不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きっぱりと別れることができました

不倫相手ときっぱりと決別する事が出来た方から頂いたコメントです。

自分だけはそうならないって思うのかもしれませんが、不倫は怖いものです。いつの間にか心の闇というか。周りが見えなくなってしまうんでしょうね。でもそこに気がついて、不倫とは決別する事が出来ました。


今回、きっぱりと別れることができました。

最近彼といる時間が長くなれば長くなるほど、彼の事をどんどん好きになり、彼にハマっていき、ついに奥さんと別れて欲しい…という感情までわくようになってしまいました。

家に帰っていくことが我慢できなくなってしまい。私だけを見て欲しいと強く感じるようになりました。

まさか、自分にこんな感情がわくなんて思っていなかったのですが、何よりも、人の家庭が壊れればいいと思ってしまってる自分が1番嫌でした。

自分が幸せになるためには、誰かが不幸になることを願わなければいけないことが耐えられないと思い決意しました。

正直…奥さんと別れるから、俺と別れないで欲しいという言葉をほんの少しだけでも期待していた私自身が情けなくなりました。

彼の中で私たちは、不倫という関係の上でしか成り立っていないということが痛い程わかりました。

怖いですね。いつの間にか相手の家族が壊れることを願ってしまっていた自分。それに気がついた時には本当に愕然としたことだと思います。でも、本当に気がつくことが出来て良かったと思います。

とうとう気がつかなかった人も間違いなくいて、そんな女に子供の頃に罵られたというコメントを頂いたこともありました。

人を直接的に攻撃するなんて例は珍しいかもしれませんが、それでも気がつかなければ悲しい恋をしている私・・・おヨヨヨ・・的な悲劇のヒロインになって自己陶酔に突っ走る可能性だってあります。その方がラクですから。でも回りから見たら悲劇ではないし、かといって笑えるほどの喜劇でもないし。イタイだけの不倫女子なんですけどね。

気がつくか、つかないか。本当に紙一重。その一重がいかに大きいか。本来の自分を取り戻すことが出来たと言えます。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1529-4aeed16e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。