不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

卒業

まずは、おぱんつネタいっときます。
若いコに大人気のアモスタイルでかなりお得と思われるセールをやってます。→アモスタイルでとびきりキュートに!

携帯の方はコチラ→アモスタイル☆特大 セール開催中!!

激カワなひもパンが400円代とかなりお得と思われますがどうでしょうね。おパンツ単体というのは、贈る方としては実は「上下セット」よりもメリットがあったりもしますが、それはいつか書きます。


さて、桜のお便りもそろそろ聞かれる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
季節がら「卒業」なんて言葉も思い浮かんだりします。

まあ、このおやじはひねくれてますんで、卒業なんて聞けば、 そか、不倫卒業かあなんて思ったりします。イカれてますね。

アンタはどうなんだと言われますと、卒業できずに万年落第なので、なんとも言い様がないんですけどね。まあおやぢの場合は、卒業なんて言葉は使わずに、単に振られた、でいいかと思います。

一般的な卒業が、悲しくもあるけれど、これから未来に向かって希望に満ち、期待に胸をふくらませるといった感じですから、不倫卒業もそうあって欲しいとは思います。

「今まで学んだことを生かし、これからの生活に・・」というのは卒業式にありがちな強い決意でありますが、不倫はどうなんでしょうね。

何かを学ぶ、学ばないというのは人それぞれでしょうけど、それでも終わりというよりもスタートとして考えたほうがずっとずっと、今後の人生にもいいように思います。

実はそういったようなコメントをいくつか頂いているんです。
感じるのはやっぱり、女性の凛とした潔さみたいなこと。

辛いけども自分から強い決意を持ってこういったことを乗り越えていく女性というのは、きっと一回りも二周りも成長できるんでしょうね。
そうなれば、この理不尽な恋愛にも意義を見いだせるかもしれませんし、せっかくですからそうあっていただければとも思いますよ。ほんと。おやじなんかのために泣いたりしたんですからね。

まあ取り残されたおやぢはかなり惨めでかっこ悪いですけど、いたしかたのないところであります。


関連記事

| 思うこと | 14:39 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわ。いつも見てるだけの私でしたが、今日は何故だかコメントしてます。
私不倫してました。彼の奥さんが妊娠してて、その事実を予定日二週間ほど前にいきなり聞かされ、ショックで別れました。
でも忘れられなくて1ヶ月程で戻りました。でも罪悪感やら寂しさ、疑心暗鬼… ぐちゃぐちゃで私から別れを切り出しました。でもどこかで引き止めてくれたら、彼をまた信じてみようって、思いました。
でも彼はあっさり、「わかった」って…
あの日からもう一年経とうとしてます。彼と話がしたい、声が聞きたい…たまにこの世から消えたいって思うことがあります。
彼にあいたい。

| 桜の木 | 2009/03/20 22:43 |

疑問

余談になってしまうのですが、
一つ、疑問があります。女性はかなり敏感な感性を持っていると思います。
そこで疑問は…自分の夫が不倫をしてる…と気付かないものでしょうか?

| チル | 2009/03/21 17:08 |

桜の木さん

はじめまして。
おじ悪口と下着満載ですが、よろしくお願いします。

>でも彼はあっさり、「わかった」って…
どうでしょう。本当にあっさりかどうかは本人にしかわかりませんが、引き止める、というのは気持はあっても難しいです。

今の関係でいたいとは思うはずですが、なにしろおじは結婚してますし、女の子には将来もあります。ですから女の子がそう決めたなら、おじとしては従うしかないと思いますよ。たとえ気持がどうあれ。

会うという選択肢もあるわけですが、またおっしゃるような罪悪感、寂しさ、疑心暗鬼の毎日に戻るような気もします。

ご自身で辛い決断をされたわけですから、どうでしょう。
月並みですが、没頭できるようなことを探すというのがベストだと思われます。と、まあ口で言うのは簡単なんですけどね。焦る必要もないとは思います。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/03/21 17:55 |

お返事、ありがとうございます。
私がしっかりしてたり、社交的だったらもっと早く切り替えて、良い人生を歩めてるんでしょうけどね。
思い出しては毎晩泣いています。
アドバイス通り、夢中になれることを見つけて彼のことあまり考えないようにします。もう少し、がんばってみます。

| 桜の木 | 2009/03/21 19:10 |

チルさん

総じて女性は、勘が鋭いですから、気がつくケースも多いと思いますよ。
黙認していて、バレていないと思っているのは男だけなのかもしれませんね

| onimaru | 2009/03/21 22:11 |

桜の木さん

ご丁寧にありがとうございます。

好きなのにお別れしなきゃならないこともあるっていうのは、やっぱり理不尽な関係なんですね。
本当に相手のことを大切に思うのであれば、踏みとどまるべきであったのか、
とか私も、思い出す事もあります。

やっぱり時間が必要ですから、それが長くかかるのか、短いのか私にはわかりませんが、焦る必要はないと思います。

この先もずっとずっと泣き続けるわけにもいきませんからね。
いずれ、自分が必要だと思った時に自然に前に進めると思いますよ。
おじはこの先もずっと同じですけど、将来もある若いコが泣いてばかりじゃあもったいないですよ。これから、です。

コメントありがとうございました。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/03/21 22:12 |

いつもの言葉を

こんばんわ。onimaruさんのブログに出会って長い時間がたったような気がします。
そんな中、onimaruさんが言ってる言葉。

いつかは卒業した方が良い
その時、女性には凛とした潔さみたいなものがある

「ふ~ん、いつかそんな日が来るのかなぁ」と思いながら読んでましたが
ついに私にも訪れそうです。

頑張って仕事と勉強をした成果という意味ですごく嬉しい反面
ダーリンと離れないといけない悲しい現実
だけど、この先ずっと一緒に居ても、二人で堂々と道は歩けない。
結果、私の決断は間違ってないはず。

という思いがぐるぐるしてます。
結論はわかっちゃいるけどねぇ~・・・いや、決して戻ろうとは思わないけど、でもねぇ悲しいねー。
というもどかしい感じです。

ダーリンも頑張って応援してくれるようなセリフを言ってくれるので
頑張って、卒業したいと思います。
でもやっぱり悲しいものですね。
始めなければ良かったと今更ながらに思いますが
得たものも大きかったから、やはり居てくれて良かったんだと思います。

| sachiko | 2009/03/22 00:24 |

卒業の覚悟

今回のお題と皆様のコメントを読んでたら、某ユニットの「好きでも一緒にいれない時もある」なんて歌詞が思い浮かんでしまいました。
(ちょっと季節外れ?!)
でも、不倫の関係って、そういうものですよね。
よっぽどのことがない限り、いつかは必ず終わる物語。

今、あまりにも気持ちが、おぢに傾きすぎているのかもしれない、とちょっと冷静になろうとしています。
だからこそ、相手が安心しきってしまうのかも。
多分この女は逃げない。
まだまだ都合のいい関係を優位な立場で、続けていける、と。

今まで心の中で否定しようとしてきたけど、甘く見られていることは間違いないわけで。
(奥様にバレることを極度に恐れているのに比べたら、私は言いくるめて誤魔化されてしまっている状態に間違いないですから)
それに気がついたら、なんだかこの軽い扱いに対して怒るべきなのかもしれないと思えてきました。

不倫からの卒業って、こうやって始めて行くのかなぁ。
……まだまだ暗中模索。
不安の中を手探りです。

不倫卒業しても、下着マニアは辞めませんけどね♪
いつかデューブルベさんで、オーダーブラ&おぱんつを造るのが密かな野望です。

| 真珠 | 2009/03/22 01:58 | ≫ EDIT

sachikoさん

こんにちわー。

>onimaruさんのブログに出会って長い時間がたったような気がします。

その間にsachikoさんの身の回りの環境の変化が大きかったのでそう感じるのかもしれませんね。

>だけど、この先ずっと一緒に居ても、二人で堂々と道は歩けない。

そうですねえ。まあそれ私も言われましたんで(恥)
最初はのうちはやっぱり楽しいし、好きという感情でいっぱいでしょうけど、フト気がついてみると、女の子って適齢期っていうものもあるし、家族や友達にも紹介できない関係っていうのは、すごく寂しいものだとも思います。

>結果、私の決断は間違ってないはず。

ブログを拝見してますけど、間違ってないですよ。
上を目指して転職するってすごく素敵です。結果として卒業となったとしても、やっぱりご自身の人生を最優先ですからね。

>得たものも大きかったから、やはり居てくれて良かったんだと思います。

そう思えるのであれば、悲しい感情があっても、いわゆる発展的卒業といいますか、まあうまく言えませんけどそんな感じになれると思いますよ。信頼関係というか。悲しいだけの卒業だと、まさに悲しすぎますからね。

きっとうまく行くと思います。
転職先で困ったら、元上司ってことで相談しちゃえばいいんですよ。

コメントありがとうございます。うまくいくことを願ってます。

| onimaru | 2009/03/22 08:56 |

真珠さん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>だからこそ、相手が安心しきってしまうのかも。
ああ、ちょっとありがちかもしれませんね。不倫に限らず男はあぐらをかきたがるものです。不倫の場合だと特にそうかもしれません。
勘違いするんですよ。おやぢが。オレはもてるって。
おやぢのくせに(笑)

>多分この女は逃げない。

私やられましたですよ。まさに。突然でした。
おやぢは女の子がいろいろと悩んだり考えたり、時には涙を流したりとかするのに対し、基本、能天気で無神経で天下太平です。

で、まあ相手のことを多少心配しつつも、今の関係を続けたいと思いつつ、でもやっぱりこのままで相手のためにいいのか?なんて思いつつ・・

>まだまだ都合のいい関係を優位な立場で、続けていける、と。

女の子が今の関係に不安を感じたり、疑問を感じ始めると立場が逆転します。今までの分が全部逆転しちゃいますね。
だからまあ、こういう関係に終止符を打つのか、関係を変えて行くのかわかりませんが、動かすのは女の子のほうだと思ってます。

既婚おやじは基本的に根性がないので動かせないんですね。

>いつかデューブルベさんで、オーダーブラ&おぱんつを造るのが密かな野望です

素敵です!あの価格帯でセミオーダーっていうのはいいと思いますよ。
コレクションの20とか91あたりがすごく素敵ですね!
55や50もすごくいいです。

http://www.wacoal-dubleve.co.jp/collection/index.html

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/03/22 09:42 |

卒業って・・

onimaruさんこんばんわ。
最近このキーワードをとてもよく考えます。
一体どうすると卒業になるんだろう・・って。
おじに冷たくされても、逢えなくなっても、嫌いじゃないんですよね。・・なれないです。
一方的に連絡を絶ったとしても、気持ちがついてこないと卒業できないですし。
不思議なことに、今のほうがわりと冷静にメールのやり取りをしています。
ごくたま~にですけど。
世間話に加えながら、逢いたいだの楽しみにしてるだの全く躊躇なくメールできてるんです。ほとんど、私からメールなんてしたことなかったのに、最近何度かどうでもいい世間話をメールしたりしてます。
これって一体なんだろう・・。
今の私が何を言っても、重たく感じたりすることってないと思うんです。
だから、私も遠慮なく素直になれてるのかもしれません。
もしかしてこれがひとつの卒業なのでしょうか。
お別れしても人生の先輩としてよき相談相手に・・なんて、私には絶対無理!!!
って思ってました。私の中で、終わったら音信不通しか選択肢になかったハズなのに、最近のやり取りで少し変わってきたような・・。
おじに彼女でもできれば、また話はべつですが・・(笑)
いろんな人生の節目に連絡できるかなって。おじがそれを望んでいるかは全く分からないし、何を考えているのか全然分からないんですけど。
聞くのコワいです(^_^;)

いい意味で卒業したくないなぁなんて思ったりもします。

| kirakira | 2009/03/24 21:52 |

kirakiraさん

こんにちわ。いつもありがとうございます。

>今の私が何を言っても、重たく感じたりすることってないと思うんです。
>だから、私も遠慮なく素直になれてるのかもしれません。
>もしかしてこれがひとつの卒業なのでしょうか。

そうかもしれませんね。お互いに会わないことが暗黙の了解のようにも思えますし、男と女ということを抜きにして、信頼できる関係であれば、それはそれで大事な縁だとも思います。
まーこの際ですから、今まで言えなかったこととかを全部言っちゃえばいいんじゃないですかね。

で、どうしましたかね?おじさん。やっぱりショックだったんでしょうね、きっと。立ち直ったんでしょうか。気になります。

>いろんな人生の節目に連絡できるかなって。おじがそれを望んでいるかは全く分からないし、何を考えているのか全然分からないんですけど。

そういう連絡があれば、すごく嬉しいと思いますよ。もちろん放置するのも自由です。
段々と小さくなっていくのかもしれませんね。いつか。

コメントありがとうございます。また見てくださいね。

| onimaru | 2009/03/25 00:56 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/363-b8d18e3f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT