不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

もう隠れてコソコソしなくてすむ

不倫と決別した人が感じる喪失感。
決別の翌日からスッキリ!という訳にはいかず、しばらくは悲しみにくれる日が続くかもしれません。

でも気持ちのどこかに、必ず安堵感があるはずなんです。決して忘れないでください。

それを感じることが出来れば、きっと先は明るいはず!


私が好きなった彼を育てたのは奥様です。
奥様がいらっしゃらなかったら、今の彼にはなっていなかったと思ったんです。
そんな奥様の傷つく姿を見たら、きっと彼はものすごく傷ついてしまうだろうと思い、
自分のしていることがとても怖くなりました。

間違った相手だとは分かっていても、好きな人に別れを切り出すって辛いです。
自分が戻ろうと言えば戻れる状態だということも辛く、触れ合えないことが寂しい。

だけど、たくさんの寂しさの中にほんの少しだけでも、
「もう隠れてコソコソしなくてすむ」とか「ホッとしたような気がする」って気持ちはないですか?

もしも、ほんの少しだけでもそういう気持ちがあるのだとしたら、少ーしずつその気持ちが大きくなるのを待てば良いのだと思います。

ありがとうございます!!
不倫とは縁を切ることが出来た方から頂いた言葉です

当初は気がつかないほど小さいかもしれません。でも必ずどこかにあるはず。

「もう隠れてコソコソしなくてすむ」ってことは、不倫中は「隠れてコソコソしてる」わけですからね。まあ先の見えたおっさんならイザしらず、若いこれからの可能性にあふれた女子がそんなことやっててどうすんの?っていうのもあるし。

若いんですから、正々堂々。真っ向勝負。日の当たる道を歩きましょう!

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1504-cf562d2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT