不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社長の愛人(オチ)

先日書いた記事をちょっと補足と訂正です。

「・・若いコに魅力を感じる・・」とありますが、これはたまたま、そのコが若かっただけで、特にそういったことを感じるのに年齢というのはまったく関係ございません。
自称「30禁男」としたことが、凡ミスでございました。

その愛人サマは実はそこの元社員でした。ま、別にどうでもいいんですけど、
実はどうでもよくない、とんでもないオチがついております。

その会社で名刺を一新することになったんですが、上がってきたものを見ると
どうも・・その、今ひとつ。前のほうが断然良い。
入社後間も無いぶんざいで私は、他の社員に

「新しい名刺ってなんかしょぼいですよねー
前のほうが全然いいじゃないですか。センス悪いですよねー」

なんてコミュニケーションの一環として和やかな雑談の場に話題を提供しました。
実はこの時私は、社長が私たちからは死角になっているところでなにやら仕事をしていたのを
まったく知りませんでした。

私の一言で、他の社員の顔がこわばったのを強烈に覚えています。
がたがた音がして、社長が外出します。(あ、いたのか)なんて能天気に思ってましたら、
社長が完全に外出したのを確認してから、社員が私に教えてくれました。

A子さん、知ってるだろ?あのヒトさ、社長のコレ(小指を立てる)なんだよ。
今回の名刺もA子さんの発案で、A子さんが決定したんだよ。
だからA子サンのことには触れないほうがいいよ。この会社にいるんならね。

早く言ってくれ!あんだけ言ってしまったあとで・・・

しばらく冷遇されちまいました。確か1ヶ月近く私を明らかに、露骨に避けてましたね。
まあ、愛人の悪口言われりゃーね。しかも新人に。

だけどなー、愛人にそんなこと仕切らせてるほうが悪いんだろ?なんて思います。当時も今も
まったく反省しておりません。当初こそ、ちょっとだけ青くなりましたけど、原因が原因ですからね。

愛人だろうが不倫だろうが恋愛だろうが、公私のケジメ、だけはしっかりとつけたいものです。
関連記事

| 思うこと | 23:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはよぉです。
仰る通りです!
公私のケジメをつけてこそ男、それができる男がよぃです。

あたしの彼は社長です、もちろんあたしを表部隊になんか出しません、笑 二人で影でこそこそです。笑

| 東子 | 2007/10/13 09:45 |

東子さま

おはようございます
不倫でもそうでなくても、どうも「自分のおねえちゃん」というのを「公」の部分でも可愛がりたがるヒトというのは割と多いみたいですよね。男は問題外としても、どんなに仕事ができる女性でも、やっぱ引きます。
でも、その会社は得意先も含めてそんなのばっかでした。
ケジメがつかないオトコというのはダメです。

>二人で影でこそこそです。
正しいですね。隠してこそ、です。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2007/10/13 13:25 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/163-a8d6bb77

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT