不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫脱却の決め手

何かあれば、すぐに逃げ出すのが不倫男
何かあってもそばで見守っていてくれるのがお友達でございます!

不倫を抜け出すのに大きな力になってくれることだってあるんです。


今やもう「なぜか嫌いになれない」という思いすらなく
相手への気持ち自体が薄れてきました。

ここまでこれたのは相手の事を一切断って、他の事に目を向けれたこと、
大きくは周りの助けがあったからです。

最後に懺悔をさせてもらうと、詳しくは述べれませんが、私は大事な友達を自分が不倫しているせいで深く傷つけました。
それなのに渦中の時はあまり気にしていませんでした。ひどい話です。

離れた期間はあったけれど、彼女は今でも私の事を気にかけてくれるし、見放さずに友達でいてくれています。

自分の幸せは自分が決めることというけど、
それは自分さえ良ければいいということではないんですよね。

家族や友達がいてくれるから成り立つものだと私は思います。
だから私は今まで以上に周りの人を大切にしていきたいです。

不倫をやめることが出来た方から頂いたコメントです。
ありがとうございました。

他の事に目を向ければ、きっと色んな事が見えてくるはず。すぐには無理かもしれませんが、不倫中は視野が極端に狭いですから、ちょっと広げてみることができれば、また違った見方が出来る可能性は低くないんです。

そして何と言ってもお友達の存在は大きいですね。
今回に限らず、お友達の存在が不倫脱却の大きな力になったと、何度もコメントを頂いています。もしかしたら、耳に痛い言葉もあるかもしれません。でもそれは相手を想ってのことですから。

どちらを大切にすべきか、言うまでもありませんね。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 00:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰です

以前、オヤジ不良債権説でお世話になった三毛猫です。おかげさまで仕事で成果を多く出し人脈も広がりました。子供は私の背中を見て大きく育っています。
このところの世の不倫騒動もあり、我が身を振り返るべく、コメントしています。
その節は本当にお世話になりました。
今でも、不良債権であるという確信は揺らぎません。
そして間違いなくケチな小物です。
小物っぷりでいうと、間違いなく男の平均値を下回っていることを改めて断言します。
一つだけ、この経験を生かすならば、小物を見抜く目が冴えたことです。
メールの付き合いがやけに良い→しばらくすると「おやすみ(( _ _ ))..zzzZZ」などと打ってくる→妙に親密なメールになってくる。既婚者が短期間に仕事がらみでこれだったら間違いなく、調子の良いことを考えている小物です。
このような人物は仕事では絶対責任を取らない中途半端な奴なので、まず頼りになりません。相談するだけ無駄です。
しかしならがら、もっともらしいアドバイスをしたり、頼り甲斐のあるふりをします。
見極めどころは、その「底の浅さ」です。
ほんとに底が浅いですので、すぐに化けの皮がはがれますが、剥がれないようごまかしています。
そして、気がついたことは、実はその底の浅さに気づいていて、女性自身がそれを認めたくない心理。これは詐欺師に騙された人によく起こる心理状態だとか。
私はそうでした。
再度、お世話になったお礼もかね、メールします。
小物はそこらじゅうにいます。簡単に話が進みます。見分けるコツは言動に「オヤ?」という微妙にズレたところがあることです。周りの男性にさりげなく聞いてみてください。「ちょっと」とか「微妙に」とか、ちょっとした違和感を言うはずです。
どうか、その幼稚さの餌食にならないでいただきたい、と、思っております。

| 三毛猫 | 2016/03/27 21:35 | ≫ EDIT

三毛猫さん

三毛猫さん、なんとまあ懐かしい方からコメントを頂けて感激です。
その後のお元気なご様子。なによりですね。

>そして間違いなくケチな小物です。

多いですよ。そういった不倫おじさん。
ケチだから不倫しているんです。ってコメントを頂いたこともありました。

>ほんとに底が浅いですので、すぐに化けの皮がはがれますが、剥がれないようごまかしています。

その辺は、やっぱり「不倫おじさん」の共通点ではないでしょうか。
でも残念ながら「化けの皮」をはがすのに苦労する方が多いのも事実。
第三者から見たら簡単なんですけどね。独身のコにちょっかいを出すという時点で
すでにもう「小物」であり「底が浅い」に決まっているんです。

>小物はそこらじゅうにいます。簡単に話が進みます。

そうですね。ことに「上司」には要注意。こんな卑怯なことはありませんから。
おっしゃるように、「小物を見抜く目」を女性にはもっていただきたいですね。

コメントをいただき、ありがとうございました。
今後、さらに仕事で成果を出されることを願っています。





| onimaru | 2016/03/27 22:01 |











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1441-adf46ef8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT