不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幼稚な不倫男の餌食にならないで

不倫をやめることが出来た方からコメントをいただいております。
ありがとうございます!

ここをを見て下さる方への想いを感じられる素敵なコメントです(一部抜粋)。


見極めどころは、その「底の浅さ」です。

ほんとに底が浅いですので、すぐに化けの皮がはがれますが、剥がれないようごまかしています。

そして、気がついたことは、実はその底の浅さに気づいていて、女性自身がそれを認めたくない心理。これは詐欺師に騙された人によく起こる心理状態だとか。

私はそうでした。

小物はそこらじゅうにいます。簡単に話が進みます。見分けるコツは言動に「オヤ?」という微妙にズレたところがあることです。周りの男性にさりげなく聞いてみてください。「ちょっと」とか「微妙に」とか、ちょっとした違和感を言うはずです。

どうか、その幼稚さの餌食にならないでいただきたい、と、思っております。

ありがとうございます!本当に幼稚な不倫男にひっかかることだけは避けて頂きたいものですね。不倫男って基本的にはダメもとっていうのがあるはず。その「力の入っていないところ」に騙されることも少なくないのではないかと考えますが、女性にとってはダメもとどころじゃあすみませんからね。

ヘタすりゃ何年も棒に振る可能性だってあるわけです。まっとうなパートナーとの出会いの可能性だって高いお年頃なんですから。間違いなく。

まあ根本的なところで、やっぱり独身のコにちょっかいを出すという点で「底の浅さ」に気がついていただきたいものです。若いコに何を思っても自由なんですけども、胸にしまっておくというのが、正しいおっさんのあり方ではないかと思います。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1444-19a1d03b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT