不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫ブログのアクセス

ここしばらくは、10年が経過したこのブログの歩みを振り返ってみました。

今はあってもなくても、1日のユニークが1,000でも10でも気にならないアクセスですが、当初は気になりました。

でもアクセスを増やしたいというのは本質を見誤る可能性があると思っています。だいたいにおいてカテゴリーが不倫なんですから、ネットではそこそこの需要があるわけですから、誰が書いたところでアクセスを集めるのはそう難しいことではないはず。


私がやって確かに成果が出たというのは、トップスペースに相互リンク先のRSSを表示させるやり方です。アクセスのトレードという点で、大きな効果がありました。


しかしながら結局のところ、アクセスを増やすのは「コンテンツの充実」という結論に達します。G様もそうおっしゃってますし。


でも未だに「他のブログにコメントを残す」とか「訪問者リストを活用する」あるいはランキングサイトへの「応援クリックお願い」といった過去の遺物を、あたかもアクセス増の有効な重要な手法として紹介する向きがあるのには、驚くと同時にあきれ果てます。

私に関して言えば「訪問者リスト」なんて見ないで全部削除してますからね。アレはうざいだけだし、コメントも一時スパムが多くなったのでurlを入れてもリンクしないようにしています。

ランキングサイトはアクセスアップに効果がない

うざいといえば、「キュレーション」とか「バイラル」とか「まとめ」とか言われてる、比較的検索すると上位に出て来るアレ。英語で言うと意味ありげなのかもしれませんが、うざいですよね。

例えば、セカンドバートナーなるものも、日本語にすれば「間男」ですから、キュレーションとかバイラルは訳せばただの「パクリ」です。自分で何かを作り出すわけじゃないんだから。

ってまあ、ほっときゃあいいんだけど、私もなんちゃらまとめにリンクされていて、非常に不愉快な思いをしたので、ちょっと私怨が入ったかも。あんなキモイとこからのアクセスなんかいらないですからね。


最初に書いたようなアクセストレードの方法については確かに効果がありますが、二次的なもので結局のところは、コンテンツの充実ということに尽きると思います。小手先のことをやったところで、根本的な改善にはならないわけですからね。

関連記事

| 思うこと | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1440-e35ca20d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT