不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫をやめる方法2

興味のある方は前回もご覧いただければと思います。

不倫は何故、苦しいのか。そして、その苦しさは本当なのか。

もしかして・・・もしかしてだけど、世間で言うところの「お花畑状態」?とか、これも「悲しい恋の定めの悲劇のヒロイン状態」およよよよよ・・・・


白日のもとに引っ張り出してやればいいんですよ。「苦しくも切ない禁断の恋」なんて自己陶酔もあっという間に冷めるかもしれません。具体的には「人に話す」ことです。ただし相手は慎重に選ぶ必要がありますけどね。

人に気軽に話せないからこそ、無駄に一人で盛り上がっちゃうし、更には解決策も見つかりません。見つからない方がラクなのかもしれませんね。解決はお別れという方向に向かうわけだから。

不倫女子に効いたお友達のツッコミ

素晴らしいです。お友達の彼(モドキ)に向かって「キモい」ですからね。しかも「こいつ」扱い。しかしながらズバっと叩き切るこの言葉こそが有効なわけです。このケースでもお友達に相談されるのを嫌がったそうなんです。そりゃあそうですよね。相談なんかされたら不倫に対する「正しい目」を持たれてしまうから。


もう二度とあんな思いはごめんです

こちらも素晴らしい!ストレートな言葉がお友達を迷いから救い出しました。それもご本人が今の関係に疑問を盛っているからこそ、効果的だったわけですけどね。

友達の彼氏(モドキ)に対して「そいつはヤリたいだけ」とか「離婚する気はない」とか、ストレート過ぎる言葉の数々。この言葉がなかったら、ずーっと不倫男の餌食になってしまっていた可能性は高いです。


というように、「人に話す」ことができるのであれば、解決の糸口になる可能性は低くないです。

黙って、自分一人で考え込んじゃうから、堂々巡りというか、不倫悪のスパイラルというか。「人に言えない」イコール不倫おやじを頼りにしてしまう。さらに不倫にはまり込む。ということです。

意味ありげに聞こえる不倫おやじの言葉も、実際はヘリウムよりも軽い言葉ですからね。視野を広くできれば、きっと不倫からは抜け出せるはずです。

関連記事

| 思うこと | 21:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1455-1a7425b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT