不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もうすぐ女性が一番輝く季節

もうすぐ女性が一番輝く季節がやってきます。
これは数年前に見たどっかの下着ブランドのキャッチだったんですが、クリスマスのことですよね。

一年で一番輝くそうですが、まあ大変に結構なことかと思います。


まあメディアにあおられて、形だけのクリスマスというのもどうかとは思いますが、二人で過ごす時間というのは大切なものです。今というのは、もう二度と来ない時間でありますから。

来年もある?  ないです。絶対にありません

例えば25歳のクリスマスは一生に一度だけ。ですからどうか大切になさっていただきたいと思います。

でもそういったイベントを大切にしないといえば、不倫

鳴るあてのない携帯を握りしめて、ただただ無駄に過ぎ去る一日。そんな思いをしているのは私だけかと思いました!とコメントをいただいたこともあります。

まあ、忘年会とかなんとか。おっさんとしては適当にウソをつける季節でもあるんですが、結局のところ格下扱いでしかないんです。彼が時間をとってくれて、と感激するコメントを頂いたこともありますが、どうなの?って。

あの、2番手なんです。家庭のクリスマスイベントは何があってもという感じですが、時間があれば。もし可能であればというところなんでしょうね。

ウゲッ…そこまでやる?「不倫カップルのクリスマスラブ」の実態

クリスマスにパートナーがいないというのは、何も恥じ入ることではありませんが、上の不倫カップルは惨めすぎ。職場やカラオケBOX、マンガ喫茶は、しかるべき用途があって存在するものなのです。不倫カップルのクリスマスラブに用いられるべきものではございません。

しかるべき場所を用意できないのに、そんな扱いを受けたら女性は怒らなきゃ。それでも会えればいいという思いもあるのかもしれませんが、いつまでも「二番手」に甘んじていると、女性の価値を下げかねません。だいたいヨメとはそんなとこでそんなことをせんわけでしょう。


酷い扱いを受ける不倫いんちきクリスマスよりも、例えば可能であればお友達やご家族と過ごすクリスマスのほうが、推定で1000倍程度は輝いた表情を見せることができるはず。大切なのは心からの笑顔。これが女性の魅力の一つのうちものすごく大きなウェイトを占めます。ストレスを感じるような関係からは心からの笑顔なんかうまれないはず。

関連記事

| 思うこと | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1553-6b139891

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT