不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それが不倫

「飛ぶ鳥跡を濁さず」という言葉がありますけど、
これが不倫おじさんだと「飛ぶ鳥跡を汚しまくる」になってしまうようです。

不倫をやめることが出来た方から頂いたコメントなんですが、終わってしまえば、「キモい」とか「気持ちワルい」おじさんに成り下がってしまうこともしばしばのようです。

不倫彼 終わってしまえば キモおやじ


今となっては気持ち悪さしかありません。
鳥肌が、立ちました。
別れる時本当に悲しかったのに。

その場に近付かないように、そして余計な刺激を与えないように、沈黙を守ります。

いま別れたばかりで悲しい人も、その別れが自分で考えた末に決めたことであるならば、1年後ぐらいに「すごく気持ち悪い」と思うようになるはずです。

一時でも好きだと思った相手のことをそんな風に思いたくはないですけどね。
良い思い出も、台なしです。
それが、不倫なんでしょうね。

ありがとうございます!終わったはずなのにしつこく復縁を迫るおやじ。多いです。

これ、不倫だからなんでしょうね。イーブンなおつきあいだと違うはず。

相手を一つ下の存在に見ているからこそ、相手の気持ちを尊重するよりも、まずは己の感情。こういうのがあるからこそ、女子が決別を決意しても、なんだかんだと、あわよくば復縁行為に走るようです。

一人の女性としてではなく、「不倫」ありきのおつきあいなのでこうなるように思います。女子が不倫ありきではなく、既婚者といえども相手を一人の男性として考えているのとは違うんです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1524-0139d06c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。