不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

このオヤジありえない、と思ったときがチャンス

不倫をやめた方から頂いたコメントです。
すごく大切なヒントがあると思います。お悩み中の方の心にきっと何かが届くはず。


私は、不倫をやめたくてもやめられない人が皆、考えていない人だとは思えないんです。独身で独りで踏ん張っている女性が、まだ好きな相手と別れるという決断をするのは、大変な精神的負担だと思います。それはおそらく、家族のいる男性側の想像をはるかに超えるものだろうかと。

確かに、決断しないとやめられないのですが、別れたくても別れられないという人を、私は、考えてないと切り捨てられないな、と感じました。

私は、この不倫日記を一つの支えにして、不倫をやめました。一度無理にやめようとして精神的にボロボロになって失敗し、その後は、やめたいという気持ちを高めることを意識して、それがかなり強くなってから、お別れを切り出しました。そのときは、止めたら幸せになることを、ある程度確信できていたので、きちんとやめることができました。

やめるという強い気持ちを持ち続けて、相手を冷静な目で見つめる努力を続けていれば、相手のずるさと不倫のバカバカしさが、いつかは見えてくると思います。それを継続するのに、このブログが強力なサポートになります。このオヤジありえない、と思ったときがチャンス。そのタイミングを逃さず気持ちを盛り上げる。

ちょっと出すぎたコメントですね。でも、私はこのブログが好きです。このブログが存在してよかったです。不倫から抜け出す力になります。

ありがとうございます。色々とご事情はあると思いますし、それらをすべて否定するつもりも毛頭ありません。辛い時期を支えたのが不倫相手だったとしたら、それはそれで「アリ」ではないかとも思います。

そこにはもしかしたら、相手を思いやる気持ちもあるのかもしれない。でもあくまでもそれは「その時限定」なんです。相手は何事もなかったかのように家に帰るという現実は変えようがないし、続けたい人は続けるのがいいと思います。

でも事実が発覚したら、心を痛める人は絶対にいるはず。その時でも胸をはって不倫を続けますと言えるのかどうか。おっしゃる通り、やめるのは難しいし、強行したところで、結果は見えています。

やめるときが来れば、きっとわかるはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1509-0a26443e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。