不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫の復縁は後悔します

不倫をやめることが出来た方から頂いたコメントです。

やめることで、違った景色が見えて来るようです。


復縁後、絶対後悔します。
わたしの元不倫野郎みたいに言うと、自分1人で考えたことのおかげで、魔法はすぐに解けます

完全に関係が切れると、やはりつらいし悲しいものですが。
全力で考えて永遠に離れる決断したおかげで、いまは家族連れを見ても心は痛みません。
奥様のことが頭をよぎって、嫉妬や惨めさ、申し訳なさに気が狂いそうになることはありません。

あるがままの風景として捉えることができます。

罪悪感や惨めさを誤魔化すために、ありとあらゆる手段で現実を見ないように、幻想に目を向けるようにしていました。

ポエマーになったり、なにが正しいかを追求しつくしたり、悲劇のヒロインに浸ったり。

某不倫の記事のLINEを読み、自分もそうだったと身につまされました。

けっこうつらいときもありますが、それでも今の方がいいです。

同僚の恋バナを笑って聞けるんですから!
ささやかなことですが、そんなささやかさが、とてもとても、ありがたいです。

ありがとうございます!
確かに現実から目を背ける手段としては、不倫ポエマーとか、悲劇のヒロインは有効かもしれませんね。周りからみたらドン引きするほどイタすぎますけど。

いや、でも実際にいるんですよ。ポエマーとか不倫悲劇のヒロインとか。もう何と言うか、電波系とかそんな感じ。


さて、このコメント、身に覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。「あるがままの風景」をあるがままとして捉えることが出来なくなってしまうのが不倫。見ず知らずの家族連れに敵意を抱いたり、気分が悪くなったり。

正直、奥様の不運を願っていた自分に気がついて愕然とした、という方もいました。こんなのどう考えたって健全なわけがない。人を好きになることは確かにいいことですが、もれなくついてくるであろう「負」の部分が大き過ぎて、とてもとても「人を好きになるのはいいこと」なんて能天気に考えるわけにはいきません。

正々堂々と、真っ向から好きになれる人。誰に後ろめたい思いをすることなく、好きになれる人。きっといるはずです。不倫して視野が狭くなっているから気がつかないだけです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1438-d592c254

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT