、時間は無駄になるわ、余計な回り道になるわ、我慢した先に何かあるかと言われれば何も無いわで、誰がどう考えてもおやじのいいとこ取りなわけです。

恋をすると女性はきれいになる、と言います。ならない恋もあるかもしれませんが、できれば恋をしてキレイになる、ほうの相手に出会えた方がずっといいですよね。

そのおやじ、羽を傷つけるだけではないですか?


可愛い素敵なブラで、華麗に羽ばたいてください!トリンプのヨセアゲハ

関連記事

| 思うこと | 23:08 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昔おぢ彼に別れ話をした時に「女性は可愛がられてキレイになるんだぞ。だから独身の彼氏ができるまでは可愛がられてた方がいいじゃないか」と言われたことがありました。その時声にはしませんでしたが「女性は満たされてキレイになるんだよ」と思いました。
不倫をしている人達の分だけ形はあると思いますがどうなんですかね?
多少の切ない感じは色気に繋がるのかもしれないですが、大部分を占めてしまってはよくないですね。

| りんご | 2009/05/10 09:42 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| - | 2009/05/10 10:58 |

りんごさん

>その時声にはしませんでしたが「女性は満たされてキレイになるんだよ」と思いました。

声にしちゃえば良かったかもしれませんね。
おっしゃる通りでおじが一方的に可愛がったところで、効果はないと思われます。
もともとが無理のあるつきあいですので、おじが強い自制心と広い心をもっていない限り難しいとは思います。
だからやっぱりおじの魅力というか人間性ですよね。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/10 12:57 |

終わった今なら

やめた方がいいって言葉を素直に受け止められますね
でも、最中はやっぱりムリだったかも(笑)
好きだし、離れられないし、でもやめた方が良いのもわかってるし、、、と悶々としちゃいますよね

私、少しは成長できたのかなー?
決してあの時間がムダだとは思わないけど
彼がいなければ、今頃は違う相手と幸せだったのかも~なんて
妄想だけはします。
でもそれって誰が相手でも同じことなんだろうな~

| sachiko | 2009/05/10 20:58 |

こんばんは(^O^)

onimaruさん、皆さんこんばんは^^今日は夏日でした~。

恋は盲目といいますか、変な蜘蛛(おやじ)にひっかかっても「でも好きなの」ってなっちゃうんですよね。

コメントでありましたが、最後は人間性なのかな。本当にお互い愛し合って、結婚することはなくても一生一緒にいたい、と思える相手だったら一生不倫関係でもいいのかもしれませんね。
私の場合は、相手に尊敬できない部分があったらナシです。

既婚者の方、お姉ちゃんに「好きだ、大切だ、かけがえない存在だ」と言うなら、寂しい気持ちや苦しさを受け止められる器量を持って欲しいですね。

私もおやじの悪口になってしまいました~!

| 恵み | 2009/05/10 22:12 | ≫ EDIT

羽、修復中

えーと……結果から言えば、羽ぼろぼろになりました(笑)。
今思えば、お相手はどうやら「つまらない蜘蛛」さんだったのだなぁと、反省してみたり。

でも、これもまた勉強なのだと思っています。
時間がかかっても、羽はいつか治るものだし、この経験があるからこそ、次はもっと高く飛べるでしょうから。
今回の傷、そして一人反省会で出した答え等々……。
それら全て、無駄にはしません。
まだまだ痛みもいっぱいだけど、これが私自身の答えです。

一方のおぢは……。
バレずに終わった♪ とお仕事&ご家庭に専念してますねぇ。
おぢさまって、こんなにお気楽なものでしょうか??

| 真珠 | 2009/05/10 23:11 | ≫ EDIT

うまく飛んでるかな・・

onimaruさんこんばんわ。
りんごさんのお言葉・・すごく胸にささりました。
蝶がどのように飛び立つかは、このりんごさんの「女性は満たされてきれいになる」
って、すごく関係しているように思います。

おじとの関係はやっぱり我慢がたくさんでした。・・我慢しないといけないって暗黙のルールになるんですよね。でも、それもわかってて始めたこと。
そうするとおじによって満たされることってだんだんと難しくなりました。
時は流れていきますし、人の気持ちも変化していきますし。

初めのころは、それはそれはただ楽しい大好きの気持ちが大きくて輝いていたかもしれませんが、2人の関係に変化がでてくると不安ばかりで毎日泣いてました。
そんな時はきっと蝶には見えないほどボロボロだったと思います。

でも、だんだん泣くこともなくなり頑張ってキレイになって見返そうって。
これは、おじのおかげでいい社会勉強になりました(^_^;)

今の私はうまく飛びたててるといいんですけど・・。
羽の傷は自分の事だけを想ってくれる人に修復してもらうのが一番かもしれませんね。
何よりも特効薬になりますものね。

| kirakira | 2009/05/11 00:02 |

020殿

もう、もえには羽がありません 泣

不倫初期の方やこれからそうなってしまいそうな人々には肩をガシっと掴んでぶんぶん揺らして
『今なら間に合うーやめとけやめとけ』って言いたいですね。
色々学ぶものなんてしょーもないものばかり、そして無駄に強くなる。これがもえの本音ですわ。

さなぎに戻りたいもえでした 笑

| もえ | 2009/05/11 18:40 |

sachikoさん

こんにちわ。その後いかがでしたか

>でも、最中はやっぱりムリだったかも(笑)

そうですねえ。でも決め手はやっぱりご自身の判断だと思いますし、それが正しい判断だと思ってます。

>彼がいなければ、今頃は違う相手と幸せだったのかも~なんて
>妄想だけはします。

相手が結婚したにもかかわらず、私もそう思う事もあります。妄想かどうかわかりませんが、こればっかりはなんともですけどねえ。
プレステのコントローラは私もほろっと来ましたけど、はっきりしてるのはsachikoさんの決断は決して間違いないし、必ずいい結果につながるはずですよ。何より常に前を向いて進もうとして、実際にそうしているわけですから、いい結果がでないはずがないですよね。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/11 20:27 |

恵みさん

こんにちわー、いつもありがとうございます。

>恋は盲目といいますか、変な蜘蛛(おやじ)にひっかかっても「でも好きなの」ってなっちゃうんですよね。

そうですねえ。「恋は盲目、ただし不倫は除く」ならいいんですけどそうもいかんですね。

>結婚することはなくても一生一緒にいたい、と思える相手だったら一生不倫関係でもいいのかもしれませんね。

どうですかね。それはないように思いますよ。相手のことで頭がいっぱいだとそう思えてしまうのかもしれませんが、必ず、不倫おやじが問題にならんぐらいのお相手というのはいるはずなんです。おやじでいっぱいの頭を空っぽにしてみてこそ、そういう可能性も出て来ると思うんです。
長引けば長引くほど、そういう可能性をつぶしてしまうのかなーとも思えます。

>私もおやじの悪口になってしまいました~!

先日チャットを開催したんですが、おやじ悪口大会で盛り上がりました!皆さんが同じような思いをされているんだと思わされましたよ。機会がありましたら、是非ご参加お願いしますね。

| onimaru | 2009/05/11 20:41 |

真珠さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>時間がかかっても、羽はいつか治るものだし、この経験があるからこそ、次はもっと高く飛べるでしょうから。

そうあってほしいと強く思います。ダメージから回復する時こそ、以前よりも力強く飛べるように思いますよ。
まあおやじのクセにくせーこと言ってますけど、本音なんです。
それにそうならないと、今まで費やした時間が無駄になっちゃいますよね。
所詮おやじは次への踏み台的に(笑)

>おぢさまって、こんなにお気楽なものでしょうか??
どうでしょうねえ。人にもよると思いますけど、そう思えるんであれば完全卒業もすぐですよね。
どう思っているのかは考えてもしょうがないし、事実はそれほど重要でもないように思います。大事なのはこれからの真珠さんですよね

コメントありがとうございます。今後も「恋に効く、女を上げるランジェリーブログ」を目指してますのでよろしくお願いします。

| onimaru | 2009/05/11 20:54 |

kirakiraさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>初めのころは、それはそれはただ楽しい大好きの気持ちが大きくて輝いていたかもしれませんが、

やっぱり最初はそうですよね。自分のことを思い出してもそうでした。
でも段々と、こう、なんというか。
おじとしても「申し訳ない」「このまま自分と居ても時間を無駄にさせてるだけ?」と考えるようになりました。

>でも、だんだん泣くこともなくなり頑張ってキレイになって見返そうって。

そうですね!おやじが頑張ったところでたかが知れてますが、女の子が本気になってそう思えばすごく強いし、実際にそうなると思います。

>羽の傷は自分の事だけを想ってくれる人に修復してもらうのが一番かもしれませんね。

最高です。自力修復にくわえてそこが加わればもう、おやじは要りません。
「自分の事だけを想ってくれる人」がいるってことはすごく幸せなことですよ。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/11 21:02 |

萌絵ちゃん

こんにちわー。お元気でしたか。

>もう、もえには羽がありません 泣

実はですね、女性の羽というのは、
「傷ついても修復可能だ」
「修復したらもっと強くなる」

そのほかに
「なくなってもまた生える」

という特徴があります。
キモチがあればいくらでも再生できるんですよ。
薄くなると再生が絶望的に不可能なおやじのドタマとは違うんです。

>さなぎに戻りたいもえでした 笑

いつも強さと明るさを感じます。大丈夫、これからですよ。

| onimaru | 2009/05/11 21:26 |

onimaru様

ここには、とても素敵でそして強い蝶々さんたちが
集まっているようですね。

きらきらひかるたくさんの羽が見えるようです。

みんなきっと素敵な恋をして
(おやじを踏み台にして)
ますます美しくなってゆくのでしょうね。

女の子って、本当に素敵です。
あ、onimaruさんも素敵よ。(オマケ♪)


| 理沙 | 2009/05/12 00:40 | ≫ EDIT

こんばんは。盛り上がっていますね~。

私の場合は…昔からはいずって生きてきて、彼に会った時にはすでに羽がなかったかも(笑)もしかしたら彼は傷ついていた私に羽を与えてくれたのかなと、そう思える面もあります。

onimaruさんのお言葉にもあるように「自分のことだけを想ってくれる人」がいてくれたら、やっぱり有難いですねぇ。彼とは月に三回ぐらい会っていますが、やっぱり足りないです。彼に与えてもらった羽で新しい人のところに飛んでいける日が来るのかなぁ。ならば週に二回ぐらい一緒にごはんを食べて、色々な話ができる関係が理想です。独身オヤジってどこにいったらいるんでしょうねぇ。まったくもって出会いナシです(>_<)


| 現役隊員 | 2009/05/12 01:49 |

onimaruさんkirakiraさん、こんにちは!
「女性は満たされてキレイになる」は結婚が決まって、どんどんキレイになっていく友達を見てそう思いました。
オーラとゆーか本当に幸せそうでキラキラしていました。
彼と離れて寂しさはありますが、もう悩むことも不安に思うこともなくなり、以前に比べて目の曇りが取れたように思います。
今度は独身の彼と素敵な恋しましょうね☆

| りんご | 2009/05/12 20:48 |

理沙さん

ああっっバレちゃいましたか、すいません。
ってご挨拶に伺うつもりではおりましたが。

>(おやじを踏み台にして)
>ますます美しくなってゆくのでしょうね。

本当にそうあってほしいと強く願います。
ただただ辛いだけの涙じゃあそのまま辛過ぎますからね。
私は不倫におちいった女性がとるべき行動のヒントが以前のブログにあると思ってます。

>女の子って、本当に素敵です。

いかようにもキレイになれる、ほんと素敵ですよね。
私なんぞは、街をゆくキレイな蝶々さんを眺めていると、警察に通報されかねない年齢なんでほどほどにしてますけどね。

素敵なコメントいただき、いつも感謝してます。

| onimaru | 2009/05/12 21:19 |

現役隊員さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>彼に与えてもらった羽で新しい人のところに飛んでいける日が来るのかなぁ。

そうですね。それもアリだと思いますけど、本来誰にでも備わってるものだと思いますよ。羽がない、なんてことはなくて、誰でも高く飛べると思ってます。

>独身オヤジってどこにいったらいるんでしょうねぇ。

どうなんでしょうねえ。
不倫おやじとか、不倫願望おやじなら、掃いて捨てるほどいますけどね。
石を投げれば当たりますから。
まれに「思いっきり石をぶつけてもいいんじゃねーの?」と思わせるようなコメントを頂く事もありますが。

以前にも書いたような気もしますが、
一定の年齢以上の独身おやじですと、「あきらめ」的なものが先立って、目立たないんじゃないですかねえ。でも運命の出会いって年齢とかは関係なくて、きっと出会いがあるとは思うんです。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/12 21:31 |

りんごさん

ご丁寧にありがとうございます。

>以前に比べて目の曇りが取れたように思います。

りんごさんにとってすごくいいことだと思います。不倫中だと周りが見えないこととかありませんでしたか?
おっしゃるように寂しいキモチもおありでしょうけど、目の曇りがとれることのほうがずっとずっとりんごさんにとってイイことだと思いますよ。

| onimaru | 2009/05/12 21:34 |

こんばんは

う~ん…みなさんのコメントを読んでいて、色々考えてしまいました。
私にも、また蜘蛛の巣から飛び立つ時は来るのかしら?
って言うか、もう羽根は失ってしまった?
実は先日小さな誤解から、初の危機が訪れたのですが(すぐに落ち着きました)
その時に思いました。
もしも彼とお別れしたら、私の一生分の恋はおしまいだなー…って。
まあ私も結婚してますが、もう飛び立つ必要もない感じ。
蜘蛛の巣からパワーをもらってますから。蜘蛛の巣から離れたら、もうポタリと落ちてもいいかなぁ…。
そう思うくらい18年間の恋は長くて、体に染み込んでしまいました。

すみません。なんだか取り留めのない文章ですねぇ(笑)。
先日のピンチから、色々考えてます。

| 椿 | 2009/05/12 22:50 | ≫ EDIT

椿さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>もしも彼とお別れしたら、私の一生分の恋はおしまいだなー…って。

私の場合ですとそう思ってます。あれで全部使い果たしたって。ですからこれから先は二度とありません。

>蜘蛛の巣から離れたら、もうポタリと落ちてもいいかなぁ…。

いやー、何もポタリと落ちる必要はないですから。
不倫したほうがいいというわけではもちろんないんですが、結婚してからより輝くのが女性だと思います。
いろいろな要因はありますけどね。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/13 20:26 |

数日前、彼と会う機会がありました。二人きりではなく、仕事絡みの飲み会です。
せっかく思い出になりつつあったのに、また色々な感情を思い出して、ボ~ッとしてると涙が出てきます。ついつい連絡をとりたくてたまらなくなります。迷惑だし、もしそれで嫌われたら…って自分を一生懸命抑えてます。
羽根って皆さん仰ってますよね、私は全部のことを彼が教えてくれました。自分が女性であること、ただ二人でいるだけで満たされること、苦しさも淋しさも、幸せも、そして何の取り柄もない私にも羽根があるということ。

| 桜の木 | 2009/05/14 14:02 |

桜の木さん

こんにちわ。

涙が出るのは無理からぬところかと思います。
時間が経っても思い出すものは思い出しちゃいますからね。
だいたい終わったからと言ってすっきり明日から忘れられる、なんていうのは無理な相談ですよね。
似たような内容のコメントも先日いただいたばかりです。

>そして何の取り柄もない私にも

これが少々違ってまして、何の取り柄もない、なんていうのはそれこそ「あり得ない」と思います。
本来、女の子の持つ魅力を曇らせてしまう、というのはいろんな要因があるとは思います。対人関係のストレスだったり、仕事上のことだったり。
でも本人が持ってしまっている「私なんか」的な考えも、大きな要因になるんじゃないかと思ってます。

不倫のことを言い出せばキリがありませんが、
おじにとってはものすごいリスクがあります。でもそのリスクを負ってでも桜の木さんとある時期、そういう関係であったということは、それはある意味肯定的に考えてもいいんじゃないでしょうかね。
どうでしょう。変ですかね?

女性としての魅力は十分お持ちだと思いますが、いかがですか。

| onimaru | 2009/05/14 19:38 |

魅力的だなんて!はじめて言われました。お察しのとおり、私はいつも「私なんか」って感情が軸にあるんです。
彼と別れようって思った時も、淋しくて不安でどうしようもなくて
「私みたいにパッとしない浮気相手なんて、もういらないんだ。邪魔者は消えなきゃ。嫌われないように私から早く別れなきゃ」って必要以上に自分を卑下して追い詰めていました。

| 桜の木 | 2009/05/14 20:04 |

桜の木さん

女の子って自分の気の持ちようひとつで、いかようにも変われると思うんです。
今のキモチを明日から180度代えるってのも無理な話でしょうし。
不倫相手のことを明日からキレイさっぱり、というのも無理です。

これから、じゃないですかね。
時間はかかっても少しでも前に進めればいいんじゃないでしょうか。
悲観したり卑下する必要はどこにもないですよ。してもいいことないですから。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/05/14 23:16 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/383-3538b4ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT