不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不倫するヒトの周りには

勇気のある方はどうぞ。気分を悪くしたくない方はUターンです。

気持ちワルいお誕生会


絶倫不倫男に前科者。怪しいファンドの広告塔に5000万カバン芸男。脱税脳に、老害不倫男。さらに加えて差別発言男。

よくぞここまで集めた!とばかりのメンツ。まっとうな感覚があれば、目をそむけたくなるような、ヘタすりゃ反吐でそうなぐらいの集まり。本当にどうやったらこんなのばっかり集まるのか、ある意味すごいですけどね。

不倫してると、やっぱり周りに「それなりの人」が集まるんでしょう。

ここで私は昔、アメリカのテレビドラマに出ていた「ローラちゃん」の名言を思い出しました。

ウシのうん●に集まるハエみたい!


けだし名言でございます。まあそういった人の周りには、実に豪華絢爛ならぬ業火険乱な方々が集まって来るんでしょうね。嫁のコメントを賞賛するような向きもあるようですが、そこまではもう気持ちワルくって見る気もしないわけで。

考えようによっては、反面教師としてはあり得るわけですから、その存在が全く無意味という訳でもないんでしょうけど。でも汚いものよりは、やっぱりキレイなものを見るようにしたほうがきっと心の栄養になるはず!若いんですから!

ということは、不倫のブログを見るよりも、その時間を他のことにあてたほうがずっと良さそうです。もう見なくなって何年もたつんですけど、見なくなった理由って結局は自己陶酔と現実逃避でしかありませんから。不倫自体がそうなんですから、あえて不倫漬けになる必要はないんです。

若くて、可能性にあふれているこの時期。何も不倫ごときでキャリアに傷をつける必要はございません!

関連記事

| 思うこと | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1450-f9aa843c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。