不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の気持ちワルい言葉(3)

以前にも書いてみたんですが、思いつきでネタ的に書いてみます。

私、不倫ブログって全く見ないんですが、今でもご尊敬申し上げる方がいます。その方も同じようなことをおっしゃっておられたので、「よっしゃ!」と心強い思いをしました。


ダブル不倫またはW不倫

旦那が不倫してて、その奥さんも不倫してる。コレがホントのダブル不倫

何か気持ちワルい響き。以前に書いた婚害恋愛とか、略奪婚とはまた違ったキモさがあります。「ワルい意味での開き直り」という点では同じかもしれませんが。

男性でも女性でも、自分の配偶者が不倫してないって思う根拠はあるんでしょうか。ま、事実だったにせよ相手をとがめることが出来ないのが、まさにダブル不倫

既婚男性であれば、家庭において奥さんの存在がいかに重要かよくわかっているはず。奥さんが笑えば、明るい家庭になります。

そんな家庭における重要な存在である奥様をあえて、不倫に巻き込むという心理が私にはわからない。一言でやっぱり気持ちワルいということになるわけでね。それがダブル不倫

不倫をしていた奥様からコメントを頂くこともありますが、ほぼ例外無く終わったあとは相手に対して「どうでもいい人」という印象しか持たないようで(あくまでもこのブログでのことですが)、それがダブル不倫

何を、どう気取ったところで、現実はただの間男。それがダブル不倫

旦那の不倫相手は妻の不倫相手の奥さん。妻の不倫相手は旦那の不倫相手のご主人。こんな場合は、ダブル?カルテット?なんてオチでもあれば見てる分には少しは笑えそうですが。まあ、どう転んでも尊敬はできませんけどね。

関連記事

| 思うこと | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1454-81d149ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT