不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

寒い季節に思ふこと

先日、缶コーヒーのことなど書いてみました。
寒い季節です。嫁いでしまった不倫な彼女は今頃は、ダンナのためにおでんでも作っているのかもしれません。まーいいけど。

とは言っても「おでんはオレのほうが先」なんつーつまんない中年おやじの見栄のお話なんてのもあるわけです。ざまーみろやい。

案ずるな。キサマが先におでんを食べることができなかったのは、キサマの若さのせいじゃない。単に「格の違い」だ

(朽木白哉さま、ご協力ありがとうございます)
でもそこは中年おやじのことですから、「散れ千本桜」と言う前に、自分が散ってしまいましたけど。

さて、デートをしたのはいいけど、実は会ってみると彼女の体調が悪かったということがありました。会える機会も限られてるし、ということで無理して出てきてくれたんですが(しかも隠してる)、機会は少ないとは言え別の日というのもあるので、やっぱり「お家で寝てなさい」ということになります。

実はこの時はもう不倫な関係も終わりに近づいていたころで(あとで思えば、だけど)ちょっと重い空気もありました。
ひとまずコンビニでおでんをしこたま買い込んで、らぶほへ行き、寝かせます。熱はあまりないようなので、枕元に腰をかけ、ふーふーしながらおでんを食べさせます。
(実は私、こういうことがやりたくてたまんなかった。普段何もできないから。ま、カゼひいてるのにらぶほ連れ込むな!と言われりゃあそれまでだけど、せっかく出てきたのに、また家に押し戻すというのもあんまりな気がしまして)

ふーふーしながら、口に運んでるうちに、ん?ん?どうした?彼女の頬を伝わる涙。

聞きましたが、答えない。ただただ黙って、涙を静かに流すだけ。
少ししたら治まったので、今度は彼女に無理やり(笑)レンジでチンのおかゆとか、残りのおでんを食べさせ、あとはずっと一人で寝かせてました。

次の日にはまあまあ体調は回復したようですが、流した涙の意味は聞けずじまい。
今にして思えばもうその頃は不倫な関係を清算したいと、決意してたのか、とも思います。
どこまでも、どこまでも、鈍いおやじでありました。(おじさんも一応、人の身を案じる、ということぐらいはできますんで、一般的な目的でのらぶほ利用にはなってません。念のため)

おでんはオレが先だって、そうか、彼女の作ったものを食べてるわけじゃなかった(笑)失礼しました。
関連記事

| 思うこと | 21:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

彼女の涙

切ないですね。
onimaruさんへの愛情と、自分の立場のつらさの狭間で
涙がこぼれてしまったのでしょうね。

onimaruさんの問いかけに
何も答えなかった彼女、本当に・・・健気。
いい女です。

| 理沙 | 2007/11/13 22:38 | ≫ EDIT

理沙さま

こんにちは
その時は、まったく理解できんかったんですよ。
なんでだろうって。ホント鈍いおやじだと思いますけどね。
その頃はもうお別れを意識してたんだと思います。
自分としてはせめてもの無理やり押し付け的な
行為だったとは思いますが、自己満足に終わったような
気もしてます。
後悔先に立たずではあります。
また見てやってくださいね

| onimaru | 2007/11/13 23:28 |

うん・・・・切ないねぇ。

涙かぁ・・・しばらく流してないなぁ。

大仏の前で流したことがないあたしです。

頬を伝わる涙を見られた時・・・愛しかったですか?

| 東子 | 2007/11/14 09:40 |

東子さま

こんばんわです。
>頬を伝わる涙を見られた時・・・愛しかったですか?
こんな場面で申し訳なかったんですが、でも
MAXです。これ以上は無いというぐらい。

>大仏の前で流したことがないあたしです。
本人の前では見せないという人もいますよね。
女性を泣かせちゃあイカンですね。

| onimaru | 2007/11/14 19:02 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/180-f69ed258

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT