不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

女性の「これじゃない」

お休みでもありますから、軽めに。
また、女性の事情を全く知らないおっさんが書くものですから、どうかお聞き苦しい部分に関しましては、「所詮は素人」ということで笑って許してやっていただければと思います。

以前に女性の魅力を書いたんですが、その逆です。コレはちょっと。というところで。


勝負下着の現場でパンスト

すいません、本当すいません!申し訳ありません。って何でこんなに卑屈なのか自分でもわかりませんが、あれはちょっと・・・

同じストッキングという名称でも「ガーターストッキング」なら最高なんですよ。キャットガーターならなおさら最高。

女性をよりスタイリッシュにみせて、オトナの魅力を引き出す。これがストッキング。

しかし、「パンティストッキング」となることで、まさに天国から地獄へと突き落とされてしまうんです。

あんな奴らに同じ「ストッキング」を名乗る視覚はございません。


最先端のファッション。でもヨレた下着

本当すいません!でもこの逆が素晴らしい。いや何も最先端の下着ってことでなくて、高級ブランドでもなくて、ようは、センスのいい可愛い清楚な下着ってことで。

メークとかファッションとか、男なんてどうせ見てないですから。
むしろ、見えないところに気を使う。この細やかな心遣いは素敵な女性である何よりの証拠でございます。


勝負下着の現場でベージュ

本当すいません!申し訳ありません。色々とご事情がおありなのは承知しておりますが、イザという時にコレですと、後頭部を棒でガン!と殴られたような感じ。


と、ついつい余計なことを書いてしまいました。でも女性の魅力でも書いたように、やっぱり「ナチュラル」が一番の女性の魅力ではないかと思います。ストッキングや可愛い下着がどうやってナチュラルに結びつくんだと言われれば、お返事にも困るんですが、それはそれ、ということで。

関連記事

| 思うこと | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1562-9d245b36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT