不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫ブログを見なくなる日

そんな日がいつか来ることを願っています。特にお若い方。

いつか、というよりは早い方がいいですよね。不倫のブログを長い期間見てるってことは、それだけ不倫が続いているってことなんでしょうから。

終われば見なくなります。当然です。いつまでも見続ける理由はありません。かく言う私のブログも見られなくなりますが、それは健全な状態に戻ったということですから、歓迎すべきことでもあります。


不倫のブログを見て、うんうん、わかるわかる。こんなに人を愛せるなんて!!苦しい…でも彼を愛している!!あぁ、運命のイタズラ。苦しい恋しかできないわたしも彼も可哀想!!およよーなんて共感しているヒマがあるんならもっと他のことに目を向けたほうがいいのではないかと思うんですね。

共感するところもあるのかもしれませんが、結局はそこに止まり続けるためにしかならないようにも思います。

もし、終わったあと見るとどうなるか。ご意見もいただいているのでいつかご紹介したいと思うんですが、もう決して見れるようなものでもなくなるんです。

不倫って狭い世界での出来事でしかなく、若くて将来性のある方がそんなところで時間を浪費してしまうのは本当にもったいない話。出会いの可能性をぶっ潰しているのは不倫相手にほかなりませんから

大事なお相手は、今日も元気に家に帰って嫁の機嫌取ってるだけです。

という単純明快な理屈を若い方がわかっておいでなのかどうかは、私にはさっぱりなんですけどね。

今は一時的に視野が狭くなっているだけ。視野を広げることができれば、不倫なんて理不尽で狭くてつまらない世界での出来事でしかないってきっと気がつけるはず。

不倫したいおやじなんて掃いて捨てるほど居ます。石を投げれば当たるってやつ。若くて将来のあるお嬢様におかれましては、どうかひっかからないでいただきたいと思っています。

関連記事

| 思うこと | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1550-31ca671c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT