不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人妻との逢瀬

こんばんわ。
最近はスーパーの「お一人様1個限り!」というのを見ても、ドキっとしなくなりました。歳のせいでしょうか。
以前ですと、「お一人様2個まで!」というのを見ては「そうだよな、2個まではいいんだよな」などとおかしな所で納得したものです(嘘)。
別の意味で「先着順!」というのを見ると「そうだ!そうだ!」と思います。まあ先着というよりもそれ以前に終わってたんですけどね。

先日、言霊なんて書いたんですけど、偶然というか、意識した訳ではないんですが、たまたまそういう機会に恵まれました。恵まれた、と言っても、ひたすら本能のおもむくままに、とかそういったことではないです。
仕事の関係で、たまたまそうなってしまった、まあ単に奥様と二人で打ち合わせをする機会があった、というだけで、たまたま他に誰もいなかった、というだけです。まあちょっとだけ、そうなれるような努力はしましたが。

ま、でもホラ一応おじさんも男のはしくれだから、大きな窓から見えるカップルども(一応それなりの場所は選ぶ)を眺めながら、ティーカップを持つ指先からもにじみ出るような人妻フェロモンを軽くかわしながら聞いてみます。

「ああいうのを見て、ちょっと独身の頃が懐かしくなったりしませんか?」

「そうね、そう思わないこともないけど・・どっち選ぶって言われたら、迷わず今です。子供は小さいし(二児の母)自由な時間はないけど、それ以上のものがある感じですねえ」

なるほどね。どうしてこの女性が魅力的なのか、垣間見たような週末でした。

このあと、某コンビニのコーヒー試飲サービスで若いおねえちゃんの「いかがですかぁ」という明るい笑顔にもドキっとさせられた実に無節操なおやじであります。

関連記事

| 思うこと | 22:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

onimaruさま

今回はリンクしてくださって、ありがとうございます。
大変読みやすい文章表現で、うらやましい限りです。
今後のご活躍をネット上より拝見しております。

| akky | 2007/11/06 16:59 |

akkyさま

いえ、とんでもないです。
読むと支離滅裂になってます。

ご丁寧にありがとうございます。

緊迫の24の今後が楽しみです。

| onimaru | 2007/11/06 22:44 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/175-907a9a63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT