不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫を的確に表した言葉

不倫を素晴らしく的確に表した言葉を頂いています。

ご本人ではなく、お母さんの言葉なんですが、これが不倫の根本的なところではないかと思います。


母親の勘なのか…母親に、もし不倫の誘いがあったりしたら『バカにするな!と言ってやりなさい』と言われました。

本当にその通りだな。と思うと同時に、何をバカなことをしていたんだ…と自分のバカさが嫌になりました。


私はこのお母さんの言葉が、不倫を的確に表していると思います。

不倫のアプローチを受けたらそれは、愛情ではなく、バカにされているということ、甘く見られているということ。だから不倫相手としてアプローチされる。

お母さんのご意見は極めて的確。このコとなら不倫いけそう、という下心がアプローチの根底。バカにするな!ということは、尊敬していたら不倫のアプローチなんかするわけがないということなんです。

「されど母は強し」なんて言葉がありますけども、これは不倫の本質的なところをズバっと突いた本当に的確な言葉。

素晴らしいまでの説得力です。たったの一言、「バカにするな!と言ってやりなさい」

巷にあふれるいかなるキモい不倫賛歌も、このお母さんの言葉の前には何の意味も無い。


不倫から抜け出すことが出来た方から、まだ抜けきれない方に向けて「自分を大切にしてください」とよくコメントをいただきます。言い換えれば自分を粗末に扱えば、不倫になるということなんです。「将来」も「可能性」もあるこの時期です。

あえて自分を粗末にする必要はありません。もちろん、精神的に弱っている時にいつの間にか心のスキに忍び込んでくるのが不倫でもあるわけですが、それとて相手のアプローチがあってこそ。

例えば不倫定番ネタの上司。上司が部下をサポートするのは当然であり、「それ以上」は下心優先でなければできないこと。

いいコだから狙われやすいという事実もありますが、いいコだけでは自分を守れません。

きっぱり離れることができたことが何よりの幸せです

関連記事

| 思うこと | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1480-f067b8dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT