不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の我慢は理不尽すぎる

相手の都合に合わせてばかりの毎日。当たり前に出来る事が出来ない。
まあ、大雑把に言ってしまえば女性の我慢が不倫という理不尽な関係を支えていると言えるかもしれませんが、そんな理不尽な現実に気がつく事ができた方から頂いたコメントです。


仕事がお休みの日、夜遅い時間。
声を聞きたいのに、たくさん話をしたいのに我慢して連絡していませんでした。

週明けの月曜日、「今週もどこかの時間で会えるといいね」のメール。

今思えばこれもおかしいなって思います。

陰の存在でずっといなきゃいけないなんて、相手の都合に合わせてばかりの毎日なんておかしいですよね…

お互いに対等でないと、うまくいかないのかなと思います。
そしてお互いを思いやる気持ちも。

何度も悩んだ転職は、何だ逃げるみたいで辞めました。

きっと辞めても、せっかくの仕事を手放しても何にも解決にならないから。
何で相手のために辞めなきゃいけないの!と、少し強気でいこうと思います。

ありがとうございました。そう、おかしいんです。
連絡したい時に連絡できない。相手の都合に合わせてばかり。極端な事を言えば不倫おやじに何かがあっても、女性は知る術も無いわけでしてね。万が一の可能性だってあるのに、そんなことを知らないままに無為に過ぎ去る時間。

もうGWですけども、コレだっておかしい。本当は楽しいものなんですよ。
でもそうじゃない。ただただ連絡を待つ日々。無為に過ぎ去る本来は楽しいはずの二度と来ない日。

なかには、連休中の旅行のおみやげを渡すおっさんもいたりして。で、それをくしゃくしゃにしてゴミ箱に捨ててやった!なんてコメントをいただいたことも。

こんな関係に甘んじる必要がどこにあるのか。っっちゅうことですよね。

私が我慢すればいい、なんて考えに陥りがちではあるんでしょうけども、その先に何かあるのかっていうと、多分なんもない(というとかつてブチ切れた方がいましたが。でも本当のことだから)。

二度と来ないお若い日々を無駄にしてしまうことのないようにと、願っています。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1469-61a92eb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT