不倫日記

彼女との出会いから別れまで

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
このブログは、妻子持ちおやじが不倫関係にあった独身女性との関係について書いたものです。
何年も前に終わったことですが、終わった今だからわかることもあるのかなとも思います。 >>続きを読む

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不倫をやめたら驚いた

不倫をやめることが出来た方から頂いたコメントなんですが、やめたらあることに驚いたそうです。

やめた当初は辛い気持ちがまさっているのかもしれませんが、決してそれだけじゃあないはず。私、確信しております。


彼がわたしに言ってくれた言葉を全部嘘だとは思いたくない。でもこっちが彼の本当の姿なんだ。あるべき姿なんだ。そう思ったとき、ずっと張っていた緊張の糸が切れてしまった気がしました。

もう頑張れない。彼に褒めて欲しくて毎回違う服を着ていったこととか、Hだけで終わりたくなくて共通の話題を必死で探したこととか、少しでもわたしのことを知ってほしくてした家族の話とか、そんなの全部が恥ずかしくて情けなくて仕方なくなりました。

彼がわたしにしてくれたことは、Hする前に褒めるだけ。そんな甘い言葉を自分のタイプの人から言われるなんて……!と、その言葉で認められたような、いい女になったような、勘違いをずっとしていました。

ここのブログを毎日読ませていただいていました。はやく不倫をやめたい、やめなければと思うと同時に(わたしがやめられるわけがない……)とも思っていました。ずっと永遠に続いてしまうような気がしていたからです。

だから自分が別れの言葉を言えたことに、自分自身が一番驚いています。
そしてつらいのはつらいのですが、同時にこんなにもスッキリするものなのかとも驚いています。

ありがとうございました。これはきっと不倫をやめた皆さんが意識する、しないに関わらず、どこかにこんな気持ちがあるはず。

喪失感にさいなまれる事もあるとは思います。でもそれだけじゃあないはず。もう嘘をつかなくていい、後ろめたい思いをしなくていい。そんな安堵感ってどっかに必ずあるはずなんです。

もしかしたら今は意識できないほど小さいかもしれませんが。

それはいずれ失ったことよりも、はるかに意義のあることとして、気持ちの中で大きくなっていくはずです。

関連記事

| 不倫から脱却できた方のメッセージ | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT











非公開コメント(返信しません)

TRACKBACK URL

http://onimaru.blog51.fc2.com/tb.php/1432-278749c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT