不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつか来る日(5)お別れ

話し終わると、黙って涙を浮かべた目で私を見ています。
私に出来ることと言えば、黙って抱きしめるだけ
あのお泊まりで安心しきって、それ以降何も彼女の
気持ちに目を向けることをしなかったのかもしれません。


大好きでいたいの
家族の幸せを願う関係でいたい
嫌いになりたくないの


既婚者である私にこんなに好意を持ってくれてる女性に
こんな想いをさせてしまっては、オトコ失格なんでしょう。
ぽつりぽつりと涙声で話し続けます。

奥さんに知られたらと思ったら本当に怖かった。
私が原因で家庭が壊れたら、本当に耐えられない。
そうなったら、一人になったとしてもつきあうことなんてできない。
人の幸せを壊した、自分の幸せなんてほしくない


人目のつかないところに車を止めたので
2時間近くいたでしょうか。
独身の彼ができて去っていくことよりも
こんな想いをさせた、ということが私には辛かった。

以前は、傲慢な思い上がりで、つなぎとめておきましたが
もう、これ以上は無理だと思います。もう束縛はできない。

好きにしていいよ。と言ってから
彼女が頷いたのは随分時間がたってからのように思います。


関連記事

| お別れ | 22:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!お別れ悲しいですよね・・・

私は逆なんですが・・・

どうしたらいいかわかりません。
辛いですね・・・

| 幸 | 2009/01/26 17:53 |

幸さん

はじめまして

確かにお別れは辛いものです。
身を切られるような思いですが、でもそんな中でも相手の幸せを願えるような関係になれるといいと思います。

コメントありがとうございました。

| onimaru | 2009/01/26 21:52 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/155-0fd1873d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT