不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ブログがキッカケになるといいですね

今年は年明け早々に素敵なコメントを頂き、いいスタートが切れたんですが、さらにこの春念願がかないました

前人未到、不倫をやめた美しい女子500名様!に向けていいスタートが切れました。

開幕ダッシュ!とか、ロケットスタート!とか、そんな感じ。

まあ、バレンタインデーの義理ゼロ、本命ゼロ。のV10も確実に達成できますが、これも前人未到であるであろうことは想像に難くないです。と正直に申し上げておきます。

まあ面倒なんですね。眺めるにしても、すり寄られるにしても(ないけど)、女子よりネコ!と考えるおっさんなんでありました。


さて、最初に書いたような事が続いてくれればいいなと、願っております。

「このブログのおかげで」とコメントを頂くことがあります。ありがとうございます。これも全ては皆さんの美しくも強い声のおかげなんですが、一方で必ずしもすべての方に同じ結果が訪れるわけでもないんです。

不倫をやめる事が出来た方には、このブログがきっといいキッカケになったはず。そう、このブログを見ても見なくても何か「きっかけ」さえあれば、踏み出せたはずなんです。その「キッカケ」がこのブログであったことは大変に光栄なことであり、まあご迷惑かもしれませんが、勝手に「縁」だと思っています。

疑問を感じれば、やめる力はある

どこかにキッカケさえあれば、ということだと思うんですね。後押しというか、背中をちょっと推してくれるようなものさえあれば。

それが光栄にもこのブログであったり、あるいは街でフト手にした1冊の本だったり。意識さえあれば、きっとキッカケはつかめるはずです。

今の関係に疑問を持ち、何とかしたいと思っている方は決して少なくないと思います。それは相手との決別につながる訳ですが、そう感じた方にはきっと自ら関係を断ち切る力があるはずです。

関連記事

| 思うこと | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1448-34c16009

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT